April 25, 2017

『空手と太極拳でマインドフルネス』

 武道を心理学的に語る時に、いまや格好の概念があります。
 
 最近注目のマインドフルネスです。
 
 糸東流空手道と楊式太極拳を会得した気鋭の心理学者が、「大人の武道修行者」のために書いた本が、
 
 
 著者のメッセージは一貫しています。
 
 武術を通してマインドフルネスに至る道こそが「武道」である
 ということです。
 
 武道による精神修養効果は、昔から武道指導者、修行者からさんざん言われていることで、だから体育必修化の根拠にもなったわけですが、それがどんな内実を持つかについては、明確ではありませんでした。よく言えば自由に言い放題だったわけですが、多分に根性論、印象論の域を出ませんでした。
 あるいは知的な人は、内田樹先生のように思想的に武道を語るというのはありました。古くは弁証法の空手家・南郷継正なんて人もいましたね。
 
 でも心理学を応用した武道論はあまりなくて、一部の武道家が、精神分析学の防衛機制とかを用いているのを見たことがありますが、、それらは武道の効果のある一面を切り出しただけで、「武道体験」自体には届いていなかったと思います。
 それが、マインドフルネスとフローという概念が出てきて、割といい線いっている表現が可能になりました。ちなみに本書ではマインドフルネスとフローの違いも説明されています。
 
 著者が推すのはフローではなくて、マインドフルネスで、武道は本来何を体験するところか、何を目指すべきがマインドフルネスで明確にできると主張しています。
 これが今の心理学のパラダイムで説明できる武道の最先端だと思います。
 
 

| | TrackBack (0)

April 22, 2017

『Number』誌にアドラー心理学特集!

 日本の代表的なスポーツ誌『Number 925号』(文藝春秋)で、アドラー心理学特集です。
 
「スポーツ 嫌われる勇気」というテーマ。
 
『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の共著者、古賀史健さんが、ラグビー日本代表元監督・エディー・ジョーンズさんにインタビュー、岸見一郎先生はボクシング日本代表、ロンドン五輪金メダルの村田諒太さんと対談しています。
 
 そして、小平奈緒選手(スピードスケート)や田中志朗選手(ラグビー日本代表)らのインタビュー、イチロー、本田圭佑、松井秀喜選手、栗山英樹監督らをアドラー心理学的視点から解説するという記事が並んでいます。
 
 いまやアドラー心理学は、いろいろな分野で語られていますが、スポーツでこれほどストレートに扱われるのは初めてではないでしょうか。アメリカでアドラー心理学を修めた平本あきおさんや梶野真さんとかが、一部の選手へのコーチングをしていましたが、スポーツ評論で語られたことはなかったと思います。こう来るか、と少し驚きました。
 
 エディー・ジョーンズさんはアドラー心理学を特に学んだことはなかったのですが、インタビューで古賀さんの話を聞いて、「素晴らしい。完全に同意します」と答えています。
 
 縦社会の代表のようなスポーツ界で、アドラー心理学がこのように取り上げられるのは、今後かなりのインパクトを与える可能性があります。
 
 スポーツ関係者は是非、お読みください。
 

| | TrackBack (0)

April 19, 2017

映画『スノーデン』を観た

 一部で話題となりながらもメジャーな映画館で上映させてもらえない『スノーデン』を観てきました。笛吹市のテアトル石和という小さな映画館です。
 
 オリバー・ストーン監督作品、『ブラトーン』や『JFK』で知られる社会派名監督ですが、本作はハリウッドの映画会社みんなに出資を断られた苦労作のようです。それだけやばさがハンパないはずと期待して行きましたが、十分に応えてくれるものでした。
 アメリカが極秘に構築した個人情報収取プログラムはテロリストだけでなく、民間企業や個人におよび、日本を含む同盟国まで対象になっていた驚愕の事実。
 この恐ろしい現実に危機感を募らせたスノーデンは、自由な世界を願い、たったひとりで国家権力に立ち向う決意を固めていく。
 また、長年にわたってスノーデンのパートナーとして寄り添うリンゼイ・ミルズとのきずなも描かれ、観る者の胸を締めつける。  (パンフレットより)
 スノーデンの人生を克明に追いながら、CIAやNSAの内部の様子が、おそらく丁寧な考証の下に再現されているのでしょう、すごくリアリティーがあって興味深かったです。スノーデンは2009年ごろ横田基地にもいたのですね。富士山に登る予定の前日、恋人と喧嘩して行けなくなった、なんてエピソードもあります。
 
