July 17, 2018

催眠療法を学ぶ

 7月15(日)16日(月・祝)は東京・六本木の東洋英和女学院大学大学院に行っていました。甲府もニュースに出るくらい暑かったですが、東京もひどいですね(笑)。

 日本催眠医学心理学会主催の研修会に参加しました。

 講師は、Wendy Lemke 先生、米国臨床催眠学会認定コンサルタントで、アメリカで若手のホープと言われている先生らしいです。確かにデモンストレーションの動画を拝見しましたが、ち密な構成の催眠導入、暗示で、すごいなと思いましたね。

 一流は違う。

 研修会は初級が13,14日とあり、私は「まあ、大丈夫だろう」と高をくくって後半の中級の講座に出たのですが、レベルが高かった。ついていくのがやっとでした。大体催眠なんて、普段めったにやらないので、グループでペアになっての実習では導入からおたおたしてしまいました。相手役の人は協力的でしたから、すぐにトランスに入ってくれましたけど。

 講義では、睡眠障害、情動調整、不安、強迫、トラウマと多岐にわたり、明日からの臨床のヒントをたくさんいただきました。

 催眠療法をするときの「心に留めておきたい原則 Principles to keep in mind」として、

「症状の目的は何ですか? Whtat`s the purpose of the symptom ?」「症状の語ろうとしているものは何ですか? What is the symptom trying to tell you ?」

 というのを資料で見つけて、まさにアドラー心理学の「目的論」そのままでうれしくなりました。催眠とアドラー心理学の相性の良さが再確認されるといいなと思いました。

 実は最近の日本の心理臨床界で催眠は実践・研究ともものすごく低調です。歴史ある学会も参加者がすごく少ないようです。私もよくさぼっているし。認知行動療法やマインドフルネス瞑想に完全に水をあけられた状況にいます。

 しかし催眠は、すべての心理療法の母体です。催眠がなければ、精神分析学もアドラーも心理学もなかったかもしれません。今多くのカウンセラーやコーチがやっているNLPも。フロイトは催眠が下手すぎて、代わりに精神分析学を起こしたとはよく聞きます。

 ところが、最近日本の代表的な催眠研究の心理学者が催眠の国際学会で中国に行ったら、なんと千人もの中国人の参加者があって驚いたらしいです。あちらはさすがに目敏いようです。

 長い間ほぼ忘れられていたアドラー心理学が最近注目されたように、マインドフルネス瞑想バブルが一息ついた後、これから催眠に再び脚光が集まることがあるかもしれません。

 催眠は心理療法の土壌であり、フロンティア。今が底値、買い時かもしれませんよ。

| | TrackBack (0)

July 13, 2018

『やさしい思春期臨床』

 先日、今企画中の不登校・ひきこもり支援本の共同執筆者の先生と飲む機会があって、「不登校の本はなかなか難しいよね」ということで共感し合いました。

 不登校は一つの病名ではなく、「学校に行かない」という以外は、その様子は千差万別であり、その子供だけでなく親や教師や友人など関係者が多いことが普通で、心理臨床だけの問題ではないこともあり(貧困や虐待、精神病など)、不登校になり始めと長期化したケースでは、考えるべきポイントは違ってきたりといろいろあります。

 しかも「何を持って解決とするか」という点で、カウンセラーを含めて関係する人たちの「教育哲学」が強く影響してきます。学校に行くべきか行くべきではないか、教育とはどうあるべきか、などが絡んで思想闘争のような事態にもなりえます。

 我々はみんな何らかの教育を過去に受けており、自分の子どもへの教育にはひとかたならぬ関心を持っているので、我が身と我が子のせいぜい一事例か数事例しか体験していないはずなのに、「教育はこうあるべきだ」とめちゃくちゃ一般化しているものです。

