December 01, 2016

『ライフデザイン・カウンセリング・マニュアル』

 キャリア・カウンセリングのテキストで今最も注目されているらしいキャリア構成理論のマニュアルです。
 
 
 いわゆる職業相談、進路相談のような現場で今まで使われてきたのは、「職業ガイダンス」と「キャリア教育」という発想でした。
 
 職業ガイダンスは、心理学的な検査などで客観化されたパーソナリティーと職業とのマッチングを探るものです。キャリア教育とは、「発達課題という予測される軌跡を拠り所にして、成熟した態度や能力を個々人の中に育て、階層組織の内側でキャリアを展開していく準備をさせる p80」ことを目指すものでした。ハローワークや職業訓練校、学校などでよく行われてきたアプローチだと思います。
 
 しかし著者のサビカス氏は現代社会、ポストモダンの時代にはそれだけでは十分ではないと考えて、「ライフデザイン」という考えを提唱しています。
 
 それは、クライエントが自伝的ストーリーを語りながら、自分の人生の意味と目的を探っていき、自分の職業人生をデザインすることをカウンセラーが援助するものです。
 根底にあるのは社会構成主義、ナラティブ・アプローチです。本書ではそれだけを言っているのですが、実は著者のサビカス氏はれっきとしたアドレリアン、アドラー派の心理学者です。アメリカには氏が分担執筆しているアドラー心理学の基本テキストもあります。
 
 何より本書で展開しているアプローチがアドラー心理学のライフスタイル診断のエッセンスであることは明らかです。
 その証拠に自伝的ストーリーを抽出するために、早期回想(early recollections)の方法がしっかり使われています。本書では「子どもの頃の思い出」と訳されていますが、訳者は著者とアドラー派のかかわりを知らないのだろうか。
 
 私は本書などでサビカス氏のキャリア構成理論を知るずっと前から、甲府のハローワークで心理相談を月1回担当しているのですが、そこは病院臨床やスクールカウンセリングとはまた違った主訴やクライエントさんに出会います。症状や問題の改善、解決だけではなく、自分の人生を改めて考え直すアドラー心理学のライフスタイル診断の技法がとても役に立つことに気づいて、よく使っています。
 その点で本書は、私が実践していたことを裏打ちしてくれており、自信を持つことができました。
 
 ちなみに早期回想の方法については、拙共著『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)で、私が解説しているので、関心を持った方は当たってください。
 
 キャリア構成理論は、「21世紀のキャリア・カウンセリングの語るうえで。最重要のテーマ」だそうで、『嫌われる勇気』に始まる日本のアドラー・ブームだけでなく、支援現場でもアドラー心理学が重要になってきたことを示しているのかもしれません。
 
 そして、山梨でサビカス流のキャリア・カウンセリングの講座を企画しています。詳細が決まりましたらここでもお知らせしますね。
 
 

| | TrackBack (0)

November 28, 2016

なぜ今、アドラー”臨床”心理学なのか

 来年1月21,22日にある「アドラー臨床心理学入門ワークショップ」に先立って、講師3人で鼎談をしました。
 それがやまき心理臨床オフィスのHPにアップされています。
 
 
 顔出しはなかなか恥ずかしいものですが、まあ言いたいことを言っています。
 
 最近はこういう形の宣伝をよく目にしますが、まさか自分が出るとは思わなかった。
 
 これを見てどのくらいの人が参加する気になってくれるかわかりませんが、興味を持っていただけると嬉しいです。
 

| | TrackBack (0)

November 25, 2016

心理治療施設で講義

 50数年ぶりに11月に都心に初雪が降った24日(木)、千葉県富津市にある児童心理療育施設「望みの門 木下記念学園」で、施設職員、支援学校教員、児童相談所職員らに研修を行いました。「子どもの行動の理解と勇気づけ」というテーマで、アドラー心理学の紹介と、目的論から見た問題や症状の理解と対応法、勇気づけについて講義をしました。
 
