« 描写することと治すこと | Main | 臨床心理士を巡る違和感分析 »

December 26, 2005

稽古納め

 昨夜今年最後の中国武術の稽古会をしました。終了後、何人かの生徒さんたちとファミレスで打ち上げ。甲府市南部の小瀬という町で、国道20号沿いとはいえ車でしか来られない場所なためお酒を飲めないのが残念でしたが、普段なかなかできないいろいろな話ができて楽しかったです。

 生徒さんに当会にたどり着くまでのいきさつをうかがうと、長年いろいろな武道情報を検索、調査した末にいらっしゃった方、フルコンタクト空手をしながらさらなる実力の向上を求めて来た方、健康のために太極拳教室を探していた方などそれぞれで、みなさんのいろんな側面を知ることができました。
 来年もがんばって下さいね。

 私はというと、あまり稽古ができなくて目立った進歩はなかったな(>_<)、残念。貧乏暇なしで東京の本部道場の専門クラスにも参加できず、型があまり進まなかったのも残念。ちょっと停滞の一年でした。ブログばっかりやってたのがいけないんだな(もろ他責的)。
 でも週1、2回は甲府の稽古会で生徒さんと組んだり、型をやったりしていたので、力は落ちなかったと思うけど。
 先生はこんなだけど、生徒さんは確実に強くなっていて、特に本部に紹介した三人の生徒さんはかなりのレベルに達してるのが師としてはうれしかったです。

 私がやっている柔拳は40、50代以降も強さが維持でき、さらに向上できるものですが、やっぱ練習しなきゃね。
 来年は站椿(気功)や八卦掌の走圏(ひたすら円周上を歩く基礎訓練)をみっちりやり込んで、もっと強くなるぞ!(捕らぬ狸)

|

« 描写することと治すこと | Main | 臨床心理士を巡る違和感分析 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 稽古納め:

« 描写することと治すこと | Main | 臨床心理士を巡る違和感分析 »