« 「物語としてのケア」 | Main | 馬に乗る »

March 01, 2007

「それでもボクはやってない」を観る

 周防正行監督の話題作「それでもボクはやってない」を観ました。

 「それでもボクはやってない」公式サイト

 緊迫感のあるいい映画でした。完全な社会派映画です。
 電車内痴漢えん罪事件をテーマに、手厳しい裁判制度批判、そして官僚制批判になっています。

 こちらに周防監督のインタビューがありますが、

この映画は、私が初めて『使命感』を感じて作った映画です。まるで高校生のような青臭い正義感で、社会に訴えたいと思ったんですよね。

 とあるようにかなり真面目です。今までのコミカルな映画も、テーマが相撲や社交ダンスだったり、どこかがひねっているというか、着眼点がユニークでしたが、今回も我々の日常意識の盲点を突いたものになっています。

 周防監督や映画の事情はよく知らないけど、ソフトな言論妨害の目立ち始めたこの社会でよくこんな映画が作れたなというのが感想です(しかもフジテレビもついて)。

「Shall We Dance?」で日本どころか世界にも認められ、その後この社会派作品とは、柔らかい顔立ちの奥に一本筋の通ったものも感じます。

 作品を見て、僕はエコノミスト植草一秀さんの痴漢事件を思い出しました。
 前々回も書いたように、僕は植草さんをえん罪(おそらく国策捜査の生け贄となった)と考えています。

 僕は観ていないのですが、周防監督が出た番組で、竹中の提灯持ちを評価されたか大河ドラマに出演させてもらえたテリー伊藤や小泉内閣の情報宣伝担当とされる世耕代議士が、本作品と植草事件を結びつけないような発言をしていたそうですが、見苦しいことです。

 この映画によって、痴漢事件に限らず、どのような事件に対しても、安易にマスコミの印象報道に乗らない人が増えるように願います。

|

« 「物語としてのケア」 | Main | 馬に乗る »

Comments

植草さんの話は、えん罪説を知って、
自分は安易だったなと反省しました。

真偽のほどは分かりませんが、
何事もカッコ入れして考えることが大事だな
と思ったしだいです。

Posted by: ぐうたら三昧 | March 01, 2007 at 05:55 PM

 ぐうたら三昧さん

 別に反省しなくてもいいけど(笑)。
 確かに真偽のほどはわからないけど、カッコに入れて判断留保する姿勢は大事ですよね。

 臨床的には道徳や社会通念上否定されがちな行為をしたクライエントを相手にしたときにその変の「度量」が問われるかもしれませんね。その点、ぐうたら三昧さんは、かなり大人物だと思料しますが・・・。

 早期回想と同じで全ての情報は「加工」されているのですから、先ずはじっくりと「観察」したいものです。

Posted by: アド仙人 | March 01, 2007 at 11:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/14082851

Listed below are links to weblogs that reference 「それでもボクはやってない」を観る:

» 現場再現DVD [植草一秀氏を応援するブログ]
昨日の公判で明らかになった今後の立証方針は下記の通り。 ①目撃者及び被害者の証言が信用できないことを被害者の供述・目撃者の証言に基づく現場再現DVD及びDVD作成関係者の証言によって明らかにする。 ②植草一秀氏の手の付着物が京急職員の制服の繊維の可能性があることを示す。 ③植草氏のスーツの付着物の鑑定結果の開示を求め植草氏が被害者に密着していたとの被害者証言を否定する。 ④逮捕者の証言を求め、被害者供述の信用性を否定する。 今日は①について。 ネットのニュースで、この... [Read More]

Tracked on March 02, 2007 at 12:04 AM

« 「物語としてのケア」 | Main | 馬に乗る »