December 08, 2018

心とテクノロジーの世紀

 ここのところ寒暖差が大きく、体調を崩し気味でした。仕事は変わらず忙しかったので、なかなかつらかったです。

 さて、前記事の続きですが、アメリカのシリコンバレーは言わずと知れた最先端産業のメッカです。マイクロソフトやグーグルなどの世界企業もそろっています。そこのパロアルト市で先月開かれた心理学や瞑想、ヨガ、気功などの意識科学・技術とVRやAIなどを融合させたカンファレンスは、相当な人が集まり、盛り上がったようです。

Transformative Technology Conference

 パロアルトといえば、行ったことはありませんが、昔、思想家・グレゴリー・ベイトソンがいた場所でもあります。したがって、家族療法、ブリーフセラピー、ナラティブ・セラピーのセラピストにとっても縁が深いところです。

 どうも来年以降、人間の「心」とテクノロジーの関係に大きな変動があると見て動き出している人たちがいるようです。「思考力」によって囲碁や将棋に勝つだけではなく、もっと直接人の意識に働きかけるテクノロジーを目指しているみたいです。

 このカンファレンスの関係者による動画を見ると、このマーケットは3兆ドル(約300兆円!)の見込みがあるとぶち上げています。

 けしてニューエイジの成れの果てやスピリチュアル好きの妖しいイベントではなく、出展には事前審査があったり、博士号持ちの研究者がたくさん参加していたり、アメリカの代表的な会計事務所がスポンサーになったりしているそうです。

 やはり西海岸はぶっ飛んでいる。

 そのうち、歯医者に行くようにPTSDを治したり、VRの中で美人カウンセラーに癒されるような日が来るかもしれません。セラピストはAIの発展による失業する仕事リスト(税理士とか銀行家とか)に入っていないと安心するのは早計かもしれませんよ。

 そこまでいかなくても、メンタルヘルス分野の最先端の様子をこういうところからうかがうことができそうです。マインドフルネス瞑想と同じく、アメリカで確立されたものが数年後には、日本にもやってくるでしょう。

 このカンファレンスは今年で3年目で、毎年あるそうですから、いつか覗きに行ってみたいです。

 心理学者や公認心理師、臨床心理士でテクノロジーにも強い方は、この分野に進出すれば大金持ちになれるかもしれませんよ。

| | TrackBack (0)

December 04, 2018

AI、VRと心理学、意識科学の邂逅

 先週は県外に出ることが多く、大変忙しかったです。とても貴重な体験をしたので、覚えと感じたことをメモします。

 11月28日(水)は、東京品川区の某企業に出向き、ミーティングに参加。まだ詳細は明らかにできませんが、知人の理工系の大学教授を介して、ある研究への協力を依頼されたためです。

 そこはまさに今話題の最先端、AIの研究、開発、事業応用の会社でした。オフィスはまるでドラマのセットみたいにお洒落で、初めて見る世界に田舎者の私はドギマギしてしまいました。

 私はカウンセリングの専門家として、あるサービス業界の名人、達人の動画を観て、そこで展開されているコミュニケーションの意味、心理的な技術についてコメントを求められました。

 まるで「江夏の21球」みたいで、大変刺激的で面白かったです。

 また、初めてお会いするAI研究者たちの、キレッキレの頭脳にも驚嘆しました。さすが、という感じで、彼らとのディスカッションもエキサイティングでした。

 いつかAIによって達人技が解析され、容易に伝達される日が来るかもしれません。カウンセリングはAIに取って代わられるか。

 29日(水)は、神奈川県藤沢市の朝日カルチャーセンター湘南教室で「アドラー心理学 課題の分離」の講座を担当。11人の参加者に、最近のアドラー心理学の代名詞、課題の分離について詳しくお話ししました。考えてみれば、私もこれだけを取り上げるのは初めてだったので、事前準備ではよい復習になりました。

