October 19, 2018

神道の深い流れ

 では、私たちは日本トランスパーソナル学会で何を発表したのか、その概要をお伝えします。

 一言でいうと「古神道」と呼ばれるジャンルです。神道にも流派、系譜というものがあるのです。それは現在の神社本庁が管轄していて、私たちが普段目にする神社とはやや異なり、現政権を裏で支えている、ある政治集団の国家神道的なものとも明確に違います。

 もっと日本の歴史の奥深くに根差したものです。そのエッセンスの部分はおそらく縄文にまでさかのぼり、民衆の信仰形態に影響を与えながらも、宮中でひっそりと伝えられてきた神道の系譜です。

 私もその存在を知り、学ぶまで、全く知らなかったので大変驚きました。

 白川伯王家、いわゆる白川神道(伯家神道)です。

 歴史的には平安時代、第65代花山天皇により、宮中祭祀を司る神祇官の長として任命されたのが、白川伯王家だったそうです。
「宮中内侍所、皇霊殿の奉仕、天子摂関等に御拝を伝授。全国の神社の統括」をしていたそうです。

 江戸時代には少しずつ宮中から外部にその内容が伝えられるようになり、あの国学者の平田篤胤が「学頭」を務めていたこともあったそうです。だから僭越ながら、平田篤胤は私の師匠筋(?)に当たることになりますね。

 それが幕末から明治の動乱期には、孝明天皇の命により、当時の白川伯王家の学頭・高濱清七郎が宮中を後にして京を脱出するというドラマがあったそうです。

 しかし明治5年に新政府は、神祇制度を廃止してしまい、宮内庁、神社庁を設置したので、白川神道は宮中に戻ることなく、細々と民間で伝承されることになりました。

 そして現在その命脈は、なぜか京都でも東京でもなく、山梨は甲府に残りました。甲府在住の七沢賢治先生が、明治時代からそっと伝えられてきた流れを継承していたからです。

 そのような歴史をまず、お話しました(発表者は私ではなく、渡邊氏)。会場は40人近くが集まり、みんな初めて聞く話に身を乗り出すかのように、大変熱心に聞いてくれました。

| | TrackBack (0)

October 16, 2018

トランスパーソナル学会に参加

 10月14日(日)、明治大学駿河台キャンパスに行きました。

 日本トランスパーソナル学会第13回大会に参加、発表するためです。私にとって初めての参加、発表です。その様子を報告します。

 トランスパーソナル心理学は若い頃、随分熱心に学んで、大学の仲間と勉強会をしたり、日本の代表的な紹介者、吉福伸逸さんのWSに参加していました。
 しかし、その後児童福祉や精神医療の「普通の」臨床現場に入ったことで、トランスパーソナルとは縁遠くなってしまいました。

 そしてアドレリアンになって、臨床心理士になりました。

 だから現在のトランスパーソナル事情をうかがう絶好の機会にもなると思って、楽しみにしていました。

Photo_2


 明治大学・リバティタワーの入口です。高く立派な建物で、昔の明大校舎のイメージがあったので随分新しく、きれいになってビックリです。発表会場はこの11回でした。

Photo_3


 入り口の案内です。

Photo_4


 会場入り口の貼り紙です。こういうタイトルなんですよ。なんでしょうね、妖しいですねえ(笑)。

Photo_5


 始まる前の会場です。少なく見えますが、40人近くの方が来てくれました。

 この世界では著名な先生が何人もいらっしゃたようです。本学会では初めてのテーマ、内容なので関心を引いたようです。

 では具体的にどんな内容を発表したのか、最近の私が関心を持っている古神道について次回以降お話ししていきます。

| | TrackBack (0)

October 12, 2018

脳のモジュール構造と自閉症

 前記事の小林朋道著『進化教育学入門』(春秋社)から。

 人の知能はいろいろな知能の種類からできているという「多重知能論」というのが今の心理学の定説となっていますが、それを進化心理学がさらに進めて、「進化的適応」という観点から、人は生きる環境に適応でき、繁殖できるためにさまざまな「課題専用モジュール」を脳に作り上げたと考えたようです。