 同施設は今年の4月に開設したばかりだそうです。児童福祉法に規定されているいわゆる情緒障害児短期治療施設と言われている施設で、様々な困難を持つ子どもたちが家庭から離れて集団生活をしながら専門的な心理療法を受けるところです。
 
 都心は朝からの雪のため中央線はストップしたそうですが、私は前日に千葉入りしていたので予定通り実施できました。前泊してほんとに良かった。
 
 今回の研修は君津児童相談所の小熊所長のご紹介によるものです。小熊所長はお互いが若い頃、私が山梨の児童相談所の心理判定員をしていた時期からの知人で、心理職仲間として懇意にさせていただいてきた方です。新設の施設で職員を養成する大事な研修に私を呼んでいただいて、ほんとうにありがたいことです。
 
 アドラー心理学が施設に取り入れられることはこれまであまり聞いたことがなかったので、日頃の子どもや家庭支援に少しでも役に立てていただけるとうれしいです。
 
 これからも臨床の実践現場で、どんどんアドラー心理学を伝えていきたいと思います。

| | TrackBack (0)

November 21, 2016

研修会と真田丸感想

 11月19日(土)は一般社団法人支援助言士協会で講師をしました。
 
 テーマは午前は「自己理解」、午後は「発達心理学」。両方とも隠れたテーマはアドラーの言う「持っているものをどう使うか」、あるいは依存症の自助グループなどで有名な祈りの言葉「変えられないものと変えられるものを見分ける知恵」を持つことでした。
 いわゆる発達特性、発達障害的視点と気質、能力の理解によって、自分や他者により配慮できるようになることを目指しました。
 
 11月21日(月)は山梨市社会福祉協議会で「職場のメンタルヘルス研修会」で講師をしました。いつも依頼されるテーマで、ヘルパーやケアマネージャーなど40人近くの職員と楽しくワークをしました。
 
 さてさて、「真田丸」は大阪冬の陣で盛り上がっていますね。前々回の「第45回 完封」は胸のすくような真田丸攻防戦が気持ちが良かった。
 
 昨日の前回「第46回 砲弾」は、新型大砲の攻撃で天守閣が破壊されて侍女がつぶされたのを目の当たりにして淀君がPTSD的反応を示すところは、今風の解釈ですかね。
 真田丸放映後のTwitterの真田丸クラスタを見るのが楽しみで、みんなほんとにいろいろな感想を述べあっているのが面白い。私みたいに信繁はじめ登場人物に感情移入して一喜一憂している者もいれば、歴史マニアの一家言も勉強になるし、やけに天下国家の視点から豊臣方をdisっている奴もいるし、解釈は人それぞれ、まさにアドラー心理学の「認知論」を痛感します。
 
 歴史好きの三谷さんはいろんなところに仕掛けを入れているようで、それを見破ったり妄想するのが「通」みたいです。
 
 前々回、真田丸の戦いで完勝した信繁や後藤又兵衛たちが勝どきをあげるとき、お髭の長曾我部盛親が音頭を取っていましたが、あるツイートによるとあれは武田式らしいとのことです。私は知らなかったけど。武田家系列の真田への配慮ではないか、ということでしたが、私的には、武田と真田と長曾我部のある伝説が頭に浮かびました。
 
 ずっと以前に紹介した武田勝頼落ち延び伝説です。
 
 実は勝頼は天目山で自害したのではなく、真田昌幸の助力で、四国の長曾我部家の領地に落ち延びたという驚くべき伝説です。実際に今までその伝説はその地域にひっそりと伝えられ、今は町おこしに使われているらしいです。
 もしかしたら三谷さんはそれを知っていたのか。
 長曾我部家も武田と同じ源氏だそうだし、盛親は勝頼と会っていた…なんてことをちょっと無理があるけど妄想しました。

| | TrackBack (0)

