June 18, 2018

大谷選手と肩甲骨

 メジャーリーグでも大活躍の兆しを見せた大谷翔平選手が、残念なことに故障者リスト入りしてしまいました。

「ベースボールチャンネル」というサイトで、高岡英夫先生が大変興味深い分析をした記事が出ているのでリンクします。

 運動科学から見た、打者・大谷翔平のパフォーマンスの高さと故障の原因

 運動科学研究の第一人者であり、5月7日に『肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!』を上梓した高岡英夫氏は、今回の大谷選手の右肘の故障の主たる原因を「MLBでも類を見ないほどの柔らかさを誇っていた肩甲骨の可動性が5月中旬を過ぎるあたりから急激に低下してきたこと」と分析する。
 
 さらに高岡氏は「大谷選手のように肩甲骨を肋骨の上で大きく滑らかに動かすことができると、そのぶん肩関節と肘関節の負担は大きく減り、一方肩甲骨が腰の安定+キレを呼ぶので下半身のパワーが増し、上半身はただそのパワーに乗っていけばよいという関係になるので、二重の理由で肩関節と肘関節へのストレスが無くなる」と言い、「開幕から1カ月半、4月から5月半ばまでの肩甲骨の柔らかさと腰の安定+キレがキープできていれば、ピッチング、バッティングそれ自体で肘関節を故障することは決してなかった」と言い切る。
 
 そして「身体の硬縮を緩解し疲労を積極的に解消するための専門的な体操法・マッサージ・休養法・栄養管理法などを上手に導入することで、肩甲骨周囲を中心とした全身の筋肉群の疲労による硬縮を恒常的に取り去り、2度と再び右肘を故障することがない体制をつくることが必要不可欠」と語る。
 
 その高岡氏に大谷選手がMLB1年目の開幕スタートからなぜあれほどの素晴らしいパフォーマンスを発揮できているのか、運動科学を駆使した“大谷選手のパフォーマンス”の解析をしてもらった。

 詳細は物理的に詳しい説明がされている記事をお読みいただきたいですが、肩甲骨が肋骨からはがれていると思えるほどゆるんでいる状態が、高いパフォーマンスには必須ということです。 

 この状態を高岡先生は「立甲」と呼んでいます。

 武道をやっている人なら肩甲骨の重要性を自覚している人が多いと思いますが、実は太極拳や形意拳などの中国武術では、肩甲骨や肩関節のゆるみをかなり重要視しています。日々、厳しく、熱心に稽古するところです。「含胸抜背」という秘訣が関係するところでしょう。

 日本の武道では、合気をかけるときなどに重要になってくると思われます。

 ところが普通の人は、高岡先生が言っていることが理解できる人がどれくらいいるでしょうか。
「肩甲骨が立つって、どういうこっちゃ?」という感じかもしれません。

 ほとんどの人は、肩甲骨と肋骨が一体となって、癒着したような状態になっていて、下手をすると肩甲骨自体を意識できていない人もいると思います。うつ病とか精神疾患を持っているクライエントさんは、特にガチガチの状態ですね。

 ここをゆる体操などでゆるませてあげると、皆さんとても気持ち良くなってくれます。

 私もゆる体操や気功法などの肩甲骨をゆるませるワークをすると、とても気分が爽快になります。

 肩こり知らずになれますよ。

| | TrackBack (0)

June 16, 2018

看護師さんに研修、初夏の予定

 今日6月16日(土)は、山梨県立大学に行き、県内の看護師さん、約80人に講演をしました。

 山梨県リハビリテーション病院・施設協議会の看護部定期総会記念講演として呼んでいただいたのでした。
 タイトルが「ブレない自分のつくり方 ~ 自分らしい生き方を見つけよう」と、私の監修本を使ってくれました。

 ワークエンゲージメントのような最近の産業メンタルヘルス界のキーワードから始まり、簡単なワークにより、自分のストレスマネジメントのパターン、仕事への意識、自己理想、そして勇気づけについて学んでいただきました。
 プロの講師ではない私的には、参加者が50人を超えると難しさを感じはじめるのですが、さすが看護師さんたちは乗りがいいので楽しく進めることができました。