 いわばパソコンの各種ソフトのように、ある課題に向けて動き出すソフトウェアがあらかじめ脳にビルトインされているのです。

 その方が汎用性のあるソフトを作るより、より早く適切に反応できたりして、生存に有利だったためです。

 例えば「同種専用モジュール」は、集団内の他人といかにうまくやり取りするかという課題のために、相手の感情を読み取って判断するソフト。

「物理専用モジュール」は狩猟採集の道具や住居をうまくつくるために、物理的な対象の把握や操作のためのソフト。

「生物専用モジュール」は食物になる動植物や有害な動物にいかに適切に対応するか、生物の特性の把握や操作のためのソフト。

 同種専用モジュールの下位には、「言語専用モジュール」があると想定されています。これは言葉を習得して生み出すソフトで、言語学者のチョムスキーのいう普遍文法に相当すると考えられます。

 本書では、自閉症についても言及しています。

 自閉症と判断された人の中には、物理専用モジュールがとくに発達しており、計算や図形の認知・記憶等に驚くような能力を示す人もいます。また、同種(ヒト)以外の動物について、顕著な理解・記憶能力を示す人もいます。

 突出するモジュールにはさまざまなケースが見られますが、自閉症は、「同種専用モジュールの不調」を根本に据えることによってよりよく理解できる、という点では多くの研究者が同意していると言えるでしょう。 p126

 我々が知っていることを進化心理学的に言い換えているわけで、確かにそうだろうなと思います。

| | TrackBack (0)

October 09, 2018

『進化教育学入門』

 実は私、けっこう動物好きで、小さい頃から動物園や動物番組が大好きでした。ペットも犬、猫、カブトムシやクワガタはもちろん、ウサギ、ニワトリ、蟻、鈴虫、コウロギ、金魚などいろいろ飼いました。

 動物番組といっても人と動物の交流を面白くしたバラエティではなく、アフリカや海などを長時間本格的にロケしたドキュメンタリーです。ここはNHK嫌いの私も、同局のスペシャル番組を大きく評価するところです。

 だから昔から動物行動学も好きで、最近は、進化心理学というのに注目しています。。

 動物としての人は、学習をするにも恋をするにも、どんな行動にも動物で働いている原理が当然働いているはずで、そこを外してはいけないと思うわけです。

 前記事の七沢研究所のスタッフと心の進化についての勉強中に勧められたのが、

 小林朋道著『進化教育学入門 動物行動学から見た学習』(春秋社)

 動物行動の原理から考えられる効率的な学習法が説かれているのですが、単なる勉強法というより、なぜ科学的知識を身につけるのが難しいのか、動物としての人の思考の在り方との齟齬を指摘しているところが面白かったです。

「動物行動学で学習の理論を統一する」のが本書の目論見です。

 著者は高校の先生から大学の先生になった人のようで、理科で工夫を凝らした授業をした様子が描かれていて、こんな先生だったら生物学が好きになっただろうな、と思いました。

 すごく説得力があり、勉強になりました。

 次回以降少しメモします(時間があれば)。

| | TrackBack (0)

October 06, 2018

日本トランスパーソナル学会で発表

 10月4日(木)は山梨県北杜市役所に行き、「ゲートキーパー養成研修」を行いました。国の自殺対策の一環として、身近な人の心をサポートする「ゲートキーパー」というアイデアで、一般の人に自殺予防、メンタルヘルスの啓発をするという事業です。現在日本各地の自治体で、地域住民や企業などで研修が行われているはずです。なぜか私は県内のいくつかの市町村から依頼されて、講師として出向いています。

