« 笑える、森会頭 | Main | インスー訃報 »

January 13, 2007

障害者自立支援法への意見

 全国児童相談所研究会(略称児相研)というのがあります。児童相談所に勤めている人たちの全国的なネットワーク、研究団体です。任意の団体ですが、毎年欠かさず全国セミナーを開講したりしている活発なグループです。

 昨年12月、その児相研が「障害者自立支援法に関する児相研の見解」というものを出しました。法律ができて1年経ち、この法律の欠陥が明らかになるにつれ、現状を黙って見過ごせないという思いをみんな感じていたということでしょう。
 抜粋して大略を示します。

「障害を持った子供が安心して暮らせる社会を!-障害者自立支援法の根本的な見直しを求めます」というテーマで、先ず福祉サービスを利用すると、これまではその人の所得に応じて負担すればよい「応能負担」だったのが、原則的に1割を負担しなくてはならなくなる「応益負担」に変わったことについて述べています。

 福祉の理念を根本から覆す「応益」負担

 障害児にとって、発達保障の観点からみても施設での療育は不可欠です。また、障害のあるわが子の多動やパニックへの対応で心身ともに疲れ、施設の利用でかろうじて虐待を免れているという保護者も少なくありません。障害児を育てる多くの親には、健常児であれば特段の問題など生じないような日常の家事、育児にもさまざまな困難が生まれることが多く、こうした日々の営みへ行き届いた支援を行うことこそが、国や自治体の責務ではないでしょうか。・・・(中略)・・・
「障害児に対する福祉的施策を活用することは利益なのだから一律に相応の負担をせよ」という応益負担の考え方は、児童福祉法の根本原則に背くとさえ言えるのではないでしょうか。

 私が以前からここでも批判した内容そのものです。全く正当な主張だと思います。

 障害者の金を取る法

 次に、障害児施設への契約制度が導入されたことについて、従来の措置制度から移行したことで、それまで児相が間に入ってしていた入所の調整や情報提供ができなくなり、かえって障害児の家庭の福祉サービスへのアクセスが困難になってしまっている現状が指摘されています。

 障害児施設という社会的リソースは、地域によっては質、量ともに限られているために、契約制度にうたっているような対等、平等な契約なんて実際にはできていないのです。

 また「事業者への報酬単価設定は、新たな困難をもたらしている」という節では、厚生労働省が障害児施設を経営する事業者への報酬単価を1.3%引き下げたことや利用料の1割が自己負担となったことで利用者が減少してしまい、施設の経営が著しく悪化、困難になっていることを指摘しています。

 つまり、障害児を受け容れて療育を施す施設も、質・量ともに弱体化を招きかねない状況にあるのです。そうなっては、専門性をうたっていても実際は満足のいく内容の関わりができなくなる恐れがあります。

 結局この法律は、少なくとも障害児の分野で見る限り、利用者を苦しめ、相談援助も受けにくくし、事業者にも困難を押しつけるものとなっているのです。

 最後に意見書はこう結んでいます。私も全面的に賛成です。
 児相の多くの仲間の思いが集まったものといえるでしょう。

 障害児にこそ思い切った「社会的コスト」を!

 障害者自立支援法は、このままでは障害者を突き放して自ら解決するよう求める「障害者"自己責任"法」に、あるいは障害者を福祉サービスから遠ざける「障害者"疎外"法」「障害者"自立阻害"法」にさえなりかねません。・・・(中略)・・・
 本法の施行で、従来よりも大幅な負担増を迫られる障害児者とその家族にすれば、障害者福祉のコストは、逆に大幅に切り下げられてしまったというほかはありません。障害児が安心して暮らせる社会を作っていくことは、あらゆる人にとって安心できる社会を築くことになります。
 私たちは、障害児施策に思い切った「社会的コスト」を投入することをあらためて強く訴え、障害者自立支援法の根本的な見直しを要望するものです。

|

« 笑える、森会頭 | Main | インスー訃報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 障害者自立支援法への意見:

» FXで年収2,000万以上稼ぐには [★こっそりとネットでFXをして月に100〜200万円以上を稼いでいます。★]
既存のあらゆるFX系ノウハウの中でもダントツで簡単な手法です。 [Read More]

Tracked on January 13, 2007 02:27 AM

« 笑える、森会頭 | Main | インスー訃報 »