« スポーツチャンバラをやってみた | Main | 脳タイプなんだって »

November 07, 2005

転生願望:歴史人物編

「人間以外のものに生まれ変わるとしたら、何になりたいですか?」と聞く転生願望という質問技法があります。アドラー心理学のライフスタイル診断をするときに、その人の自己理想人生目標を探ったりするのによく使われます。心理テストというほどのものではない、ごく単純な質問ですが、けっこう答えに個性やバリエーションが出ておもしろいし、それを巡ってクライエントさんと楽しく話し合うネタにもなるので、割りと私はよく使います。

 経験では、中学生辺りの子だと「鳥」がすごく多いですね。理由を聞くと「飛べるから」「自由だから」とよく言います。やっぱり現状に窮屈というか、制限を超えて自由を求める気持ちは思春期らしいですね。また、さらに詳しく聞いていくと、鳥にも「タカ」や「インコ」「雀」とか全然違うイメージだったりして興味深いです。特に非行少年なんか基本的にエネルギーがあるから鳥とか獣が出やすいけど、乱暴なことばかりして問題視されていた子が意外にも「犬。室内犬。かわいがってもらえるから」と答えたのには驚きました。その子なりのいろんな思いがあるんだなあと改めて気づかされましたよ。また、引きこもり的な子からは「なまこ」とか「炬燵」なんて、自分には絶対思いつかないユニークなのが出てきたりして、その子らしくておもしろいなあと思うことがたくさんあります。

 ちなみに私は、迷うことなくです。武道が好きになるくらいだから強くなりたいのは昔からあったのですが、なぜか小さい頃からライオンでもティラノザウルスでもなく、虎なのです。タイガーマスクの影響かなあ。ライオンみたいに群れを作らず、森林の中を一人(一匹)孤高に生きていく無敵の強者、そしてあのきれいな縞模様と優美な動き。強さと孤独と美を兼ね備えた虎が大好きなのです。子どもと動物園に行っても、いつも虎の檻の前でうっとり見ています。虎には私の自己理想やライフスタイルがきっと反映されているのでしょう。きっと自分は、「虎だ、おまえは虎になるのだ!」と自己暗示的に言い聞かせてきた人生なのだ。ちなみにそのためか、阪神ファンです。

 みなさんはどうですか?

 そこでさらに考えてみました。私みたいに歴史好きのクライエントさんがもし来てくれたら、「歴史上の人物で、誰に生まれ変わりたいですか?」なんてどうかな?武田鉄矢だったら坂本龍馬、小泉首相なら織田信長でしょうね、文句なく。その人の究極の自己理想が出るかも。でも最近の子は歴史意識がまるでないから、使う機会はなさそうね・・・。まあ単に歴史談義で盛り上がりたいだけなのかもしれないけど。

 私の場合は、実は義経じゃなくて(前世で経験済み?)、何といっても真田幸村と島津義弘なのです。信長、家康なんてとんでもない、って感じで、武田信玄や宮本武蔵は好きだけど、それほど入れ込んでないのね。真田幸村は伝説的人物なのでご存じの方も多いでしょう。父昌幸と上田城にこもって徳川軍を二度も撃退し、大阪の陣でも冬は真田丸で存在感を示し、最後の夏の陣では家康本陣に突進して、あわやというところまで家康を追いつめながら力尽きて討たれたのでしたね。忍者ものでお馴染み、昔からのヒーローです。島津義弘は、関ヶ原の戦いで少数ながら西軍について、西軍が小早川秀明の裏切りで総崩れになった時に、唯一家康本陣への決死の中央突破を敢行して、大いに武威を示しながら薩摩へ逃げきることに成功し(「島津の退き口」と呼ばれます)、さらにその後西軍の武将たちはみんな家康によって領地を没収されたり減封になったのに、島津だけは武力と政治力を示しながら自己の領土を守りきったのでした。

 二人に共通するのは、限りなく強くてクレバー、少数を持って多勢にぶつかり、筋を通しながら、名も実も取るしたたかさ(真田は幸村が武名を上げ、兄信之が徳川について幕末まで家名を保ったのでした)を兼ね備えていることです(事実はどうだったかはわかりませんよ。あくまで私がこしらえた「物語」かもしれません。それでいいのです)。こんな風に生きたいなあ。

 あなたは誰がいい?

|

« スポーツチャンバラをやってみた | Main | 脳タイプなんだって »

Comments

 武田惣角・・・とか言いたいところですが、かなり変った方だったようで・・。
 私は昔見た「独眼竜政宗」の影響か「伊達政宗」が一番好きです。ゲーム信長の野望でもいつも政宗でプレイしてました。
ちょっと生まれてきた時代が遅かった、悲劇の人物ですが。天然痘にはかかりたくないですけど(笑)
 あとは幕末ファンとしては「土方歳三」ですね。もともと武士ではない彼がのし上がっていくところは魅力です。五稜郭で討ち死にはさびしいけど。

Posted by: Dr.バサラ | November 08, 2005 at 08:51 AM

 Dr.バサラさんもなかなか反骨精神、気骨のある人がお好きなようですね。僕から見ても、伊達政宗は奥が深い人物だし、土方歳三はすがすがしい男って感じかな。お互い武道家でもありますからやはり「強さ」にはあこがれますよね。
 自分の思いを歴史に託して、いろいろな想像をしていくのって楽しいです。歴史に「もしも・・・だったら」って仮定しながら思考するのは大事なことだという学者さんも最近はいます(内田樹さんという思想家で合気道家です)から、どんどん妄想を膨らませましょう。

Posted by: アド仙人 | November 08, 2005 at 11:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/6947850

Listed below are links to weblogs that reference 転生願望:歴史人物編:

« スポーツチャンバラをやってみた | Main | 脳タイプなんだって »