 さて、近日に予定しているものとしては、

 6月21日(木)に朝日カルチャーセンター湘南教室で、 「アドラー心理学 共同体感覚 精神的健康のバロメーター」を予定しています。

 私が正面から共同体感覚を人前で論じるのは、考えてみればこれが初めてかもしれません。

 正統派アドラー心理学から、妖しい派アドラー心理学まで幅広くやりますよ。

 通称、朝カルに呼んでいただいて3年目になりますがいつもテーマを決めて、自分にとっては実験的というか、ちょっとした試みをしています。個人的にも勉強になる講座です。

 6月30日(土)、7月1日(日)は日本支援助言士協会の「アドラー夏合宿」があります。神奈川県藤野にある宿泊施設を使った、2日間のワークショップ。

 今年で3年目、 『臨床アドラー心理学のすすめ』、 『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』などでいつもご一緒している鈴木・八巻両先生とアメリカのアドラー心理学大学院を修めた梶野真さんとのコラボです。

 今年はどうなることか、楽しみです。

 よろしかったらご参加ください。

| | TrackBack (0)

June 13, 2018

目の前にコンビニができた

 先日、仲間と開業している心理臨床オフィス・ルーエの目の前に新しいコンビニがオープンしました。

 オープンしてしばらくはおにぎりとかが安くなっていましたね。

 これで、オフィスでカウンセリングする日は、ひきこもり度がさらにアップしてしまうでしょう。

 運動不足とお菓子の買いすぎによる肥満に気をつけないと。週2日ほどのスクールカウンセラーのような外のお仕事と、週1程度の武術の稽古で外に出るくらいでは追いつかない。

 つまりは、ひきこもり傾向のある人には、開業カウンセラーはいいですよ。

 食っていけるかは保証しないけど。

 公認心理師が増えてきたら、開業も増えるでしょう。今のうちに対策を立てないと、とは思いつつ、今も新しいポテチをつまみながらアイスコーヒーを啜っています。

Photo_4

| | TrackBack (0)

June 10, 2018

『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法』

 前記事は精神医学からみた不登校対策の本でしたが、これはアドラー心理学からのアプローチです。

 アドレリアン教師にはおなじみ、あの赤坂真二先生の『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法!』(学陽書房)です。

 本書には不登校も発達障害にも特に言及していませんが、対象にしているのは明らかにその可能性やリスクのある子どもたちです。

  赤坂先生も、そういう子どもに対しても対応可能な方法を示していることを、「専門的見地から見てもそう的外れなことは言っていない」とそれとなく言っています。本当にその通りの内容になっています。

 実は本書はアドラー心理学にも表立って言及していませんが、内容はまさにそのものです。

 本書では、“気になる子”が「発達障がい」であろうとなかろうと、学級におけるひとりの「居づらさを感じがている」子どもと捉えます。“気になる子”の問題を「障がい」で見るのではなく、「居づらさ」から見ます。学級担任が、彼らを含めて学級をまとめていくにはどうしていったらよいのかを示していきたいと思います。 p16

 と述べている通り、問題や症状を「個」の問題として「個別支援」の対象とするだけではなく、学級の力を育てることで、その気になる子どもの問題を解消することができるはずです。それができたら素晴らしいと思う。

 “気になる子”の「気になる行動」にともなう問題の多くは、行動そのものにあるのではなく、周囲の子どもとの人間関係にあるのではないでしょうか。彼らの「気になる行動」によって、周囲の子どもたちと人間関係上のトラブルを生じ、それが「居づらさ」や「困り感」になっているのではないでしょうか。“気になる子”の問題をすべて「個の問題」に帰するのではなく、もっと周囲との関係性から見ていいのではないでしょうか。個別支援で解決の糸口が見えないならば、もっと積極的に学級の子どもたちの力を活用したらどうでしょうか。多くの“気になる子”の問題の解決は、実は、学級の人間関係づくりにあるのです。 p3

