« キノコ狩りとチャンバラ療法 | Main | 「対称性人類学」 »

November 08, 2006

回る回る

 大学で心理学を勉強すると錯視をやりますね。なつかしいです。

 しかしこれはすごい。
 奥田先生のブログで紹介されていた、立命館大学教授北岡明佳先生のHP。おもしろい錯視図形がてんこ盛り。

Rotsnake_2 

 

 

  

 どう?動いて見える?

  職場の仲間にHPの図形をいろいろ見せたら、「動いて見える!」と言う人と「全然見えない」という人に別れました。僕にはグルグルに見えて、見えないなんて信じられないけど。
「俺、頭固いからな」と上司は言いながら去っていきましたが、そういうの関係あるんですかね。

 面白いですね。

 あまり見つめすぎて酔わないようにお気をつけ下さい。

|

« キノコ狩りとチャンバラ療法 | Main | 「対称性人類学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/12606396

Listed below are links to weblogs that reference 回る回る:

» すげえ! 回転する錯視図形だよ。 [奥田健次の教育改革ぶろぐろ部]
たまには心理学ネタ。錯視図形ってご存じ? ミューラーリヤーの矢羽根の錯視とか見たことあると思います。長さや大きさが同じなのに違って見えたり、直線が曲がって見えたりする図形のことです。北岡教授の錯視図形は、回転して見える図形。部屋に飾っておこうかな、いや病気になるかもしれんからやめとこう。... [Read More]

Tracked on November 10, 2006 at 01:28 AM

« キノコ狩りとチャンバラ療法 | Main | 「対称性人類学」 »