 30日(金)は、東京・浅草橋駅側で、私が研究顧問という肩書をいただいているneten株式会社(旧七沢研究所)の展示会に参加しました。

 neten Technology Conference 2018

 そこは、古神道をはじめ古今東西の意識科学とAI、VR(ヴァーチャルリアリティ)をクロスオーバーさせようという大変意欲的で前衛的、かつ「ほんとかよ」と思わざるを得ないような発想と装置の発表会で、大手広告代理店はじめ、様々な企業の人たちが参加したようでした。

 このneten株式会社、これに先立つ二週間前、カリフォルニア・シリコンバレーのパロアルトで開かれたコンフェレンスにも参加、出店をしたそうです。そのHPを見ると、瞑想や心理学、コンピューターサイエンス、VRなど最先端技術がコラボする驚くべき内容であることがわかります。

Transformative Technology Conference

 日本はようやく心理職の国家資格ができたり、時代に先駆けていたアドラー心理学が定着し始めたころ、テクノロジーと心理学を融合させて、はるか先に進もうとしている世界があるのかもしれません。

 関心のある方は食いついてみてください。

 

| | TrackBack (0)

December 02, 2018

公認心理師、合格

 11月30日(金)に初めての心理職の国家資格試験の結果発表がありました。私は仕事と県内のアドラー仲間との忘年会のため、確認は帰宅後の深夜になりました。

 合格です。

 まあ、こんなものでしょう。

 残念ながら落ちてしまった人には悪いけど、私一応、ベテランだし、日頃からそこそこ勉強しているし、自己採点からも大丈夫だろうと思ってましたからね。しかも合格率は「初年度だから高いだろう」という見込みでしたから(実際そのようでしたね)、名前を書き忘れない限り落ちないだろうと思っていました(これはADDの私にはありうる)。

 それでも、県士会会長が落ちるのはカッコ悪いから、良かったです。

 それよりも、これから県士会をどうするか、県の公認心理師会をどうするか、臨床心理士仲間と話し合っていかなければなりません。

 アドレリアンとしても、アドラー心理学が公認心理師の世界の中に入っていけるかが重要です。公認心理師の人たちにとって、使ってみたいと思わせる魅力的な心理学にしていかなければなりません。

 おそらく公認心理師は認知行動療法ベースで、コミュニティ・アプローチが中心の職種になりそうですから、アドラー心理学やブリーフセラピーはその補完になりうると思います。

| | TrackBack (0)

November 29, 2018

古武術 in 甲府

 もう日が迫ってきましたが、知人が甲府で面白い講座をやるのでお知らせします。

 古武術に学ぶ in 甲府  

 あの宮本武蔵の二天一流を継承する武術家による教室です。

 私ものぞいてみようと思います。

 今からでも申し込み可能です。

 是非、ご参加ください。

(転載貼り付け)

 ★好評につき第二弾開催★
宮本武蔵の剣術技法である二天一流と二天流をともに修め、国内外で活躍する武術家である高無宝良先生のワークショップです。
激しい動きはありません。武道やスポーツ経験の有無なく、どなたでも楽しめる内容です。
剣術の中で養う所作や身体感覚を磨くさまざまな動きを行い身体を練ってゆきます。
世界各地で教える高無先生のクラスは新鮮な驚きとユーモアに溢れています。心と身体のつながりを感じることができ、またここで得た身体感覚や「古武術の身体のはこび」は、日々の暮らしの中に活かしていけることでしょう。

【第一部 :武術に伝わる古来からの修法で身体智を磨こう!】
身体に負荷のかからないボディワークを中心として学んでいきます。日常の所作や健康づくりに活かせる内容であるとともに、室町時代以降の日本でどのような身体智が練られていったかを、自らの身体でもって知ることのできるクラスになります。

【第二部 :古流剣術の基礎】
木刀を使って二天一流をはじめとする剣術の基礎を学びます。第一部で養った身体性の延長線上に、手にする木刀もまたあることを感じることができ、そこから剣術がどのように成しうるのか体験できるクラスになります。