 これは「一人の心を大事にする」とうたいがちな臨床心理士やスクールカウンセラーが陥りがちな盲点を見事に指摘していると思います。

 私たちカウンセラーは、勝手な解釈と先生たちにできないことを求めるようなコンサルテーションをしていないか自問してみる必要があるかもしれません。

 個か集団かではなく、個も集団もバランスよく大事にするにはどうすればいいか、教師だけでなくカウンセラーにとっても示唆に満ちた、わかりやすく、実践的な本です。

 さすがです。

| | TrackBack (0)

June 06, 2018

『不登校の児童・思春期精神医学』

 先週5月31日(木)は富士吉田市に行き、富士吉田市教育研修所主催の「特別支援教育研修会」で講師をしてきました。小中学校の特別支援教育や気になる子への支援の先生方が参加者でした。

 臨床心理学における子どもの行動のアセスメントに関するさまざまな視点を整理して、アドラー心理学に基づく目的論的アセスメントについて説明させていただきました。

 さて、最近不登校関連の本を書き進めるにあたって、いろいろな本をあたっています。
 精神医学からみた不登校について、おそらく最も充実しているのが、

 齊藤万比古著『増補 不登校の児童・思春期精神医学』(金剛出版)

 不登校自体は精神病の疾患単位ではないものの、その背景にはさまざまなものがあり、精神医学的理解は必須です。本書は日本を代表する児童思春期精神医学者であり、増補とあるように10年ほど前に出たものが元になっています。評価が高いから、増補版になったのでしょう。

 内容は、不登校に見る攻撃性と脆弱性、心の発達、心身相関、入院治療、家庭内暴力、自殺行動など多岐にわたっています。

 私も改めて勉強になりました。

 臨床家、カウンセラーは是非参考にしてください。

| | TrackBack (0)

June 03, 2018

ハロルド・モサック博士ご逝去

 北米アドラー心理学会からメールが来ました。

 アドラー心理学界の重鎮、ハロルド・モサック博士(Dr. Harold Mosak)が亡くなったそうです。96歳とのことです。

 1952年に、ルドルフ・ドライカースとバーナード・シャルマンと共にシカゴにアドラー心理学研究所(現在アドラー・ユニバーシティー)を設立し、たくさんのアドレリアンを育てました。

 本ブログでもご著書を紹介させていただいたことがあります。

「現代に生きるアドラー心理学」

 私が昨年、一昨年と渡米したときは既に学会にはお出でになれず、お会いすることはかなわなかったですが、「アドラーおたく」として何冊もの本、何本もの論文を拝読し、僭越ながら同じ臨床心理学畑のアドレリアンとして、ライフスタイル・アセスメントの仕方で大きな影響を受けたと思います。

 メールによると、モサック博士はアメリカとイリノイ州の最も初期の心理学者のライセンスを取得した一人で、ライセンス・ナンバーは37だったそうです。アメリカ心理学会(APA)の終生会員でフェローでもありました。

 まさにレジェンド。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | TrackBack (0)

June 02, 2018

志村けんの先祖は武田家家臣

先日NHKの「ファミリーヒストリー」で志村けんさんが出ていました。

 

「東村山音頭」で知られたように、東村山市出身の志村さんですが、その先祖はなんと山梨にいたことがわかりました。それも戦国時代、山梨が甲斐と言われていた時代です。

 

 地元民には周知のことですが、確かに山梨には志村姓の人が多くいます。私のアドラー仲間の同僚にもいます。

 

 注目すべきは、志村さんの先祖は、武田家家臣の中でももっとも有名な人物、山県昌景の家臣の可能性が高いということでした。山県昌景といえば武勇に優れた猛将で、赤備えの軍団を率い、後の井伊や真田の赤備えのルーツになったことで知られています。

 

 その山県の家臣に「志村又左衛門」という人がいて、長篠の戦で昌景が討ち死にしたときに、敵からその首を取り返したという記録が残っています。番組では、有名な「長篠の合戦図屏風」で、志村又左衛門が首を抱えて前線から脱出している姿が描かれているのが映っていました。

 

 有名な武将ではなく、一介の家臣が名前付きで描かれているのは珍しいのではないかと思います。その当時でも敵味方に知られた功績だったということでしょうか。

 