 既に報道されているように、アメリカはテロリストだけでなく自国民の個人情報も無断で収集し、世界中に監視網を作っていて、さらに驚くべきは、日本ではもし日本が同盟国でなくなったときに作動させる「スリーパー・プログラム」が仕掛けられていて、通信網やダム、交通機関をダウンさせることができるとスノーデンが暴露していることです。「裏切るなよ」と脅迫されているようなものです。何が日米同盟は対等なパートナーだ、という感じです。
 
 オリバー・ストーン監督も日本について聞かれて、「僕は、彼が語ったことはすべて事実だと考えている」「僕は日本にはまだ主権がないのだという印象を持っている」とまで言っています。多分本当でしょう。
 
 こういうことは当然トップリーダーたちは知っていて、小沢一郎や鳩山由紀夫は何とかその軛を脱しようとしてつぶされ、安倍首相は尻尾を振っているのでしょう
 
 ただ、オリバー・ストーン監督にしてもスノーデンにしても、上から抑えつけられればすぐに従順になってしまう日本人と違って、必ず気骨のある人が現れるところが、アメリカにまだ残っている良さかもしれません。
 その点で、二人やスノーデンを支えたジャーナリストたちは、国家に逆らってもより広い共同体のために動いたということで、共同体感覚と勇気のある人たちだと言っていいでしょう。
 
 とにかく、権力側は監視しようと思えば、誰に対しても、何にでもできるということがわかりました。私もされているかも。
 なんて気にしすぎるとパラノイアックな妄想になりそうですが、いつでも監視され得ることは現代人の社会常識として知っておきましょう。
 
 対策として、権力に目をつけられないような悪いことをしない、という優等生みたいなのはダメです。
 我々はどうせ、なんか偽善的な面、都合の悪いこと、恥ずかしいものは持っているものです。だからなんかバレても気にしない。
 
 大体政府や権力者の悪口が言えないなんて、メンタルヘルスの専門家としてはよろしくないと言いたい。
 その点、オリバー・ストーン監督の姿勢がリスク・コントロールとしていいですね(笑)。
(引用開始)
――これまでの社会的問題を扱う作風もあり、さらに今回のような作品を作ったことで、監督自身が監視対象になっていることを意識したことはないか。

僕はこれまでドラッグや女や酒、やれることは何でもやってきた(笑)。ただし、それを隠してこなかった。だから偽善はないし、監視する側が暴こうと思うのは偽善であったり隠していることだから、その点では僕は安心だ(笑)。まあ、監視されてはいると思うが。

(引用終了)

 山梨の上映は明日(20日)までですよ。

| | TrackBack (0)

April 18, 2017

『アドラー臨床心理学入門』買えます!

 長らくAmazonで在庫がなかった『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)が、購入できるようです。
 
 増刷になったということだと思います。
 
「通常2~5週間以内に発送します」とあるので、配送センターに在庫がなく仕入れ先から取り寄せる、ということみたいです。
 
 何にせよ、買えるようになったのでよかったです。
 
 アドラー心理学によるカウンセリング、心理療法の基本テキストとして、是非手に取ってみてください。
 
 

| | TrackBack (0)

April 15, 2017

コンテキスト、プロセス、コンテンツ

 前回に続き、 『吉福伸逸の言葉』(コスモス・ライブラリー)より、メモします。
 吉福さんはセラピーを3つの要素から考えて、実践していました。
 
 コンテキスト、プロセス、コンテンツです。
 
 コンテキストはセラピストが作る場、雰囲気です。
 コンテンツはクライエント、セラピーの参加者がセラピーの場で表すもので、内容は十人十色です。
 吉福さんはセラピーにおいて、セラピストがクライエントのコンテンツをあらかじめ決めておくのを禁じていました。それはあくまで本人が自発的に、自然に現すべきものと考えたのでしょう。
 