 この日は2回に分けて、延べ約200人の職員の方が参加しました。私としては、同じ話を2コマ続けてしたわけで、少々疲れました。

 そんな堅気の仕事をしながら、1週間後、少し変わったところで発表をします。

 日本トランスパーソナル学会です。

 堅気じゃないと言ったら怒られるか。

 日本トランスパーソナル学会第13回大会 世界を変えるたった一つの方法~自己変容から世界変容へ で発表するのです。

 会長で大会委員長は、ロジャーズやフランクルなどの著書で心理臨床界ではビッグネームの諸富祥彦先生(明治大学教授)。

 日時は、

 2018年10月14日(日)午前10時過ぎ
 明治大学御茶ノ水キャンパス1011教室(メイン会場)

 発表内容は、

 渡辺真輝子、深沢孝之「古神道の祓い・鎮魂による意識進化論について~公という自己超越の視点」

 今回は自分のいつもの仕事場の所属ではなく、七沢研究所の研究顧問という立場です。実はしばらく前から、宮中祭祀を明治まで司ってきた白川神道を継承し、各種健康・教育・環境事業を展開する七沢研究所の研究に協力していたのです。

 そこは大変ユニークな研究所で、一体どんなところか、私はそこで何をやっているのかは、追々、ここでもお伝えするつもりです。

 正確に言うと今回私は共同研究者ということで、当日の発表者ではないのですが、もちろん会場にいる予定です。

 私たちの発表の後には、著名な占星術師でマスコミ等で活躍しながら、ユング心理学の研究もしている鏡リュウジさんが発表するようですね。鏡さんは昨年だったか、日本心理臨床学会の会報誌『心理臨床の広場』の巻頭対談に登場していましたから、目にした学会員、臨床心理士の先生も多いでしょう。私も実物を見られるのが楽しみです。

 私は若い頃トランスパーソナル心理学に関心を持ったことはありましたが、普通の臨床現場にいたために、まったく同学会や関連の活動にかかわったことがありませんでした。今回発表のために、初めて入会しました。だから正直、様子がよくわかりません。

 日本トランスパーソナル学会としても、これまでケン・ウィルバーの理論とかユング心理学がベースで、仏教や瞑想は取り上げたでしょうが、古神道は初めてではないかと推測します。少なくとも白川神道は初めてでしょう(神道にもいろいろあるんですよ〉。これまでのトランスパーソナル心理学とはまったく違う文脈なので、まるで乗り込んでいくような感じになりますが、果たしてどうなることやら。

 私自身も、これまでアドラー派心理臨床家、中国武術家として売り出して(?)来ましたが、今回初めて神道家としてカミングアウトすることになります。知らなかったでしょ。こちらも果たしてどうなることやら・・・。

 関心のある方、是非ご参加ください。

| | TrackBack (0)

October 02, 2018

ワークマンでカンフーシューズ

 作業服で知られるワークマンが新機軸を打ち出して、売り上げがどんどん伸びているといいます。

 安くて丈夫、機能的な品質がアウトドアを好む人たちに受けているらしいです。アウトドア用品も専門店は高いですからね。

 作業服の「ワークマン」が始めた新業態に若い女性が殺到する理由

 実は私も長いことワークマンのお世話になっています。

 もちろんカウンセリングで作業服というわけにはいきませんが、中国武術の稽古時に履いている靴はいつもワークマンで購入しています。

 足袋靴とか作業靴とよばれるものです。

 こんなの とか こんなの

 カンフー映画とかで見る中国製の布靴は「カンフーシューズ」という名で靴の量販店や中国物産店で売られていますが、安いけど滑りやすく壊れやすかったり、底が薄くて履き心地があまりよくありません。

 その点この靴は滑りにくく、底の厚さもちょうど良いです。

 特に歩きながら急ブレーキをかけるような身体操作の形意拳にはうってつけでしょう。
 舞台で表演する太極拳家がよく履く革製のカンフーシューズは値段が高めだし、屋内スポーツ用の靴もあまり中国武術には合わないのですね。この作業靴は実にリーズナブルで実用的、実戦的です。
 おまけに、実際に作業する時にももちろん重宝します。先日ある修理でこの靴を履いて実家の屋根に上って瓦の上を歩いたら、さすが、全然滑らず具合よく歩けました。鳶職の方の気分になれましたね。
 お勧めです。

| | TrackBack (0)