 武田が滅びた後、志村姓の人たちは徳川家に仕えます。その忠誠をの証を立てた「壬午起請文」に、志村姓がいくつもあるそうです。

 

 その他にも北条家に下った志村さんたちもいて、彼らも後に武蔵野国に移り住んだそうなので、徳川ルート、北条ルートの志村さんたちがいたようです。

 

 いずれにしても志村けんさんの本家は、江戸時代その地域では名主だったそうで、名主になるには相応の実力がないとなれないので、やはりルーツは武田家関係だったのではないかという結論でした。

 

 解説は武田家研究、真田家研究などで知られた平山優先生でした。

 

 面白いですね。

 実際に志村一族以外にも徳川に下った武田遺臣の多くが、多摩地方に移り住んだと聞いているので、その可能性は高いのではないかと思いました。彼らは「八王子千人同心」と呼ばれていました。

 

 八王子千人同心ーWikipedia

 

 後に江戸末期、その地域で盛んになったのが剣術、天然理心流、新撰組の近藤勇や土方歳三らの剣で知られていますね。近藤家は八王子千人同心だったそうです。

 

 ちなみに先の「壬午起請文」には、我が深澤姓もいくつかあります。私の先祖は徳川に下っても江戸に行かず、甲斐にとどまったのかもしれませんが、武田信玄の指揮のもと、志村けんさんの先祖と共に戦ったかもしれないと思うと、なんだか楽しい気分になりました。

 

 志村けんの祖先・父・母のルーツがすごい!武田信玄との関係も

【ファミリーヒストリー】志村けんのルーツは「武田信玄の家臣説」が浮上

| | TrackBack (0)

May 28, 2018

ワインフェスで飲む

 前回で「ゆるキャン△」のことを書いたら、丁度翌日の地元紙に、今の時期その聖地巡りツアーが企画されていて、県外からの観光客でにぎわっているという記事が出ていました。
 元々観光地として今一つだった山梨県南部(峡南地方)に日が当たって、良かったですね。
 
 26日(土)は山梨のもう一つの顔、ワインのイベントが甲府駅側の広場で行われました。
 
 丁度午後のカウンセリングがキャンセルになったのを幸い、行ってきました。
 
 山梨県中のワイナリーが集まって、新酒のワインを飲み比べができる会です。
 
 私が到着したのは午後1時ごろ、会場には既にたくさんの人が集まっていました。
 
 ワインの他に、生ハムやステーキ、焼き鳥、ピザなどを供してくれる屋台がいくつも出ています。家族連れや友人たちと来たような人たちが多かったですが、一人で来てじっくり飲んで楽しんでいる人(男女年齢問わず)も目立ちました。
 仕事の合間のお忍びの(?)私はワイングラス片手に、タイ料理のカオマンガイという鶏肉ご飯などをいただきました。
 
 入り口で配られたリストを見ると、251もの銘柄がそろっていたそうです。参加者は各ワイナリーのテーブルに行って、ほしいワインを1フィンガーとか2フィンガーとか言って、グラスに注いでもらいます。
 私みたいにワインに詳しくもなく、特に好みもなければ、サーブしてくれるワイナリーの人に聞きながら選んでもらいます。
 
 
Photo_2
 
 私は最近話題の甲州種から作った白ワインから試し、適当に見つくろって次々に飲んでいきました。
 最初はソムリエ気分で味わっていましたが、すぐに「うまいうまい」と次々にいろいろなワインを飲んでいるうちに訳がわからなくなった。
 
 真昼間から足がふらつきながら帰りました。
 
 午後仕事がなくてよかった。
 
 会場にはなんと太極拳の生徒さんが主催者側にいてビックリしました。ここは老師が醜態をさらしてはいけないと、頑張って意識を保ちましたよ。
 
 このイベント、今週末は大阪であるらしいですよ。
 
 お近くの方、是非覗いてみてください。
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

May 25, 2018

「ゆるキャン△」で聖地巡り

 最近の山梨のトピックといえば、ワインでも武田信玄でもなく、アニメ「ゆるキャン△」であることはいうまでもありません。
 
 山梨県下のいろいろな場所が舞台として登場しています。
 
 放映は終わったみたいですが、山梨では深夜に再放送されているので噂を聞いて観始めたら、ほんとに私も行ったことがある、通りかかったことのある場所ばかりが出ていて、びっくりしました。それだけでも観ていて楽しかったです。
 