 ということで、なんか書きにくさを感じているところです。

 そんな中、思春期臨床の立場(主にスクールカウンセラー)から、子どもと家族にどのような姿勢と理論と技法で向かっていけばいいのかを教えてくれているのが、

 黒澤幸子著『やさしい思春期臨床 子と親を生かすレッスン』(金剛出版)です。

 読んで「さすが」としか言えませんでした。

 問題を巡って家庭内で起きている悪循環をどうやって良循環に変えていくか、その様子がとてもリアルにわかりやすく書かれています。

 解決志向ブリーフセラピーの極意が詰まっています。

 子どもに接するカウンセラーには、強くお勧めします。

 ここでもメモしていこうと思います。

 今企画中の本はアドラー心理学以外には、田嶌誠一先生の不登校本と並んで、本書を足掛かりの一つにして書いていこうと思いました。

| | TrackBack (0)

July 09, 2018

会長になっちゃった

 先週7月5日(木)の夜、山梨県南部にある富士川町に行き、富士川町青少年対策本部、青少年育成富士川町民会議主催の「夏季生活指導推進会議 青少年健全育成会講演会」で講師をしました。

 地域の教員、民生児童員、町内会、育成会など、住民4,50人ほどの方がいらっしゃいました。

 私はいつもの話と言えばいつもの話、「勇気づけの心理学」と題して、思春期の子どものとのかかわりについて、アドラー心理学を紹介しながらお話させていただきました。

 児童相談所時代の同僚のKさんが、同町教育委員会にお勤めで実現したものです。Kさん、ありがとうございました。

 さて、先日の山梨県臨床心理士会の総会で、なんと私が会長に就任することになりました。これまで一応副会長ではありましたが、今年度からは会長として承認されたわけです。小さい県とはいえ心理職の代表的資格である臨床心理士の代表的立場になってしまいました。

 しかも国家資格である公認心理師の会がこれからできていくであろという中で、そこと臨床心理士会をどのように接続、あるいは統合させるべきかという、大変難しい状況で任されたわけです。

 これは全国的に他の都道府県でも、地方臨床心理士会をどうしていくか、大変もめているそうですね。

 正直、荷が重い、気が重いですが心理職にとって大切な課題ですので、多少は意気に感じて頑張らなければなりませんね。

 それにしても幹事先生たちから推されて、私は嫌われる勇気がないというか、共同体感覚が高いというか。

 結局いつも仕事を引き受けてしまうのでした。

 

| | TrackBack (0)

July 06, 2018

嫌な予感

 西野監督、続投なかったですね。

 一応一度は協会が続投要請をしたけど西野監督は断って、協会はさらにお願いはしなかったということで、お互いここが引き時と、あ、うんで忖度し合ったのかもしれません。西野監督には、お疲れ様でした、といいたいです。

 今朝テレビ見ながら朝食してたら、この話題でワイドショーが盛り上がるかと思う刹那、麻原彰晃死刑執行のニュースが飛びこんできました。

 日中はテレビのない環境だったので、スマホのネットニュースやTwitterで、麻原の弟子たち6人も次々と執行されたというニュースやいろいろな人のコメントを見ました。

 今日のニュースやワイドショーはこれで埋められたでしょうね。しかも西日本の豪雨で日本の半分が大変な時に。

 なぜ今日?しかも一度にこれだけの人数を。

 死刑囚だからいつでも執行はありうるというのは、この場合は意味がないでしょう。たまたま今日だったなんてあり得ない。ものすごく大きなインパクトのあるイベントだから、実行する方は周到なプランを練るはずだ。

 なんか嫌な気分になる。

 当然官邸の指示だろうから、例によってこいつら何を隠そうとしているのか?そう考えるのも自然のことです。

 そういえば、昨日は水道法の改正案が衆議院を通ったそうで、三橋貴明さんも怒り狂っていました。確かにこれはやばいんじゃないか。
 水道法改正に反対する

 なんか、イヤーな時代に入った感じがしてなりません。

 アドラーやフロイトがウィーンで活躍していたころ、ナチスが出てきた時期はこんな感じだったのかもしれないと思いました。

 

| | TrackBack (0)