November 15, 2016

アドラー臨床心理学入門ワークショップ

「アドラー臨床心理学入門ワークショップ」を行います。
 
 講師は、鈴木義也先生(東洋学園大学教授)、八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)、そして私です。
 
理論編:2017年1月21日(土)13:00~17:00
ワーク編:2017年1月22日(日)10:00~17:00
 
場所:東洋英和女学院大学大学院(東京都港区六本木5-14-40)
 
 つまり『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)の著者たちによる講座です。
 
 2本立てになっていて、1日目は「理論編」、2日目は「ワーク編」です。1日だけの参加もできます。
 
 場所も六本木のど真ん中、遊ぶには良いところです(遊べないけど)。
 会場の東洋英和女学院大学は、「花子とアン」の主人公が出た由緒ある学校です。ミッション系の雰囲気のよい建物です。
 
 カウンセリングや相談の現場でアドラー心理学を使うにはどうしたらいいか、現場的、実践的な視点で進めたいと思います。
 率直な疑問、質問にもお答えしたいと思います。
 
 
 
 この機会に、是非是非、ご参加いただきたいと思います。
 よろしくお願いします。
 
 

| | TrackBack (0)

November 12, 2016

マインドフルネス学会に参加

 新アメリカ大統領トランプのことが面白すぎて大分中身を忘れてしまいましたが、6日(日)に早稲田大学で行われた日本マインドフルネス学会の感想を少しだけ書きます。
 
Photo_3
 
 私は学会員でも研究者でもありませんが、純粋に好奇心で行きました。そしたらある大学の臨床心理士(人間性心理学、認知行動療法がご専門)の先生ともばったり会って、その先生も好奇心で覗きに来たとのことでした。このご時勢、他にもたくさんいたかもしれません。
 
 当日は早稲田祭でキャンパスはたくさんの人でごった返していましたが、会場もけっこうな人がいて、私がざっと見た感じでは300人はいた感じです。さすが、今最も注目されているだけはあります。
 
 基調講演ではNHKの科学番組などでマインドフルネス瞑想の紹介をよくされている熊野宏昭先生(早稲田大学)がお話しされていました。「あの先生だ」とお目にかかれてミーハー感覚でうれしかったですね。
 
 昨今のマインドフルネスの流行りぶりに、先生方は率直にうれしく思いながらも、一過性のものに過ぎないとクールにも受け止めていて、地道に研究、実践しようという姿勢に学会全体が貫かれているようでした。なんかいい感じでした。行動科学、脳神経科学ベースでの研究が中心でしたね。
 科学的な話を聞いていると、みんな、頭が良さそうでうらやましい。
 
 シンポジウムなどでよく聞かれたワードは、「デフォルト・モード・ネットワーク」とか「マインド・ワンダリング」でしたかね。最近話題の研究テーマのようです。
 
 最後のシンポジウムが「マインフルネスと身体」というテーマで、空手や太極拳をやっている湯川進太郎先生(筑波大学)がシンポジストで出ていて、私はそれも目当てでした。
 湯川先生は『月間 秘伝』(BABジャパン)でも武道と心理学に関する連載をされていますが、他のシンポジストが心理学や脳科学の話をする中で、完全に趣味に走ってご自身の武道体験を軽妙に話されいて楽しかったです。
 
 先生は「武術 + マインドフルネス = 武道」と説明していました。武術論、武道論はいろいろあるけど多くが思想的、哲学的なニュアンスが濃く、心理学を加味するとすれば、最も妥当な図式だと私も思います。
 先生は心と身体、武道に関する研究会も開いるそうで関心はあるけど、ここから筑波は遠いからなあ。
 この学会で身体、特に気功や武道の話が出るのは初めてだったそうです。瞑想の研究には当然避けては通れないテーマなので、これから本格的に研究する人が出てくるかもしれません。
 