*第一部は前半2時間、第二部は後半2時間です。第一部、または第二部のみの参加もできます。まずは第一部を受けてみてから第二部を受けるか決めることもできます。


★日時と場所   
2018年12月1日(土) 5時-9時 
(第一部:5-7時、第二部:7-9時) 
場所は前回と同じく、緑が丘スポーツ公園 2F 柔道場 です。
 https://www.sports.pref.yamanashi.jp/shisetsu/index.php?content_id=3

★料金:第一部、第二部とも各2,000円 (通しは4,000円)
 *大人向けの内容ですが、10歳以下のお子さんは親御さん同伴のみ参加でき無料になります。

*2日昼には北杜市でも同内容で行いますので、興味があるけど都合がつかないという方はそちらもご検討ください。https://www.facebook.com/events/314501732680614/

<講師から一言>
古来日本人はその環境と歴史の中で独特の身心観を形作ってきました。
武術、そして日本剣術もまたそれら身心観の一つの大きな結晶であります。
武術には天地自然と繋がりまた人と人とが結ばれるというこの世の中心的課題への探求が凝縮されています。中でも剣術は、刀という洗練された用具を「もっとも初めて出逢う他者」として媒介とすることで、重力や気圧、心理的動力を含めた諸要素への調和の仕方を体得するのに顕著な効用があります。
合掌と同義であり、身心の収斂統一を促すところの両手持ち剣術を体験することで、この世界・自己・他者との「うるわしき出逢い直し」を感じていただければ幸いと存じます。

<講師プロフィール>
高無宝良(TAKANASHI Takara)
幼少期より各種格闘技、武術をたしなむ。平成11年より、山東派八代青木規矩男の高弟稲村清師範に師事し二天一流を学ぶ。のちに加えて小林盛夫(人間国宝五代目柳家小さん)の伝えた小倉藩伝二天流も学び、武蔵の技術の変遷を研究する。平成21年、古武道学舎清風会を発足。平成22年より小用茂夫師範のもと刀禅を学習。平成23年、新陰流兵法(疋田派)山本篤師範より同流指導の許しを得る。平成27年、ユーラシア大陸横断を機に団体名を古武術是風会に改称。自らの武術修業に励むとともに、欧米やアジア各国でも指導するなど国内外で伝習に精力を注いでいる。

| | TrackBack (0)

November 27, 2018

バーナード・シャルマン逝去

 北米アドラー心理学会からメールが来ました。

 アメリカ、いや、世界のアドラー心理学のレジェンド、バーナード・シャルマン(Bernard Shulman)先生が、11月24日に亡くなったとのことです。享年96歳。

 ついにお目にかかることはできませんでしたが、若い頃、先生の著作を通して何とかアドラー心理学を吸収しようと頑張っていたことを思い出します。もっと早くアメリカに行けてたらなあ、などと思ったりもします。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | TrackBack (0)

November 26, 2018

日本催眠医学心理学会に参加

 11月23日(金)~25日(日)、東京・六本木の東洋英和女学院大学大学院で行われた「日本催眠医学心理学会第64回大会」に参加してきました。回数を見てもわかるように、日本の学会の中でも最古参に入るところです。

 初日は催眠技法研修会、私は上級特別コースに申し込みました。日米にわたる臨床催眠の第一人者、マインドフルネス瞑想法の著作でも知られる大谷彰先生(元メリーランド大学シニアサイコロジスト)が講師なので、絶対受けたいと参加しました。

2018


 大谷先生は、催眠のニューロサイエンスの知見、技法を適用する上での心構えとコツなどを教えてくださいました。特に興味深かったのは、催眠と瞑想の体験の違いは脳科学からも裏付けられることをお話しされたところです。

 催眠と瞑想は、似ているようで違う、違うようで似ている、誰もが思うけど、それをどう考えるべきか、何に由来するのかは長い間難問でした。それが最近のニューロサイエンスの発展で何とか見通しがついてきたようです。

 そう、そう、大谷先生はシンポジウムでの催眠技法の解説のとき、アドラー心理学の「as if テクニック」についてもお話ししてました。思わず終了後の懇親会で先生に近づき、「実はアドラーやっているんです。取り上げてくれてありがとうございます」と言ったら、「モサックが書いてあるからね」とこともなげにおっしゃっていました。さすが、何でも知ってらっしゃると感銘しました。

