« フジ子・ヘミングを聴く、見る | Main | 解説・風林火山1 佐久をほしい理由 »

April 15, 2007

怪事件

 都知事選挙での石原当選に、都民の良識に?を感じつつ、およそ1週間前の記事にさらに??

 副島隆彦さんのHPからの引用です。

(1)「後ろ手に手錠、読売新聞社員が自宅で変死」

産経新聞  2007.4.6

 5日午後4時20分ごろ、東京都文京区白山のマンション室内で、この部屋に住む読売新聞メディア戦略局管理部社員の男性(36)が、玄関で倒れているのを旅行から帰宅した男性の母親が見つけた。警視庁富坂署員が駆けつけると、男性は後ろ手に両手に手錠をかけ、口の中に靴下を詰め込んだ状態で死亡していた。死因は窒息死とみられる。

 調べでは、玄関は施錠され、着衣に乱れはなかった。左手に手錠の鍵を持ち室内に物色された跡もない。遺書はなかったが、富坂署は事件の可能性は低いと見て、詳しい死因を調べるとともに、家族らから事情を聴いている。読売新聞によると、男性は編集局政治部の記者も兼務し、総務省を担当していたという。

● 「読売社員が自宅で変死…後ろ手に手錠、口の中に靴下」

ZAKZAK 2007/04/06 (ZAKZAKは、産経新聞系のネットニューズ配信会社)

社員が自宅で怪死した読売新聞。どうやら事故死の模様
 東京都文京区白山のマンション室内で5日、後ろ手にした両手に手錠をかけ、口の中に靴下が詰まった状態で死んでいるのが見つかった読売新聞の男性社員(36)について、警視庁は6日までの調べで事故との見方を強めている。
 
 男性は、読売新聞社でインターネットや携帯電話、CS放送など朝夕刊以外の媒体での報道を行うメディア戦略局の管理部社員。編集局政治部の記者も兼務し、総務省を担当していた。男性は母親(65)と2人暮らし。母親は3日から旅行に出かけ、5日午後4時20分ごろ帰宅したところ、玄関に倒れている男性を発見。駆けつけた警視庁富坂署員が死亡を確認した。

 男性の粘着テープが張られた口の中には靴下が詰まっており、後ろ手に回した両手には手錠がかかり、左手に手錠の鍵を持っていた。死因は窒息死とみられる。

 調べでは、玄関は施錠され、室内に物色された形跡はなかった。着衣の乱れはなく、遺書なども見つかっていない。死亡当時、室内に男性以外の人物がいた様子はなく、捜査関係者は「男性が1人で何かをしていて、アクシデントが起こった可能性が高い」として、事件性は薄いとの見方を強めている。室内からは手錠などと関連した用具も多数発見されたという。    ZAKZAK 2007/04/06

(3) 【サイバッチ!】 読売記者が両手手錠で窒息死 2007.4.8  謀殺事件か!?  読売・政治部記者が両手手錠で窒息死!!

「遺書はないが、事故である。事件性はない」
 警視庁富坂署は断定。が、あまりにも奇妙な発表ではないか?が、それでも大本営発表がなければ何も書けないのが腐りきったマスコミ。

 たとえ、それが巨大な事件を追い続けていたジャーナリストの謀殺事件であっても、だ。わずかに時事通信がベタ記事あつかいでひっそりと伝える。

<5日午後4時20分ごろ、東京都文京区のマンション一室で、旅行から帰宅した女性(65)が室内に入ったところ、玄関付近で息子(36)が後ろ手に手錠が掛かった状態で死んでいるのを見つけ、通報した>。

<男性の口には靴下が詰まっており、その上から粘着テープが張ってあった。窒息死とみられる。着衣の乱れや外傷はなく、左手に手錠の鍵を持っていた。
 
 室内に荒らされた形跡がないほか、玄関は施錠されており、女性は鍵を開けて入ったという>。
 
が、記事は自主規制まみれなのだ。ここに登場する「女性(65)」は被害者の実母。そして、被害者は読売新聞政治部の敏腕記者であり、安倍晋三のインサイドを知り抜いた人物だった。時事通信はなぜ、事実を隠蔽するのか?事件現場でいったい何があったというのだろうか?

 読みながら我が眼を疑った。
 「事故」?「事件」じゃないのか。
 こんな「変」な死に方をして、なんであっさりと事故と断定できるのか。

 しかも一部報道では既に被害者の性的性向が原因として、貶める話も出ているとか。

 これじゃ裏を疑うね。

 仕事柄、警察とのやり取りや共同して仕事することは多いし、知人や生徒もいるから、一人一人の警察官の良心を普通の人よりは信じていると思っているけど、彼らもわしらと同じサラリーマン、はるか上からの圧力にどうなるかはよくわかっている。

 だから余計に、疑わざるを得ないね。

 そして、国民投票法案の強引な衆院通過。

 無惨な死体に込めた下手人たちのメッセージは、「黙っていろ!」ということかな。

|

« フジ子・ヘミングを聴く、見る | Main | 解説・風林火山1 佐久をほしい理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 怪事件:

« フジ子・ヘミングを聴く、見る | Main | 解説・風林火山1 佐久をほしい理由 »