 具体的にどがこが出ていたか、山梨県全面バックアップのHPでご確認ください。
 
 
 私としては、「身延まんじゅう」が登場したのがよかった。ほんわかした味が子どものころから大好きでした。
 
 山梨に旅する時は、是非お立ち寄りください。
 
 基本、めんどくさがり屋の私はアウトドアは好きではないのでやらないのですが、アウトドアが好きな人は好きです。アニメの女の子たちがやっているようなキャンプならやってみたいですね。誰か誘ってください。
 

| | TrackBack (0)

May 22, 2018

『生き心地の良い町』

 ここのところ、アドレリアンはうつになるかならないかみたいな関係者以外はどうでもいい話をしましたが、うつに深い関連のある自殺について、自殺率が明らかに低い地域があるのを知っていますか。
 
 自殺予防研究、コミュニティ心理学の世界では知られた話で、その報告をした本です。
 
 
 四国・徳島の海辺の小さな町が、全国的にも、近隣の市町村に比べても格段に自殺率が低いことに関心を持った研究者が、その街に乗り込んで、調査をしたルポです。著者はこの研究を博士論文にして、学会の賞を受賞したり、その分野で一躍有名になりました。
 
 ただ、本書は全然固くないです。
 
 その町に乗り込んだ著者から見た町の風景、投げかける質問に対する町民たちの意外な反応に対する戸惑い、彼らとのやり取りが丁寧に描かれています。
 結果、著者がその町を好きになるプロセスを私たちは共有できて、「きっといい感じの町なんだな」と思えてきます。
 
 著者の苦労話から、こういう分野の研究の進め方がわかるのも面白いです。
 
 コミュニティにおいて自殺を予防する因子は何か、本書には研究結果として、5つが抽出されていますので、是非本書をあたっていただきたいのですが、それは一見当たり前のようでいて、とてもユニークです。
 
 よくメンタルヘルスや教育分野で使われる言葉に「絆」があります。皆さん、ご承知の通り、震災以降の現在、あっちこっちで「絆」が「横行」しています。でも、本書で私は、絆はけしてその字義通り、ただ単に人と人がつながればよいのでないということに気づかされました。
 
 例えば、その町では赤い羽根募金がなかなか集まらなくて、町の担当者は苦労するそうです。
「だいたいが赤い羽根て、どこへ行って何に使われとんじぇ」と問い詰められて、担当者はたじたじとするそうです。
 普通の農漁村と違って、老人クラブの加入も拒む人もいて、「他人と足並みをそろえることにまったく重きを置いていない」人たちだといいます。
 
 では都会のような人々との接触が希薄で冷たい人たちかというと、そうではなく、よそ者にも多大な関心を寄せてきます。基本、穏やかで優しい人たちで、困ったことがあればすぐに専門家に相談し、行政にもどんどん要求します。精神科の受診率は実は高いそうです。これは早めに受診する傾向があるかららしいです。普通、田舎も都会も、精神科は二の足を踏む人が多いはずですが、ここはなぜか違うらしい。
 
 その町には「病は市に出せ」という言葉が古くから伝えられているそうです。病、病気やつらさや苦しみは、どんどん人々に明かしてしまえ、というようなことです。とてもいい言葉ですね。人々や共同体を信じていなければ、できないことでしょう。
 
 どうしてそんな町ができたのかは、本書を読めばわかります。なんと、戦国末期にさかのぼるそうですよ。
 
 本書のプロセスも結論もすべて省いて、著者が主張していることをアドラー心理学に引きつけていえば、その町の人々は、共同体感覚を持ちながらも、課題の分離(そして協力)が徹底的に実践されて、両者がうまい具合のバランスになっているといえそうだと思いました。
 アドラー心理学も勉強してないのにねえ。
 
 私も自分の地域で自殺予防の研修会を依頼されることがあるので、大いに参考にさせていただこうと思いました。
 
 

| | TrackBack (0)

«持ちネタ披露の週