 なんか、未来のありそうな予感がする勢いを感じる学会でした。
 
 私的には前々記事にある通り、母校の早稲田祭を30年ぶりに見られた懐かしさや知識のインプットや時にマインドフルネスになったり、なかなか充実した1日となりました。
 

| | TrackBack (0)

November 10, 2016

勝ったね、トランプ

 アメリカ大統領選、トランプ勝ちましたね。
 
 トランプ勝利の予感を表明していた者として、大変痛快でした。 
 改めて自分の人物鑑定眼に自信を持ちましたね。
 
 何が「大逆転」「予想外」だ。マスコミは自らの希望に基づく大衆操作をし続けて失敗して、素知らぬふりをして言いつくろっているだけだろう。今にして思うと、かなり前からこの流れだったのではないか。もしほんとに予想外なら、社会調査や最近鼻息が荒い統計学が無力だったことになるけど、専門家さんたちはそれでいいのだろうか。悪用されたなら怒るべきでしょうね。
 
 日本でも右も左も予想を外したけど、特に情けないと感じたのはリベラル系、反安部と言われるような思想家や学者、評論家たちの、ツイッターなどでの驚きと嘆きの発言。本ブログで取り上げる好きな先生たちもいたので、彼らがほんとにヒラリーでいいと思っていたのなら、見る目がないな、とちょっと残念。
 
 別にトランプがなんでも正しいと私も思っているわけではありません。対人支援やセラピーをやる人はリベラルな価値観の持ち主が多いので、トランプの発言に不安や嫌悪を覚える人がいるのもわかります。
 
 それでもクリントンよりはるかにましだし、「こいつだけはダメだ、許さん」と思った人がアメリカに相当数いたことは確かです。この辺の空気が日本にいるとわかりにくいところでしょう。
 
 今回の予想レースで、最大の戦果を挙げたのは著書ではっきりとトランプ勝利を断言していた副島隆彦先生だと思う。これは認めなくてはならない。インタビューや放送でサラッと言うくらいは他の人でもいたけど(木村太郎氏とか。それでも偉いけど)、活字に残したのはすごい。言論に命を賭けている。この迫力というか胆力がリベラル系の先生方にはないんだな。
 あの佐藤優氏が「天才」と評するだけのことはあります。
 私もいつも参照していてよかったと痛感しましたよ。
 今からでも読んで勉強してね。
 
 
 その副島先生、開票直前に面白いことを言っています。重たい掲示板の11月5日の記事です。
 (貼り付け始め)
 副島隆彦です。今日は、2016年11月5日です。

 今朝4時に目が覚めたら、また天啓(てんけい、revelation 、レヴェレイション)  が一つ降りて来た。

「巨大な悪」というものについての、私の気づきになった。ヒラリーは大統領選に負ける。そして、そのあとすぐに捕まる。そして裁判だ。補佐官のフーマ・アベディンは行方不明である。逮捕令状が出ているようだ。
私が書いて予測(予言)してきたとおりになる。だから、トランプが勝利する。

 なぜなら、やっぱりトランプの方が巨大な悪と組んだからだ。
この5月17日に、トランプが、キッシンジャー、ダビデ大王( David  Rockefeller 101歳 )と組んだ、だからトランプの勝ちだ。やはり、ダビデ大王が生きている限り世界皇帝であり、この男が地上最大の一番の巨悪だ。

 だから、このダビデ大王に頼まれて組んだトランプの勝ちなのだ、と5月22日に、私は決めて「トランプ大統領(で決まり)」と書いた、そして、本にした。『トランプ大統領 とアメリカの真実』(日本文芸社、7月10日刊) だ。 私が長年、紡ぎ上げてきた 理論( 私のアメリカ政治思想 研究30年の成果)の勝利だ。

私は、自分が、自分の半生を賭けて築き上げた、アメリカ研究の理論を、現実に適用してみた。そして、それが正しい、ということが、今回、証明されつつある。 このことが嬉しい。
 
(貼り付け終わり)
 