July 05, 2018

残念でした

 ロシア・ワールドカップの日本、大健闘で残念でしたね。

 いい試合ばかりで、楽しませていただきました。
 ただ、「感動をありがとう!」的な感慨は正直なくて、「実力相応、ちょっと背伸びしてやっと届いた結果」という感想です。
 実際、生(なま)の戦力では一度も勝てていないですよね。
 コロンビア戦はあちらは一人欠けていて、ロドリゲスもほとんど不在、セネガル戦は先行されるも必死にっくらいついてやっと同点、ポーランド戦は「負けて勝つ」という「戦術」の勝利、そしてベルギー戦は最後に本気になられて玉砕。
 だから日本サッカー協会の技術委員が、西野監督の続投に疑問を出したという報道を聞いて、それもそうだなと思いました。
 ただ、西野監督は「勝負運」は持っているという印象は持たざるを得ないですね。「マイアミの軌跡」やガンバ大阪などでのこれまでの成果を見ても。
 しかし、運なんて数値的なエビデンスではまったく示せないことですからね。「何となく勝てそうだ」みたいな感じになってしまいます。
 でも日本の予想外の健闘は西野監督だからこそとも言え、そこがリーダーシップの不思議なところかもしれません。
 続投させるにはもう少し、組織論的、心理学的な根拠を作る必要があるかもしれません。
 知人のJリーグ関係者にも聞いてみたいところです。
 という何となくのワールドカップの感想でした。
 

| | TrackBack (0)

July 02, 2018

アドラー心理学夏合宿

 久しぶりの更新です。週末は神奈川県の相模湖近くの研修施設、藤野芸術の家にいました。

 以前もお知らせした「現場で使える! アドラー心理学夏合宿」です。

 日本支援助言士協会が主催するこの画期的な研修は、もう3年連続になります。すべて私と、鈴木義也先生(東洋学園大学)、八巻秀先生(駒澤大学、やまき心理臨床オフィス)、梶野真先生(日本アドラー心理学協会)が講師を務めました。

 これまでは全体論とか認知論といった基礎理論から入る内容でしたが、今年は昨年上梓した『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)に添って、見立て、介入、ジョイニングとより現場向き、実践的な内容にしました。

 私は「介入」の担当。

 アドラー心理学の技法と使う際の心得などをお話させていただきました。

 実際は技法というのは、現場の状況、クライエントのニーズ、そしてセラピストの個性によってその選択、使い方は変わってくるものです。
 それで、参加者が自分はどのようなタイプのアドレリアンかを俯瞰的に自己理解するための「アドレリアン・マンダラワーク」を開発してやっていただきました!

 といっても大したものではないのですが、意外に好評で、これはアドラー心理学関係のいろいろな場で使えるのではないかという感触を得ました。
 特に様々な現場、違った考え方の参加者が集まっている場で、自己紹介的に使えそうです。

 梶野先生も本場アメリカのアドレリアンから学んだ最新のカウンセリングシートを紹介してくれました。クライエントの認知、感情、対人関係の悪循環を抽出して、変えていく作業をしていくものです。
 これもとても使いやすそうでした。

 そして何より、合宿の醍醐味は夜の懇親会。文字通り膝を突き合わせて夜遅くまでのアドラー談義(というわけでもないか)で、大変盛り上がりました。

 最近はこういう大人が参加するもので、合宿形式のワークショップはなくなりましたね。その点でも珍しい試みでした。

 日本支援助言士協会のHPに、早くも真夏の緑をバックに集合写真が出ています(期間限定でしょう)。

 来年はどうなるかわかりませんが、もしかしたら、あっと驚く別の形になって開かれるかもしれませんよ。

 

| | TrackBack (0)