「吉福さんは、セラピストが唯一、クライエントに本格的に提供できるのはコンテキストだけだと断言しています。 p41」
 
 ではそのコンテキストは何かというと、一般にはセラピストとクライエントの関係性やセラピストの志向する心理学的理論だと思いますが、吉福さんは究極のところ、セラピストの人間観、世界観のようなもので、いうならばセラピストの「人間の器」としかいいようがないものであると考えていました。それが、暗黙にクライエントに強い影響を与えているとしていたようです。
(引用開始)
 例えば、セラピストが怒りとはよくないものだと考えていたとします。するとそのセラピーの場では怒りというものが出てきにくくなります。セラピストが怒りというものに十分向き合っていない場合、セラピーの現場に怒りが出てきたとき、十分に対応することができません。セラピストの限界がそのままセラピーの現場に出てきてしまいます。 p41
(引用終わり)
 これは本当にそうだと思います。いわゆる苦手な人、苦手な問題、苦手な関係性はセラピストならみんな多かれ少なかれあると思います。
 
「セラピストの人間存在そのものがコンテキストなのです。 p42」
 
 そして、セラピーで最重要なのがプロセスです。
 
「プロセスとは、一言で言えば、セラピーの現場で起きるすべてのことです。
 濃密なコンテキストの内側で起きることは、ポジティブなことであれネガティブなことであれ、何らかの治癒的な経過の一つだと考えられます。 p46」
 
 プロセスはその人の自然治癒の経過そのものと吉福さんは考えるので、セラピーでは徹底してそのプロセスを信頼していきます。
(引用開始)
「コンテキストを提供することによって、参加者が、何が起こってこようと恐怖感や拒絶感なしにそれに触れていくことができるような状況を作るのが、セラピストに先ず要求される役割です」と吉福さんは言います。
 実際にはセラピストが用意したゲームや作業を通して、プロセスが起こり始めます。
 大切なことは、それら発言するさまざまな症状(プロセス)に対して、決めつけたり判断したりしないということです。  p47
(引用終わり)
 とにかくそのプロセスをクライエントや参加者がしっかり体験できるように、セラピストはその場にい続ける、という感じだと思います。
 この認識論からは、いわゆる病理論や診断行為は吹っ飛んでいます。
 
 具体的に吉福さんがどのようにプロセスを扱ったかは、本書に印象的なエピソードがいくつもあります。
 私も見たことがありますが、本当に解釈とか説明とかはなく、ただその場で必要なワークは提示して、そこで起こることをできるだけ表に出させようとしているのを側で見届けているように見えました。
 参加者は時に激しい反応を示したのですが、当時私は参加者としてそれを見て、人はこんな風になっても大丈夫なんだと、妙に納得した覚えがあります。以後、多少のことではビビらなくなったのは良かったかもしれません。
 
 もしそんな吉福さんがご存命で、最近の心理療法界をどう見るか聞いたとしたら、「型にはまりすぎている」、「人を本当の意味で自由にしていない」、と一喝するかもしれません。
 
 プロセスを信頼しきるとは、もしその人に症状やトラウマなるものがあったとしても、あくまで大切なのは、それを含めた生命としての治癒プロセスであり、それを促進させよ、ということでしょう。例えばトラウマがあって、過去に何があったかわかったり、脳科学的に脳がどうなっているかがわかったとしても、それはトラウマの原因でも本質でもなく、単なるプロセスに過ぎない、という風に考えたかもしれません。
 
 過激に聞こえるでしょうか。
 
 科学としての心理学は「行動の予測と制御」ですから、「予想するな、制御するな」というのは真逆かもしれせん。
 
 ただ、大きな枠組みでは、制御というか、ワークによって流れを作り、落ち着くところに落ち着くはずだという予測(信頼)はしていたといえるかもしれません。対象としている時間軸が普通のセラピストより長かったとも考えられます。
 また、吉福さんは行動科学としての心理学を否定していたわけではなかったことも念のため記しておきます。本書でも吉福さんは、「9割は認知行動療法で対応できる」と言っていたとあります。
 これは吉福さんが元々、「人間は機械である」という認識論をベースにした20世紀最大の神秘思想家、グルジェフをベースにしていたことがあったと私は推測しています。グルジェフについては、長くなるのでもうここでは言いませんが。
 
