« 武田の一日 | Main | フジ子・ヘミングを聴く、見る »

April 11, 2007

「構造構成主義の展開」

  現代のエスプリ「構造構成主義の展開-21世紀の思想のあり方」

 今、注目株の科学論、構造構成主義について、リードする方達が集まって書いています。

 科学、取り分け人文科学内で根強く存在する「信念対立」を解消し、新しい科学論を構築しようという意欲的な思想運動なのだそうです。

 構造構成主義とは最新の認識論であり、科学論であり、思想的枠組みでもある。その特長は、信念対立を巧みに回避しながら、多様な枠組みを十全に機能させるメタ性にあり、そうした特性から「使えるメタ理論」として様々な領域に普及しつつある。構造構成主義という新たな思想的動向をその目で見定めて欲しい。

 といっても私はまだ一冊も読んだことなくて、以前から関心はあったので、本書がとっかかりのつもりです。

 構造主義はフランス系現代思想を読んでてある程度馴染んでいたし、構成主義は昨今の心理療法の最先端の思想的基盤であるわけで、長年何となくでもよく触れていたことになります。

 しかし、構造構成主義は、この二つを単にくっつけたというわけではなさそうです。

・・・構造構成主義は、多様な立場、矛盾した思想があって然るべきであり、、そうでありながら何でもアリの相対主義に帰着しない理路を有するメタ理論なのである。構造構成主義は、その特性から”使える超メタ理論”として普及しつつあり、実際に発達研究法、質的研究法、知覚研究法、心理統計学、リハビリテーション、QOL理論、古武術などに応用されている。

 何となく面白そう。
 そして執筆陣がすごい、多士済々の、くせ者ばかり。
 構造構成主義の提唱者の西條剛央氏の他、以前「構造主義科学論の冒険」(講談社学術文庫)で私の目を開かせてくれた生物学者の才人・池田清彦氏(元山梨大学教授)、あの内田樹氏、超有名人・養老孟司氏、フッサール現象学の竹田青嗣氏、そして何と古武術研究家・甲野善紀氏までも。
 これだけで読みたくなります。
 他にも作業療法士や心理学者など多彩な顔ぶれで、読んでいて全然知らないことなのに楽しかったです。

 臨床心理学なんて、100年来「信念対立」の巣窟なわけで、それはそれで大事なこともあるし、時には楽しいとも思うのですが、今時そうも言っていられない事情もあるわけです。

 でも、物わかり良く、みんな同じ、「統合」なんて言うよりは、その多様性を思想レベルできちんと位置づけたり、意味づけたりすることが大事かなと思うこともあります。

 これから勉強したくなりました。

 

|

« 武田の一日 | Main | フジ子・ヘミングを聴く、見る »

Comments

アド仙人様

copingです。お久しぶりです。
アド様の興味関心の方向と私のそれとは
どうも共通点があるようで,
私自身も構造構成主義には前から興味があり
西條氏の著書はすでに手元に積んでありますが,
他の本を読むのに忙しいのと,
理由はわからないのですが,
なぜか「さて読もう!」という気になれず
そのまま積ん読状態が続いております(笑)。

ご紹介くださった『エスプリ』のほうが
とっかかりとしては良さそうな気がしてきました。
なにしろ内田樹氏,甲野善紀氏,池田清彦氏など,
名前を拝見するだけでもかなりそそられます。

メタ認知理論に苦戦している私に
メタ理論についての理論が理解できるか
あやしいものですが(笑)。

ともあれご紹介ありがとうございました。

Posted by: coping | April 11, 2007 01:07 AM

copingさん

 お久しぶりです。お元気でしたか?

 copingさんと関心を共有できるなんて光栄ですよ。

>なにしろ内田樹氏,甲野善紀氏,池田清彦氏など,
名前を拝見するだけでもかなりそそられます。

 でしょ?
 でも僕は何事もいつも入門書、とっかかりで終わっていますので、copingさんには是非その先まで行っていただいて、愚かな自分を導いて下さい(^^)。

 ともあれ、何か始めるにはいい季節ですね。構造構成主義も、その中に入れときましょう。

Posted by: アド仙人 | April 12, 2007 12:04 AM

こんにちは。
僕は関連書を何冊か読んだり、3月のシンポジウムに参加したんです…が、主要なキーワードである「関心相関性」以外は頭から離れていってしまってますorz
ミクシィのほうでも、活発で高度な議論が展開されていますが、いかにして各分野の実践に取り込んでいくかが大きな課題になっているようです。
初めてならエスプリか、「構造構成主義とは何か―次世代人間科学の原理」から入るといいかもしれませんね。

Posted by: | April 12, 2007 05:59 PM

 慶さん

 早稲田のシンポに行かれたんですか。うらやましい。生の雰囲気に触れておきたかったです。

 ミクシイのコミュには一応入りましたが、全然読んでないし、まだついていけていません。
 ご紹介の本には当たってみようと思います。
 ありがとうございました。

 また何か面白い情報があったら教えて下さい。

Posted by: アド仙人 | April 12, 2007 11:55 PM

 はじめまして、突然のコメント失礼します。shibaと申します。内田先生のブログで以前拝見して以来、たまにおじゃまさせていただいておりました。タダのカイシャ員ですが、こういう系の話題にたいへん興味がありまして、たまに関連する本を読んだりしている者です。

 先日、内田先生の「寝ながら学べる構造主義」を読んで、とても面白いと思っていたところにこの本をご紹介されているのを見て、ゼヒこれも読んでみたいと思った次第です。

 興味深い記事、感謝です。

Posted by: shiba | April 15, 2007 09:40 PM

shibaさん

 コメントありがとうございます。
 内田先生経由の方のコメントは初めてかも。よろしくお願いします。

 貴ブログの「寝ながら学べる構造主義」の引用、改めてハッとしました。

 構造主義なんて一見取っつきにくいものですが、内田先生のなど最近は良書も出ているので、楽しく勉強していきましょう。

 お勧めなどありましたら、ご紹介下さい。

Posted by: アド仙人 | April 15, 2007 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「構造構成主義の展開」:

» ◆セカンダリー投資法は誰にでも出来るのか? [★3年間で1500万円を株でGETする超簡単で!初心者にもできる!成功の法則!★]
「勝ちパターンを知る!売買の方法を知る!」そんな誰でも実践できるセカンダリー投資マニュアルを、今回あなただけにお伝えいたします。 [Read More]

Tracked on April 11, 2007 02:19 AM

» 作業療法士の給料について [作業療法士の給料]
作業療法士の給料について説明しています。 [Read More]

Tracked on April 17, 2007 05:44 PM

» 汎用のブログ間対話プロトコルとしての「関心相関性」 [アンカテ(Uncategorizable Blog)]
構造構成主義とは何か―次世代人間科学の原理 この考え方をブログの対話に適用するとどうなるかという話。 専制君主としての「客観性」 「君の(あいつの)意見は客観的ではない」という悪口は、私が若い頃にはよく聞いたが、最近はほとんど聞かない。 日常会話の中でそうい... [Read More]

Tracked on June 15, 2007 01:48 PM

« 武田の一日 | Main | フジ子・ヘミングを聴く、見る »