« 施設が使えない | Main | 「五感で磨くコミュニケーション」 »

February 13, 2007

不老園

 3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

 僕は11日は東京の本部道場で八卦掌の稽古に参加させていただき、今も体が喜んでおります。
 多忙と貧窮を極める中、あまり上京して稽古できないのを心苦しく思っておりますが、やはり体をきつい稽古に浸すのは気持ちの良いものです(型は曖昧になってて、老師にしっかり直されたけど)。

 今まで硬軟いろいろな修行、瞑想、サイコセラピーに参加しましたが、やはり道教系の拳法を学ぶのが一番楽しいみたい。
 きっと江原さんや美輪さんなら僕の前世は、「中国の山奥の道教寺院で仙道の修行者だった(でも態度が悪くて悟れなかった)」とか言ってくれるかも。
 まちがっても、西洋の貴族はなさそうです。

 12日は、家のすぐ近くの梅園「不老園」を散策。
 県内だけでなく、他県からも観光バスでたくさんの人が見に来ていました。

Photo_24  不老園は、明治時代にこの地にいた素封家が開いたもので、約3,000本の梅、桜、牡丹などを植えてあるそうです。

 山の斜面にあって、一周約1時間、ちょっとした運動にもなります。

 売店のしじみ汁やおでん、甘酒も美味しいよ。近所のおばちゃんが働いてるときは、こんにゃくを余計にもらえるときが嬉しい。

 今日は全体には五分咲きとうところかな、これから見頃です。是非、花見にいらしてください。

ちなみに、不老園から下方に大学の体育館が見えるのですが、そこの前の広場が僕個人の日頃の稽古場です。
 夕方、怪しく動く人影を見つけたらおそらくそれが僕でしょう。

Photo_26

 不老園

|

« 施設が使えない | Main | 「五感で磨くコミュニケーション」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不老園:

« 施設が使えない | Main | 「五感で磨くコミュニケーション」 »