 とにかく、是非答えをうかがってみたかったです。
 
 

| | TrackBack (0)

April 13, 2017

『吉福伸逸の言葉』

 私にとっては個人的な思い出がわいてくる本です。
 
 80年代、日本にトランスパーソナル心理学、ニューエイジ運動を紹介した立役者、2013年に亡くなった吉福伸逸さんの言葉をお弟子さんたちが集めた追悼本といえます。
 
 
 
 
「吉福さんは、ニューエイジ、ニューサイエンス、トランスパーソナル心理学といった、1970年代にアメリカで起こった新しい思想、学問分野を日本へ最初にもたらした立役者です。
 現在、日本で心理療法、ボディワーク、スピリチュアリティ、エコロジー、ホリスティック医療といった分野で第一人者として活躍している方々の多くが、1980年代に吉福さんの影響を受けています。 p2」
 
 といっても最近の臨床心理士、カウンセラーはその名を知らない人が多いのではないかと思います。吉福さん自身も確かに卓越したセラピストではありましたが、別に学者でもなかったし、何かの資格があるわけではなりませんでした。対外的には翻訳家という感じでした。
 しかし、その語学力と人脈、何より圧倒的な存在感で、80年代の精神世界の渦の中心であったのは間違いありません。
 
 吉福さんは当時玉石混交のニューエイジ運動の「玉」の部分だけを抽出し、翻訳して日本に紹介し、ワークショップを展開し、当時流行していたフランス現代思想に対して「アメリカ現代思想」として、対峙させていました。
 特に物理学者のフリッチョフ・カプラ、トランスパーソナル心理学の論客、天才ケン・ウィルバーの翻訳は大きな功績でした。
 
 その中で、ユング派の泰斗、河合隼雄先生もトランスパーソナル心理学に関心を示すようになり、共編著も出しました(『宇宙意識への接近』(春秋社)。河合先生も、『宗教と科学の接近』(岩波書店)という、トランスパーソナル心理学に共感を示す本を出したりしました。
 
 私は大学生時代、サークルの先輩に吉福さんを紹介されて、ある種「衝撃」を受け、学び始めました。
 ないお金をかき集めて吉福さんの講座やワークショップに足しげく参加していました。
 その結果…大学の心理学に関心が薄れ、劣等生になってしまいました(笑)。
 
 吉福さんは、最近主流の「心の治療」のための心理療法ではなく、「自己成長」のための心理療法を極限まで目指していたと思います。統合失調症のような精神病でさえ、けして「病理」ではなく、「成長」の契機ととらえることを主張されて、統合失調症を治さない、症状のプロセスに任せるという前衛的な運動もしていました。
 
 本書にもありますが、若い頃ジャズミュージシャンだった吉福さんは、ワークショップやグループセラピーでは前もって段取りを決めることがなく、あくまで即興的に、その場でやることを決めていたようです。本書によれば、 「プロセスを徹底的に信頼する」という姿勢だったそうです。
 参加者たちを観察し、その場を感じ取って動き、出来合いのプログラムをそのまま実行するということは絶対にありませんでした。そのための方法として、ブリージングといって一種の過呼吸を意識的に長時間続けたり、サイコドラマをしたり、ボディーワークをしたり、意識変容をおこすためにいろいろやっていました。
 
 一度、合宿式のワークショップで、高名な中国武術家・松田隆智先生を呼んで(吉福さんと友だちだったそうです)、形意拳のワークをしたこともありました。私はもう形意拳を習ってたから難なくできたけど、他の普通の参加者は大変だったもしれません。もちろん、みんな楽しんでました。
 
 とにかく今の心理療法にはない過激さがあった感じがします。最近はこういう心理療法を志向する人は、めっきりいなくなってしまいました。確かに日本人には刺激が強くて警戒されそうだし、即興的過ぎて普遍化、標準化はできないですからね。
 