 ちなみにこの「as if テクニック」は、『臨床アドラー心理学のすすめ』で私が解説しています。

 また、アドラーとフロイトの同時代人、ピエール・ジャネの再評価のシンポジウムでは、発表者から、ジャネの「不全感」という概念は、アドラーの「劣等感」に影響を与えたと見られ、実際にアドラーは「自分の仕事が、ジャネの観察の発展であると謝辞を記載している」という話がありました。

 アドラー心理学はフロイトの精神分析の影響下にあるというしつこい論調がありますが、むしろジャネに近い可能性がうかがえました。実際ジャネの臨床の特徴の中には、「未来志向と生活臨床」というのがあったとのことで、アドラー心理学にかなり重なりそうです。

 他にもVR(virtual reality)のシンポジウムがあって、ここまでテクノロジーは来たのかと大変驚き、面白かったです。今やVRはアメリカでは歯科治療やリハビリ、医学教育で使われ、心理療法ではイメージトレーニングや暴露反応妨害法に使われ始めています。確かに下手なイメージトレーニングより効きそうです。

 私もVRの体験が実はあるのですが、内容によっては人の意識にとても大きな影響を与える可能性があると思っています。

 マトリックスの世界が近づいているかもしれません。

 そして、VRの体験は確かに編成意識を生じさせるが、果たして催眠か否か、催眠とは何か、改めて新しい議論を巻き起こしそうです。

 と、なかなか専門的というか、マニアックな内容でしたが、3日間とても楽しかったです。今はこじんまりした小さな学会ですが、これから面白くなりそうな予感です。

| | TrackBack (0)

November 20, 2018

朝日カルチャーセンターで課題の分離

 来週11月29日(木)、神奈川県藤沢市の朝日カルチャーセンター湘南教室で講座を持ちます。

 4か月ごとの各期にアドラー心理学に関する1テーマを取り上げています。

 今回は「課題の分離」。

 『嫌われる勇気』以降、何かと議論の多い「課題の分離」を私なりに徹底解説をします。最近仲間内から出てきた「課題の分離」に代わる新しい言葉もお伝えしますよ。

 アドラー心理学 対人関係論「課題の分離」

 

 

| | TrackBack (0)

November 17, 2018

『ボヘミアン・ラプソディー』を観た

 ここのところ体調を崩して、頭痛、微熱があって休み休みしながら仕事をしていました。

 今日17日、東京に行く予定でしたがキャンセルして時間が空いたので、映画『ボヘミアン・ラプソディー』を観に行きました。

 言わずと知れた伝説のロックバンド(というのもチープだが)クィーン、フレディ・マーキュリーの伝記映画です。

 いや、良かったです。

 コアなファンやロックマニアにはどうかわかりませんが、中学時代の70年代後半、クィーンのヒット曲を何もわからずラジオから聴いていた身には、その曲はものすごいインパクトがありました。

 今にして思うと私の洋楽歴は、ポップスはアバ、ロックはクィーンがファーストコンタクトだったかもしれません。そのくらい耳に焼き付いている感覚があります。

 だから、「クィーンの歴史はこうだったんだ」「フレディ・マーキュリーってこういう人生だったんだ」と知ることができました。 

 今でも時折、YouTubeで聴いています。

 最後のライブエイドのシーンは圧巻でしたね。

 映画から帰って、本物のライブエイドの動画を見直しました。

 実在の人物だし、よくここまで再現したと思いました。

 特にブライアン・メイは、本物とよく似ていました。

 同世代の方は是非ご覧になってください。

| | TrackBack (0)

November 13, 2018

アドラー心理学の未来2

 前回に続いて『Adlerian Psyhotherapy』より、アドレリアン諸氏が語るアドラー心理学の課題を抜粋します。正確な訳ではないので、関心のある方は原著に当たってください。