 この5月にトランプがキッシンジャーと会ったことが潮目になったのではないかということです。キッシンジャーはもちろん、デイビッド・ロックフェラーの名代として会談したのでしょう。
 要するに、「ヒラリーの首は差し出すから、大統領になっていいから、俺たちのことは不問にしろ」ということだったのか。
 政治の世界は奥深い。 
 
 さて、ヒラリーはどうなるのか。
 のんびり余生を過ごせるのか。いや、それどころではなく、散々抑えつけられたFBIは「落とし前つけろ」と攻めかかりそうです。
 
 やはり開票前にアップされたカレイドスコープさんの予測が面白い。
 
 こうなればいいですね。
 

| | TrackBack (0)

November 08, 2016

学会に行ったら学祭だった

 6日(日)の「真田丸 築城」は、いつものオープニングテーマがなくていきなり始まり、変だなと思ったら、真田丸が完成したラストにドカーンと入ってきました。しびれましたね。さすがです。
 ネットでも盛り上がっていますが、受信料を払っいてよかったと思えた稀有な瞬間でした。
 
 その昼間、日本マインドフルネス学会に行ってきました。といっても私は学会員ではありません。でも日常臨床にマインドフルネス瞑想は取り入れているし、最近の心理業界におけるマインドフルネスバブルとでもいえるようなはやりぶりに、実際の研究者や臨床家たちはどのような様子なのか、興味本位で覗きに行った感じです。
 
 会場は早稲田大学。恥ずかしながら我が母校。それもあって懐かしくて行きたくなったのもありましたね。
 
 朝、東西線の高田馬場駅や早稲田駅に着くと何やらすごい人混み。
「これほど来るのか。さすがは今流行のマインドフルネス!」と思ったら、早稲田祭の人たちでした。どうりで若い子ばかりなわけだ。それにしても大学祭の当日に学会を持ってくるとは珍しい。
 
 私にとって約30年ぶりの早稲田祭。思わずキャンパス巡りをしてしまいました。
 
3_2
 
 全体で何万人いるでしょうか、すごい混雑。
 
5_4
 
 三味線を弾いているサークルや、
 
4_2
 
 なんかのアイドルみたいです。男の子、オヤジたちがひしめいていました。私もその一人。
 
6_2
 
 伝統の名門ジャズサークル「早稲田大学ニューオーリンズジャズクラブ」も健在でした。ガールズバンドがかっこよかった。
 
1_2
 
2_2
 
 かと思えば、古武術の鹿島神傳直心影流の演武もありました。早稲田大学直心影流剣道会というサークルのようです。私の頃にあったら入っていたかもしれませんね。
 
 この多様性が早稲田ですね。
 
 ちなみに私が入って、会長もした早稲田大学神秘学研究会は跡形もありません。80年代に6、7年くらいは活動してたかな。学祭では、教室を借りてなんか妖しい映画(カルト映画と呼ばれていたジャンルです。オカルトではないよ)の上映会をやった記憶があります。
 
 弱小サークルにもかかわらず、名前のインパクトからか変に目立っていて、当時学祭を仕切っていた革マル派や原理にもにらまれていたようです。また、その頃出てきたオウムともケンカした奴いたし。右左から嫌われていたのですね。
 
 それはともかく、明るい学生たちの浮かれっぷりを見ながら、暗くて変な青春が思わず甦りました。
 
 学会のことを忘れていました。マインドフルネスどころじゃなかったな。次回報告します。

| | TrackBack (0)

November 05, 2016

『Consultation』

 前記事でアドラー心理学に基づくスクールカウンセラーのコンサルテーションのテキストを紹介しましたが、実はもっと本格的な本があります。
 
 
 残念ながら英語です。
 でも割とクリアに書いているので、それほど難しくないと思います。
 著者はアメリカのアドラー派の大物です。
 
 学校現場におけるアドラー心理学を用いたコンサルテーションの様子が、とても丁寧に説明されています。今ある本の原稿を書いているのですが、大いに参考にさせていただいています。
 
