« 推手を学ぶ | Main | カウンターをつけてみた、そしてご挨拶 »

October 09, 2006

勉強の秋

 最近気温差が激しくて体調がスッキリしません。連休は読書といきたいものです。

 しかし夏休みや学会の余波で金欠病なので、積んでおいた本や図書館でまとめて借りたものを読んでいました。

「行動療法」山上敏子著、岩崎学術出版社。
「森・黒沢のワークショップで学ぶ解決志向ブリーフセラピー」森俊夫、黒沢幸子著、ほんの森出版
 職場の心理職の勉強会に役立つかなあと手に取りました。前者は主に医療畑の行動療法の状況の理解に、後者は、そのまま使えますね。今度みんなでやってみよう。

「ガイドブック子どもを学校復帰させる方法」河合伊六著、ナカニシヤ出版。
「危ない精神分析-マインドハッカーたちの詐術」矢幡洋著、亜紀書房。
 いずれレビューしたいのですが、前者は行動療法に基づいた実践法、タイトルにやや難ありですが、率直で意気込みはよくわかります。方向性は大賛成。
 後者は、トラウマの記憶回復療法、とりわけ名著とされた「心的外傷と回復」(中井久夫さんが訳された)のジュディス・ハーマンらへの告発的書。私もハーマンの本は、出たとき読んで「トンデモ本だ」と思ったものですから、基本的に納得できました。

 最後の休みの今日は、東京大学安田講堂へ行きました。久しぶりの母校(嘘)。

Todai 「心理専門職に関する国際シンポジウム」にポイント稼ぎのために、いや、資格問題の勉強のために出席しました。
 なかなかおもしろかったですよ、いろんなことを考えましたが、ビミョーな問題なので、またいつか感想共々何かアップしましょう。

 というわけで、中身はないのですが、爽やかな秋の日々をインドアで過ごしちまったというわけです。

|

« 推手を学ぶ | Main | カウンターをつけてみた、そしてご挨拶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勉強の秋:

« 推手を学ぶ | Main | カウンターをつけてみた、そしてご挨拶 »