・Jill Duba Sauerheber(ウエスタン・ケネディ大学教授、北米アドラー心理学会長)は、これからは標準化された教育を受けた資格を持った専門家がどんどん卒業してくる、彼らは「理論的にピュアではない」。既にたくさんのものを学んでいるから。しかしそれが、さらにアドラー心理学をより深める方向に働くだろう。そうすれば、他のカウンセリング理論をどのようにアドラー心理学に加えるか、アドラー心理学の知識や応用を高める方向に進めるかもしれない。

(日本では逆に考える人がいるかもしれませんね。ピュアで「正しい」アドラー心理学が良いと信じる人たちには)

・また、脳がいかに情動や思考、生理を調整するかの知識をもっと学ぶ必要がある。神経科学における記憶の流動性の知見は、早期回想に対するアドラー心理学の仕事を支持してくれたりしている。

・Len Sperry(フロリダ・アトランティック大学教授)は、柔軟さが売りだったアドラー心理学の強みが、今は悩みの種になってしまっている、と言います。アドラー心理学はアセスメントに強い(ライフスタイル診断など)が、介入に弱い。特に独自の、定義されたアプローチを持っていない。エビデンスがあるとされているのは、STEPとActive Parenting Program だけで、それ以外にはない。独自の介入方法を開発するべきだ。そのためにSperry はセラピストをトレーニングしており、直接的にクライエントのライフスタイルを変化させる介入法を pattern - focused psychothepy と呼んでいる。

 他にもアドラー心理学は、女性の人権や社会的文脈を重視するところが現代にマッチしているという人や、LGBTのクライエントの援助のための理論と技術を研究すべきだという人もいます。

 また、特にこれからは組織化された宗教の力がさらに弱くなっていくだろう、その時アドラー心理学はさらに必要になるだろう、100年先を行っていたアドラー心理学の未来は明るい、と言うアドレリアンもいます。

 いろんな意見があります。

 日本でも思い思いにアドラー心理学の未来像を描けるといいですね。

| | TrackBack (0)

November 10, 2018

アドラー心理学の未来

 少し前に紹介した『Adlerian Psychotherapy』の終わりの方に、アドラー心理学の課題、未来のあるべき方向性を考察した章があります。著者以外にアメリカの主なアドレリアンが答えていて、いろいろな意見があるのが興味深いです。

 例えば、著者は次のように言っています。以下、意訳、要約します。

・もっとアドラー心理学についての調査や研究をしたり、奨学金によって、エビデンス・ベイストのアドラー心理学(Adlerian evidence-based psychotherapy)の輪郭を描き出すことが必要である。

・アドラーのアイデアは、スクールカウンセリングの分野でよく確立されている。ペアレンティングやコンサルテーションや子どもの発達に関するガイダンスに力を入れているからだ。

・アドラー心理学は二つの領域に特に適している。一つは多文化やコンテキストを考慮しなくてはならない領域と、ポジティブ心理学のような成長志向、ストレングス志向の領域である。

 科学的なアドラー心理学を目指す著者に対して、ドライカースの娘、エバ・ドライカース・ファーガソンは、反対のようです。

・多くのセラピストは症状とそれを楽にすることに焦点を当てすぎている。アドラー派のアプローチは、長期的な社会・認知的な変化(long-term social-cognitive changes)を目指すものだ。所属とか意味の感覚を。

・アドラーの社会変革の強調は、未来の心理学でも生き残っていくだろう。

 反対にロイ・カーンという学会誌の編集長は、

・アドラー派のライターや研究者は、もっと他の認められたジャーナルで発表するべきだ。

・アドラー心理学を教える専門家、学部が必要である。

・アドラー心理学は大学をベースにしないと、その理論は心理学のテキストの中のただの脚注に過ぎなくなってしまうだろう。

 とまで言っています。

 このようにいろいろな意見があり、アドラー心理学の未来に対してある種の危機感を抱いている人もいるようです。面白いので、次回以降もメモしようと思います。

| | TrackBack (0)

«「創立30周年記念の集い」に参加