 私は本書を読んで、吉福さんの、太くて厳しくて優しい声が聞こえてくる気がしました。
 
 キャラも能力も、今やっていることも全然違うし、結局同じような道を歩んだとはいえないけれど、やっぱり若い頃受けた影響は大きい、と本書を読んで感じました。無意識のうちに吉福さんの考え方や、やっていたことをモデルにしている自分が多々あることに気づいたからです。
 
 もし吉福さんに出会っていなかったら、私は今頃、普通の心理学を研究している平凡な学者にでもなっていたかもしれません。よかったのか悪かったのかわからないけど。
 
 本書を見て、吉福さんのお弟子さんたちが、その後を継いで頑張ってくれているようで、心強い思いもしました。トランスパーソナル心理学も近いうちに学び直してみたいと思います。
「普通の心理療法」にマインドフルネス瞑想が入る昨今、次に来るものの中に、トランスパーソナル心理学的なものへの再注目があるかもしれません。
 

| | TrackBack (0)

April 11, 2017

アドラー派のプレイセラピーがエビデンスあり

 アメリカでアドラー心理学に基づくプレイセラピーが、「エビデンスのある心理療法」の一つに認定されたという情報が入りました。
 
 
 このプログラムは、子どもが非建設的な行動から建設的な行動に移れること、他者とつながる力を養ったり、自信や共同体感覚(Social Interest)を高めたり、自分や他者に対する破壊的な信念を調整したり、等々を目指しているとのことです。
 
 プログラムを開発したのは、Terry Kottman さん。アドラー派のプレイセラピーの第一人者です。
 
 本ブログでも以前、著書を紹介しました。一時期、山梨の仲間とその読書会をしていたこともあります。
 
 思想的な側面が強いアドラー心理学の成果を科学的なエビデンスの形で出すのはなかなか難しいところですが、コットマンさんたちは臨床でも研究でも頑張っているようで素晴らしいです。
 
 私も20代、30代の児童相談所時代にプレイセラピーはしこたまやりました。アドラー心理学を特に意識したわけではなかったですが、勇気づけやライフスタイル論の視点はやはり有効だと確信していました。プレイセラピーを巡るキーワードには、「愛着」とか「抱えること」みたいな言説が多いと思いますが、これはそれらをさらに先に進める力があると思います。
 
 残念ながら私はプログラムという形は考えつかなかったですが、日本でも力のある人は是非トライしてほしいと思います。

| | TrackBack (0)

April 09, 2017

信玄公祭りを見てきた

 4月8日(土)は、春の山梨最大のイベント、「信玄公祭り」が甲府の中心部でありました。
 
 ギネスに載るほどの大規模な武者行列で有名で、毎年武田信玄は有名俳優が務めてきました(これまで渡哲也さんや宇津井健さん、藤岡弘さん、北村一輝さん、沢村一樹さんなどなど錚々たる面々、去年は陣内孝則さんでした)。
 
 私も若い頃公務員時代に「徴兵」されて、本陣隊に配属、信玄公役は辰巳拓郎さんでした。鎧兜を着て、御屋形様・辰巳さんの後をついて行進したことがあります。いい思い出です。
 今年は何と信玄公役に山梨県大月市出身の三遊亭小遊三さん、山本勘助役に林家三平さん、特別ゲストに林家木久扇さんという笑点の面々という変わり種キャストでした。
 
 それでは、と私のオフィスからは会場まで近いので、見に行ってきました。
 
Dsc_0140
 
 甲府駅前にたくさんのお馬さんが集合。小淵沢などの乗馬クラブの人たち、お馬さんたちのようです。たくさんの蹄の音を聞くとなんかワクワクしてきます。
 
Dsc_0145
 
 乗馬スタッフにはけっこう女子がいて、かっこよく乗りこなしていていいですね。このお馬さんたちは、これから武田24将らの大将が乗ることになります。
 そして「甲州軍団出陣」です。
 
Dsc_0162
 
真田信繫(幸村)の祖父、真田幸隆隊です。
 
Dsc_0158
 
 こんな感じで、各隊の行列が延々と続きます。
 
Dsc_0152
 
 設定は、上杉謙信が川中島へ侵攻してきたという知らせを受けての出陣ということですが、なぜか信玄公の母・大井夫人隊、正室・三条夫人隊、側室・湖衣姫隊というのもあって、家族旅行みたいですね(笑)。女性中心の隊で華やかです。
 
