« アドラー心理学の種4・劣等感 | Main | アドラー心理学の種5・勇気づけ »

June 24, 2005

僕の武道修行4・太極拳を習う

 20歳の秋、念願の太極拳を習い始めました。先ずは型から入るのですが、合気道をやっていたせいか、飲み込みは早いと先生から言われました。初めての稽古が終わった時、「君はきっといいところまでいくよ」とおっしゃって下さって、とてもうれしくて自信になりました。これで頭に乗って、続けることができたのかもしれません。僕って誉められて伸びるタイプだから(^_^)。

 ただ、ゆっくり動くし、別にアクロバット的な動きもないので、太極拳らしい動きは直にできるようになりましたが、それは中味のないただの器にすぎないことはすぐに思い知らされました。推手という、二人で手首を接触しながら押したり引いたりする、一種の組み手をすると、実力の差に愕然としました。こちらが押すとフワッといなされて自分は前方につんのめり、相手の突きは自分の胸にどかんと入ってきて後ろに吹っ飛ばされる。暖簾に腕押し、手も足も出ないとはまさにこのこと。合気道の転換技に似ていて、巧妙な技術なのはわかりましたが、あまりにも相手の感触がなくて、雲の中でもがいているみたい。一方的に先生や先輩にやられるので、不思議でなりませんでした。ガチンコというような戦いのイメージじゃないのですね。思わず「これが本当の太極拳か!」と感激しました。

 太極拳の型も、若い身体には物足りないかなと思ってましたが、低い姿勢で長時間(一通り終わるのに25分ぐらいもかかる長い型です)じっくりと動くと、最初太ももは痛くなるし、体はほてってきて汗が噴き出し、かなりの運動量なのが実感できました。それでもゆっくり動くので息は切れず、スッキリとした爽快感があるのです。今までにやったスポーツや運動とは、感覚が大分違っていて「おもしろいな」と思いました。

 やっていると一種の瞑想状態というか、軽いトランス状態というか、意識状態が変化することにも気づきました(普通の人は気づいていないと思いますが)。おまけに、これを習ってから頭がよくなったというか、集中力が確かに増したような感じもしていました(元々大したことないけど)。確かあの頃の売れっ子学者・栗本慎一郎氏の本で、「人類は直立二足歩行になって、大腿部への刺激が脳への良い刺激になって進化を促進した」ようなホントかウソかわからないことが書いてあったのを読んで、そのせいかもと一人合点をしていましたが。

 そんなで、強くなれて、気持ちよくて、心身の調子がよくなったりして、いいことづくめのような気がして、貧乏学生なので月謝のやりくりが大変でしたが、まじめに稽古を続ける日が続きました。その中で、自分の中の核になるようなところまで少しずつ、変わっていったような気がします。始めは身体が、そして認識のレベルまで・・・。

 それからは、太極拳修行を起点として関心がさらに広がっていって、トランスパーソナル心理学から気功法、東洋神秘思想、瞑想、哲学の身体論などにかぶれたりして、今の妖しい臨床心理士が誕生していったのです(その一方で現実的なアドラー心理学や行動科学なども大好きでやっているんだから、好奇心が旺盛というか、物好きというか、自分でもあきれてしまいます(*_*))。                           (続きます)

|

« アドラー心理学の種4・劣等感 | Main | アドラー心理学の種5・勇気づけ »

Comments

> 始めは身体が,そして認識のレベルまで・・・。
というのが,私なりによくわかります。
私はアド仙人さんと違って,ジムで普通にエクササイズしながら,身体のことを考えてきました。セラピー系のボディワークのワークショップには出るようにしていますが,むしろ自分が普通に身体を動かすなかで,自分の身体のあり方がよくわかったり,身体との意識的な付き合い方ができるようになりつつあるのを実感します。エアロビクスのインストラクターの話から,ヒントを得ることも多々あります。
それにしてもアド仙人さんの太極拳についての記事には,かなりそそられるものがありますね。美容と健康と頭に良さそうで,最高!という感じ。と書きつつ,私自身は,かなり心拍数を上げた有酸素運動が好みだったりもしますが。

Posted by: coping | June 26, 2005 07:15 PM

 僕も動くのが好きで、母親からはよく「糸の切れた凧」といわれてましたし、いろんなことに手を出すし、きっとADHD系かなと自己診断しております。太極拳なんて瞑想的なことしているから、落ち着いていると思われることもありますが、実は過剰な興奮を鎮静化させているのかも・・・。このブログも、まとまりがなくなって来つつある予感がします・・・。
 でも認知や感情だけでなく、身体の動きにも気づいていくことは、人を見る上でバランスが取れて良いことだと思うし、きっとお仕事にも役立っていますよね。
 お互い自分を労りながらがんばりましょう。

Posted by: アド仙人 | June 26, 2005 11:27 PM

アド仙人さまこんばんは(*^_^*)

アドラーも太極拳のことも興味深く読ませていただいています。とても、参考になります!!
これからも楽しみです♪

Posted by: アドママ | June 27, 2005 10:07 PM

 おお、アドママさん!いらしてくださって、ありがとう!
 お気づきとは思いますが、実は僕のハンドルネームは、アドママさんがヒントになったようなものですから(アドラー+武術や気功なので「仙人」、ついでに方向や変化を表す接頭語のadもかけたりして)、これからもよろしくご贔屓下さい。
 共に学び合い、アドラー心理学を盛り上げていきましょう。

Posted by: アド仙人 | June 28, 2005 12:27 AM

はじめまして。
子育てと自分育てに苦闘している者です。
興味深く読ませていただいております。
タイミングよく、地元で坂本州子さんの講演会があることを知りました。ちょうどこのブログを読み始まって興味がわいてきたところにその情報を得て、これも縁なのかなと思います。このブログに出会わなかったら、行こうとは思わなかったような気がしますから。
ありがとうございました。

Posted by: akino | July 01, 2005 09:28 PM

 akino様
 はじめまして、コメントありがとうございます。
 こんな内容でアドラー心理学に興味を持っていただいて、とてもうれしいです。話を聞いたら即解決、といったらいいですけど、かえっていろいろ疑問がわいたり、迷ったりすることもあるかもしれません。でも学んで損はないですから(^^)。
 何か感じることがあったら、何でもお寄せくださいね。
 これからもよろしくお願いします。

Posted by: アド仙人 | July 02, 2005 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕の武道修行4・太極拳を習う:

« アドラー心理学の種4・劣等感 | Main | アドラー心理学の種5・勇気づけ »