June 27, 2018

ロシア人と太極拳の稽古

 ロシア・ワールドカップで世間は盛り上がっています。

 私も毎晩試合を観ていますが、日本時間では深夜なので翌日寝不足で大変な人も多いでしょう。

 私は自営業の良さで、朝遅めに起きてもいいので割と大丈夫です。面接の合間に昼寝も充分できるし。

 開業してよかった。

 お客さんが少ないということだけど・・・。

 先日の対セネガル戦の日、いつもの日曜の太極拳の稽古会に、何のシンクロニシティーか、ロシア人男性がやってきました。生徒さんのご友人だそうです。

 ある超有名企業に勤めるエリートさんで、日本に来たので、気功を学びたくて我が団体に入ったそうです。

 彼はまだ日本語は話せず、私もロシア語はもちろんできないので、もっぱら英語です。彼は英語は完璧ですが、私はしどろもどろ、最初はそれなりに英文を言っていましたが、太極拳をしながらその動きを英語で説明していくうちに訳が分からなくなって、かなりブロークンでめちゃくちゃになってしまいました。

 優しいロシア人は「OK」と言いながら、一生懸命ついてきてくれましたが、果たして英語は通じていたのか。通じていなくても動作で示せばいいから、まあ大丈夫でしょう。

 あー、頭も体も疲れた。

 武道で国際交流でした。

| | TrackBack (0)

June 23, 2018

手当ての極意

 長谷澄夫『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』(和器出版)により、著者が「和整体」と名付けるセルフケアの考え方をメモします。

 ちなみに著者が治療家の世界に入ったきっかけは、19歳の時の空手の稽古での大けがだったそうです。

 本書でいう健康になるポイントは、

 一つ目は、不調をいち早く察知する力。

 二つ目は、不調から回復する力。

 三つ目は、不調をつくらない、再発しない力。

 正常に働いてほしい機能というのは、この3つです。

 身体が発しているサインに敏感になる、ここが始まりです。  p59

 身体が敏感になるためには、「骨格が正常であることと、内臓が正しい位置にあって正しく機能していること」が重要とのことです。

 そして、セルフケアの基本は、「手当て」を文字通りに実践することです。痛みを感じる部位に手を当てて、深呼吸をすることです。とてもシンプルで、タイトルにある通り、お母さんの「痛いの痛いの飛んでけー」が理想です。

 母親というのは、子どもにとっては、最高の医者であり、治療家です。 p68

 恐るべきは母のエネルギーです。

 昔から〈手当て〉とよくいいます。文字通り、手を当てることです。どこか痛いところがあれば、無意識に痛みのあるところに手を当てます。あれは、人間の悪いところを治そうという本能からくるものです。・・・・セルフケアの〈手当て〉も、母親が我が子に対する〈手当て〉と同じです。  p73

 実際の具体的な技法や内臓の反射点という手当てのポイントは、本書にイラスト入りでわかりやすく出ています。

 心理臨床分野では、愛着障害の治療や臨床動作法などに通じるところがありそうに思いました。

 私が関係者から聞いた話では、著者の真骨頂は身体のレベルだけではなく、気や霊の次元にも及ぶそうですが、本書は一般の人たちへの整体的セルフケアの入門書としてとても優れていると思います。

| | TrackBack (0)

June 21, 2018

『なぜ母親は子どもにとって最高の治療家になれるのか?』

 臨床心理学を生業にしていると当然カウンセリングや医療、福祉畑の人の知り合いが増えます。

 一方、太極拳や気功法も長くやっていると、東洋医学とかの代替医療のいわゆる治療家や関係者につながりやすくなり、たくさんの情報が集まってきます。
 私の生徒さんにも腱引き療法や整体をやっている治療家さんがいます。その人から「すごい人がいる!」と聞いていた治療家さんの本が出ていました。

 奇しくも懇意にさせていただいている七沢研究所のところからの出版ということで、手に取ってみました。

 長谷澄夫『なぜ母親は、子どもにとって最高の治療家になれるのか?』(和器出版)