 本書は初版がなんと1975年みたいで、これまで何度も改訂されてきており今回第4版目で、今年出たばかりです。それだけ多くの人に評価され、コンサルテーションの重要文献とされていることがうかがわれます。
 
 私としてはアメリカのスクールカウンセリングの様子が描かれていて、同業者として興味深かったですね。
 
 しかも本書には付録として、出版社のHPから登録すると(本書末にURLがあります)、著者たちの実際のコンサルテーションを動画で観ることができます。スタジオでの収録ですが、教師や保護者グループ、親子が登場していました。
 私の英語力では少々厳しいですが、「こんな風に言っているんだ」とわかって面白かったです。早速著者のカールソン氏の真似をしています。心なしか、面接が上手になったような。
 
 アドラー心理学のカウンセリングやコンサルテーションを学びたい方は、できたら当たってみてください。
 
 良い本だから、どこかで翻訳して出してくれないかなあ、と切に願います。
 

| | TrackBack (0)

November 01, 2016

『学校コンサルテーション入門』

 カウンセラーという職種の中で、今や最も多いのはおそらくスクールカウンセラーではないでしょうか。病院や公務員の心理士、臨床心理学者を軽く凌駕しているような気がします(兼務している人も多いですが)。
 
 スクールカウンセリング制度が21年前に導入されてから、それまで日本において主流だった精神分析学やロジャーズ派はどうも学校現場ではフィットしにくいと感じる人が多く、近年は解決志向ブリーフセラピーや家族療法、認知行動療法を取り入れる人が増えてきているようです。
 
 その中で私としては、アドラー心理学は、非常にスクールカウンセリングにフィットするという思いがありました。ただ学者も臨床心理士の誰もそんなことは言っていなかったし、日本のアドレリアンを称する人たちもスクールカウンセリングについて公に発言してこなかったので、「では、仕方ない。自分がやるしかないか」と腹を決め、僭越ながら仲間と出版させていただいたのが『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』(アルテ)でした。
 幸いこの類の本の割にしては売れたようで、現在2版が出ています。
 
 同書にもありますが、アドラー心理学は個別のカウンセリングでももちろん使えますが、実はコンサルテーションでとても使えるのです。
 
 だからコンサルテーションをするスクールカウンセラーには是非知っていただきたいのですが、実は主にアドラー心理学に基づく学校コンサルテーションの本が出ていました。
 
 
 著者の何人かはアメリカのアドラー派の人だと思いました。
 本書には随所にアドラー心理学の考え方、技法が紹介されています。
(貼り付け始め)
 
 コンサルテーションに応用できるアドラー派の理論の鍵となる原理は、以下のことを含む。すなわち、
 
・コンサルタントとコンサルティの対等性
・勇気づけ(p23参照)
・尊敬
・誤った行動の目的(p24参照)
・論理的結末(p25参照)
・家族の雰囲気(p25参照)
・クライエント(子ども)とコンサルティ(保護者、教師、管理職)の信頼
 
 アドラー派の理論は、教育を提供すること、保護者や教師を訓練すること、情報と認識を共有することを強調する。アドラー派の理論で訓練を受けた教師は、民主的な学級をめざして努力する。彼らは、子どもの誤った行動の目的を見つけ出すことができる。彼らは賞讃よりも勇気づけを用い、罰の代わりに論理的結末を用いる。 …(中略)… アドラー派の文献は、教室や家庭の状況をどのように解決すればよいか教えてくれる。  p13-14
 
(貼り付け終わり)
 
 アドラー心理学のほかに、「認知行動派、行動派、現実療法、解決志向アプローチ」を学校コンサルテーションに有効な理論的アプローチとして紹介しています。
 
 スクールカウンセラーや教育相談に携わる方は、是非参考にしてください。
 

| | TrackBack (0)

«発達障害と診断されることの意義