 行列に参加するには一般公募もあって、全国の歴女、歴男が申込みに殺到するそうです。外国人留学生の隊もあって、まさに外人部隊。みんなとても楽しんでいる雰囲気でした。
 
 是非、皆様もお誘いあわせの上、ご参加ください。
 
Dsc_0170
 
 本陣の側に行ってみたら林家木久扇さんがいました。「特別ゲスト」って何だろう、落ち武者とか死体でもやったらおもしろいな、と思ってたら、なんと信玄公の影武者でした。
 
 女子アナが、「さあ、信玄公の影武者、林家木久扇さんの登場です!」と高らかにアナウンス、影武者の意味ないじゃん。
 
Dsc_0176
 
 そしたら「上杉の間者」が信玄公の本陣を急襲、チャンバラも演じられました。本格的な殺陣で、プロの方たちみたいです。
 結局、「なんだ影武者か」とバレて敵は逃げていきました。
 
Dsc_0184
 
 影武者の後は、山本勘助の林家三平さんが本陣に入りました。みんなボケずにマジでやってました。
 
Dsc_0186
 
 後半になってついに信玄・三遊亭小遊三さんが登場。各隊の出陣を見送ります。
 
 何万人なのか、たくさんの人が見に来ていました。軍団出陣のほかに、甲府市内のあちこちでイベントをやっています。甲府駅北口には特設舞台があって芸人が漫才をやっていたり、甲府城などでは露店もたくさん出ています。
 
Dsc_0147
 
 武田菱をあしらったランボルギーニが何台もありました。展示されているみたいです。
 
 何もかもが武田信玄絡み、山梨の春はこれで盛り上がります。
 

| | TrackBack (0)

April 06, 2017

『おしえて アドラー先生!』

 アドラー仲間で、何冊もご一緒させていただいた八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)が、小学生向けの本を出しました。
 
 
 先日先生にお会いした時に、できたてをいただきました。ありがとうございました。
 数あるアドラー本の中で、直接子どもを対象にしたものはあるようでありませんでした。これはその意味でも画期的ですね。
 
・なんとなく苦手な子、どうしたら好きになれるんだろう?
・友だちとけんかしちゃった。仲直りしたいけど
・自分だけ冷たくされている気がする・・・先生に嫌われているのかも
・友だちの輪にどうやったら入れるかな?
 
 などといったお悩みに、アドラー先生が答える感じになっていて、カラーでやさしいイラストが見ていて楽しいです。
 
 回答もさすが八巻先生らしく、明確だけど包容力があって読んでいて気持ちよく、背景にアドラー心理学だけでなくブリーフセラピーやナラティブ・セラピー、オープンダイアローグのエッセンスも入っているのがうかがえます。
 
 プレゼントでもいいし、授業の副読本や子どものカウンセリングなどでも使えると思います。
 
 是非、使ってみてください。
 

| | TrackBack (0)

April 04, 2017

100分de名著『人生論ノート』

 昨日(3日)からNHKEテレの『100分で名著』で、三木清の『人生論ノート』が始まりました。
 
 三木清は戦前、戦中の哲学者ですね。当時から戦後の若者に大きな影響を与えたとか。
 
 解説するのは岸見一郎先生、昨年のアドラーの『人生の意味の心理学』に続いての再登板です。岸見先生の思想のバックボーンにはアドラーだけではなく、三木清がいるんですね。
 
 私も高校時代、同書を読んだことはありました。2回ほど繰り返して読んだ記憶があるので、難しいけどなんか面白いと感じたのかもしれませんが、内容は全く覚えていません。岸見先生みたいに、深い影響を受けたということはないです。多分受験対策も兼ねて手を出してみたんでしょう。
 
 この差なんだなあ、と思ってしまいます(笑)。
 
 今月は、岸見先生の三木清を味わいたいと思います。
 
 実家の本棚にはまだこの本があるはずなので、読み直してみようかな。
 

| | TrackBack (0)

«『英語でたのしむ「アドラー心理学」』