 著者はその世界で有名らしく、治療家の先生みたいな人らしいです。「先生の先生」といわれたアドラー心理学のドライカーズみたいです。

 中身を見たら現代の科学的にもすごく全うなところを踏まえながらも、さすがそこを超えていく、または違う世界からの治療観や方法にも触れられていて、すごくおもしろかったです。こういうのが次の時代の標準になっていくといいと思いました。

 中身は次回少し触れます。

 

| | TrackBack (0)

June 18, 2018

大谷選手と肩甲骨

 メジャーリーグでも大活躍の兆しを見せた大谷翔平選手が、残念なことに故障者リスト入りしてしまいました。

「ベースボールチャンネル」というサイトで、高岡英夫先生が大変興味深い分析をした記事が出ているのでリンクします。

 運動科学から見た、打者・大谷翔平のパフォーマンスの高さと故障の原因

 運動科学研究の第一人者であり、5月7日に『肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!』を上梓した高岡英夫氏は、今回の大谷選手の右肘の故障の主たる原因を「MLBでも類を見ないほどの柔らかさを誇っていた肩甲骨の可動性が5月中旬を過ぎるあたりから急激に低下してきたこと」と分析する。
 
 さらに高岡氏は「大谷選手のように肩甲骨を肋骨の上で大きく滑らかに動かすことができると、そのぶん肩関節と肘関節の負担は大きく減り、一方肩甲骨が腰の安定+キレを呼ぶので下半身のパワーが増し、上半身はただそのパワーに乗っていけばよいという関係になるので、二重の理由で肩関節と肘関節へのストレスが無くなる」と言い、「開幕から1カ月半、4月から5月半ばまでの肩甲骨の柔らかさと腰の安定+キレがキープできていれば、ピッチング、バッティングそれ自体で肘関節を故障することは決してなかった」と言い切る。
 
 そして「身体の硬縮を緩解し疲労を積極的に解消するための専門的な体操法・マッサージ・休養法・栄養管理法などを上手に導入することで、肩甲骨周囲を中心とした全身の筋肉群の疲労による硬縮を恒常的に取り去り、2度と再び右肘を故障することがない体制をつくることが必要不可欠」と語る。
 
 その高岡氏に大谷選手がMLB1年目の開幕スタートからなぜあれほどの素晴らしいパフォーマンスを発揮できているのか、運動科学を駆使した“大谷選手のパフォーマンス”の解析をしてもらった。

 詳細は物理的に詳しい説明がされている記事をお読みいただきたいですが、肩甲骨が肋骨からはがれていると思えるほどゆるんでいる状態が、高いパフォーマンスには必須ということです。 

 この状態を高岡先生は「立甲」と呼んでいます。

 武道をやっている人なら肩甲骨の重要性を自覚している人が多いと思いますが、実は太極拳や形意拳などの中国武術では、肩甲骨や肩関節のゆるみをかなり重要視しています。日々、厳しく、熱心に稽古するところです。「含胸抜背」という秘訣が関係するところでしょう。

 日本の武道では、合気をかけるときなどに重要になってくると思われます。

 ところが普通の人は、高岡先生が言っていることが理解できる人がどれくらいいるでしょうか。
「肩甲骨が立つって、どういうこっちゃ?」という感じかもしれません。

 ほとんどの人は、肩甲骨と肋骨が一体となって、癒着したような状態になっていて、下手をすると肩甲骨自体を意識できていない人もいると思います。うつ病とか精神疾患を持っているクライエントさんは、特にガチガチの状態ですね。

 ここをゆる体操などでゆるませてあげると、皆さんとても気持ち良くなってくれます。

 私もゆる体操や気功法などの肩甲骨をゆるませるワークをすると、とても気分が爽快になります。

 肩こり知らずになれますよ。

| | TrackBack (0)

«看護師さんに研修、初夏の予定