September 28, 2018

『やさしいトランス療法』

 昨日27日(木)は講師ダブルヘッダー、お昼ごろは、山梨市立南中学校で「薬物乱用防止教室」、夕方は甲府刑務所で受刑者ではなく、職員の方々に「働く人のメンタルヘルス」の講義。まったく毛色の違う聞き手で、テーマも違いましたが、その違いも面白く感じられました。

 中学では生徒代表からお礼の言葉を言われ、刑務所ではピシッと規律正しい挨拶をいただきました。

 さて、最近読んだ本です。

 中島央『やさしいトランス療法』(遠見書房)

 著者の中島先生はブリーフサイコセラピー学会などでお見かけする精神科医の先生ですが、エリクソン催眠の達人として関係者の間ではつとに知られています。その先生の臨床の様子、催眠療法の自然な在り方が説かれています。

 ただ「入門」というのが的確かは、何とも言えませんね。催眠を多少でもかじった人なら「なるほどね~」と思えると思いますが、普通のカウンセリングしか知らない人には訳が分からないかもしれません。

 通読して、「催眠にかける/かけられる」というのではなく、クライエントだけでなくこちらもトランスに入り、観察と連想を繰り返してつなげていくことで、二人の周囲にトランスを漂わせるかのようになることを実践されているのかと思いました。

 私も最近、明確に言語化、意識化するというより、クライエントの語りをトランスという視点から見るようになり、自分の意識状態も感じながら発言するようにしています。中島先生のやり方より、ずっと中途半端だと思いますが、なんか、面接がよりスムーズになっているような気がします。

 それともトランスというより、ただ私がボケっとしているだけなのか。

 エリクソン催眠はやっぱりすごい。トライしてみる価値はありそうです。

| | TrackBack (0)

September 24, 2018

『マンマミーア! ヒア・ウィー・ゴー』を観た

 連休はカウンセリングの間に実家に帰って先祖供養をしたり、原稿を書いて過ごしました。

 そして時間の空いた時に、映画「マンマミー! ヒア・ウィー・ゴー」を観に行きました。全編アバの音楽で構成された楽しいミュージカルです。

 実は私、中学時代アバの大ファンで、今は懐かしいLPレコードを何枚も持っていました。私より上の世代はビートルズで英語を覚えた人が多かったかもしれませんが、私はアバでしたね。アバはその後の洋楽人生の入口でした。

 だからもちろん、前作の「マンマミーア!」も観ていて、舞台のギリシアの美しい景色やメリル・ストリープやアマンダ・セイフライドらの美しく明るい女優陣、「3人のパパ候補」たちがとても魅力的でした。10年たって彼らが帰ってくると聞いて、絶対行こうと思っていたのです。

 内容は書きませんが、とても感動的で楽しい映画でした。前作の登場人物たちの若い頃を演じた新しい若い俳優陣も魅力的でした。

 同世代の方々、是非ご覧ください。懐かしい気持ちいっぱいになれますよ。

| | TrackBack (0)

September 21, 2018

『催眠トランス空間論と心理療法』

 9月は割と研修講師が多くて、13日(金)は山梨県南アルプス市にあるケアプランいなみで、ケアマネジャーなど約15人にメンタルヘルスの話をしました。

 さて、最近読了した本です。催眠に関心のある方は必読です。

 松木繁『催眠トランス空間論と心理療法 セラピストの職人技を学ぶ』(遠見書房)

 といっても臨床心理士やカウンセラーにどれくらい催眠に興味を持つ人がいるかわかりませんし、そう軽々と学び、身につけられるものではありませんが、実力をつけるには、催眠をやるやらないは別として、知っておくべきだと私は思っています。

