« 「子どもを学校復帰させる方法」 | Main | 「危ない精神分析」 »

October 15, 2006

ううタイプ

 14日夜のTBS系列「人間!これでいいのだ芸能人丸裸スペシャル”うさうさ脳”で本当の性格&相性がわかる」観ました?
 性格なんて信じない、なんて日頃いいながら、この手の番組けっこう遊べて私好きです。

 指組みと腕組みをして、それぞれ左右どちらの手が下になっているかで、性格がわかるのだそうです。

(1)右脳左脳~手と腕の組み方で本当の性格が分かる

 手の指を組んだとき、親指が下にくるのは右、左?腕組みしたとき、手首が下にくるのは右?左?実はこの手と腕の組み方には、「脳のクセ」があらわれるという。
それによって、人の性格は4つのタイプに分けられることが判明。
「ささ脳」は、まじめで几帳面。
「うう脳」は、楽天的なマイペースタイプ。
「さう脳」は、世話好きなおおらかタイプ。
「うさ脳」は、個性豊かな負けず嫌いタイプ。

 スタジオでは、出演者たちのタイプチェックを実施!さらに、有名人のタイプ分けなども参考にしながらそれぞれのタイプを探っていく。指や腕の組み方さえわかれば、気になるあの人の本当の性格が分かる!というおトクな性格診断。あなたはどのタイプ?http://www.tbs.co.jp/program/korede-e-noda.html

 私は、完全に「うう脳タイプ」。幼い頃から右手が下だったな、左を下にしてみると気持ち悪くて仕方ない。

「楽天的でマイペース」、ふむ、まさにその通りだね、自己イメージそのものです。ささ脳では絶対ないのは確か、ただうさ脳は入っているような感じはします。
 番組で流したうう脳タイプの人のVTRには、共通している面が感じられたな。家族にもやってみたら、「さう」と「うさ」がいて、みんな当たっている感じ、サンプル3個で今のところ100%当たりか?

 何でも脳の情報処理に関係するとか、確か指組みは後頭葉(情報処理に関わる)、腕組みは前頭葉(表現に関わる)に関係して、そのそれぞれの左右どちらの脳が優位かによって4つに分けられるのだと言ってました。

 その根拠づけ(権威づけ)として、京都大学名誉教授の坂野登氏、日本大学名誉教授の大村政男氏が登場、お二人とも心理学の世界ではその道の大御所ですよね。
 では、マジか?
 坂野氏は「利き脳」の研究をしていて、一般書も出してるようです。元ネタだったみたい。
http://www.bk1.co.jp/product/1597372

 ああ、そうそう、番組では昔から脳と性格のタイプを研究した学者にデスモンド・モリスとあともう一人の有名学者(名前忘れた)と並んでアルフレッド・アドラーが写真入りで紹介されてました。
 ほんとかよ?不覚にも不肖アドレリアン、知らなかった。

 番組出演者でうう脳タイプは、高田純次と飯島愛、インパルスの二人、押切もえでした。実はこの人たち、もえちゃんはおじさんよく知らないけど、割と好感を持っているタレントだったのね。
 特に高田純次なんて、昔からあのキャラ大好きだったの。実は私の隠れた自己理想、ロールモデルだったっていってもいいかも(表の理想キャラはアドラーとM・エリクソンってことで)。あの無責任発言と脳天気さ、スケベさがいいね。

 うさうさ脳テスト、やるな。

 亀田八百長疑惑でミソをつけたTBSなだけに、かなり不安ですが、遊べるかも、今度女の子と話するとき使ってみよう。

 

|

« 「子どもを学校復帰させる方法」 | Main | 「危ない精神分析」 »

Comments

・・・って言うことは私は「ささ脳タイプ」かな。真面目はあっている・・几帳面は・・!?かなり疑問かもですが(笑)!?
高田純次がアド仙人さんの・・・・・わかる気がします♪

Posted by: アドママ | October 16, 2006 08:38 AM

私は、「さう脳」、世話好きなおおらかタイプ、でした。

世話好き云々は、今のところ「自」「他」共に確認されたことはないですが、おおらか云々は、「他」からは、確認されたことはあります(「自」は、あまり自覚なし)。

私も機会があれば、女の子と話すときに使ってみます(^^♪。

Posted by: ぐうたら三昧 | October 16, 2006 08:17 PM

 アドママさん

 確かにアドママさんはささ脳っぽいですかね。僕と正反対ですね。しっかり者の奥様でうらやましい限りです。今度抜き打ちでお宅訪問して、「几帳面に」片づいているか点検しよう!

 ぐうたら三昧さん

 あなたも確かに大河のごとく、おおらかな御仁ですね。
 職場の女の子たちに早速やって盛り上がりましたよ。的中率6.5割ってとこかな。我々の診断より高かったりして(汗)。

 坂野先生は「意識とはなにか フロイト=ユング批判」って本を昔出した実証主義者のようだし、大村先生は血液型性格診断を否定する研究もされたようだけど、こんなことに手を染めていたようです。

 おもしろいね。

Posted by: アド仙人 | October 16, 2006 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ううタイプ:

« 「子どもを学校復帰させる方法」 | Main | 「危ない精神分析」 »