 年末には公認心理師が世に大量に生まれます。心理の基礎資格として、多くの人が持つことになります。これからは心理職サバイバルの時代になると思います。そうなれば、逆に専門性が問われ、どれだけの付加価値をその人が持っているかが問われるようになるかもしれません。

 その時、変にスピリチュアルではない「正当な催眠がわかる、できる」というのは、いいかもしれませんよ。

「催眠は心理療法の打ち出の小槌」と言われています。いろいろな心理療法との組み合わせも可能です。催眠精神分析、催眠認知行動療法というのも既にあるらしいです。

 そこで本書ですが、日本で催眠療法の第一人者である著者が、催眠の本質を独自の「トランス空間論」として説明しています。では、それは何かというと、難解というわけではないのですが、ここでの要約が大変なので本書を見てください。

 実は「催眠とは何か?」というのはいまだに解けない難問で、「状態論」とか「非状態論」とか、世界中で議論が戦わされてきました。著者はそこに一定の視点を与えようと挑んでいると思います。

 本書でさらに面白いのは、後半にやはり一流の催眠療法家や心理療法家が次々と出てきて、自らの方法論と「松木理論」との対話を寄稿しているところです。私も存じ上げている先生が何人もいます。

 その中に、アドラー仲間で共に活動している八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)もいます。だからアドラーも出てきますよ。

 なんか名人たちの面接室の楽屋裏(?)を覗いているみたいで、そこも大変面白かったです。

 玄人向けですが、是非どうぞ。

 

 

| | TrackBack (0)

September 17, 2018

『J‐マインドフルネス入門』

 マインドフルネスブームの中に一石を投じながらも、臨床的にも面白い本です。

 山田秀世著『J‐マインドフルネス入門』(星和書店)

 マインドフルネスといっても本書は、仏教瞑想をベースにしたマインドフルネス瞑想ではなく、そのエッセンスは既に森田療法にあったことを主張しています。

 既にマインドフルネス瞑想と森田療法の共通性は専門家の間で認識されていて、何年か前に関係団体間でシンポジウムなどは開かれたこともありました。

 著者の山田先生は、

 でも、その本質的な側面(マインドフルネスのこと=ブログ主注)、つまり「今ここの体験を重視して、それを評価することなく、そのあるがままに受容していく」という方法や態度は、実は日本固有の治療法である森田療法の核心をなす部分にほかなりません。

 森田療法は、不安や症状と闘ったり排除しようとする姿勢をよしとせずに、それらを“あるがまま”にうっちゃっておくことを特徴としています。 p1

 と説明しています。

 マインドフルネスは本質的にはある心的態度であり、瞑想はそのための一つの手段に過ぎないわけですから、確かに十分に考えられることです。

 本書は森田療法のエッセンスと、ストレスマネジメントに役立つ簡単なテクニックの解説が、森田療法の達人で、日本笑い学会員でもある山田先生ならではの軽妙な筆致で説かれています。臨床家にも、一般の方にも役立つと思います。

 私は先月参加した日本ブリーフサイコセラピー学会京都大会の書籍コーナーで本書を見つけて早速購入し、参加していた山田先生にお会いしてサインをいただきました。

 しかも前々記事で書いたように、私はヒューマン・ギルドで山田先生の森田療法のワークショップに出たことがあったので、先日受けた公認心理試験になんと森田療法が出題されたのを見て、(そこだけは)「やった!」と思いましたね。 国試受験

 けっこう恩を受けています。

 そうそう、森田正馬とアルフレッド・アドラーはほとんど同時代人です。山田先生もこの二人の思想に出会って精神科医を志したと、紹介欄に書いています。マインドフルネスだけでなく、森田療法とアドラー心理学も共通性の高さが認められます。

 この二つはこれからも要注目ですよ。

 

| | TrackBack (0)

«『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』