« 別れの季節 | Main | 「知能指数」 »

April 01, 2007

ハルチ、ウムチ、ツヅチ

 31日夜のNHK・BS1の「スポーツ大陸」で、ロサンゼルス・オリンピック、体操個人で金メダルを取った具志堅幸司さんを特集してるのを観て感激しました。

 具志堅さんは、心理学のイメージ・トレーニングを最大限に生かした人だったのですね。不覚にも知りませんでした。学生時代、ロス五輪での具志堅さんの演技をテレビで見た記憶はあるにはあったのですが。

 それの内容がすごい。元々メンタル面が弱くて、本番で伸び悩んでいた具志堅さんは日本体育大学に入学するとすぐに心理学科の門を叩いて、呼吸法を学び、競技で成果を出します。
「暗示放尿法」なんてのも学んで、おしっこをするとき、「悪いものがおしっこと一緒に出ていく」と暗示をするものだそうです。ぶつぶつ言いながらトイレで出しているので、横に並んでいた人は何しているのか訝しがったようです。
 具体的で体感が伴うので良いかもね。

 極めつけは、アキレス腱断裂で入院して選手生命が危ぶまれたとき、徹底的なイメージ・トレーニングを日々続けたこと。ある時、イメージの感じがふと変わって、できなかった鉄棒の技が、復帰後いきなりできるようになったそうです。
 本当に微に入り細に入り、丁寧にイメージをしていったのでしょう。

 しかしモスクワ五輪に日本がボイコットして、モチベーションは一気に下がった時期がありましたが、細川隆のコンサート・ショーで観客の気持ちを引きつける「間」を学んで十字懸垂に生かしたり、あやゆる状況でも学び取る姿勢は素晴らしい。

 加えて高校時代の恩師たちの支えも、インタビューされていて、それも素晴らしかったです。
 その恩師の1人に教わったのが「ハルチ、ウムチ、ツヅチ」という呪文。何でも古事記に出てくる力が湧いてくる呪文なんだそうな。
 恩師は悩む具志堅さんに能舞台を示して、「神への奉納としてやるように」とアドバイスしたそうです。
 それ以来具志堅さんは競技の前に必ずこの呪文をつぶやきます。

 そして本番のロス五輪。

 競技に行くバスの中でのイメージトレーニング中、具志堅さんは得意のつり革で9.90を出し、ついに金メダルを取って日の丸が高く掲げられているシーンがありありと浮かんできました。イメージにもかかわらず、具志堅さんは感激して自然に涙が落ちてきたそうです。

 まさに五感の隅々までありありとイメージしきったのでしょう。本番前の具志堅さんの写真が出てましたが、緊張というよりもリラックスした微笑みを浮かべていたのが印象的でした。

 そして、トップに差を付けられ5位でスタートしながら、つり革でまさにイメージどおりの9.90を取り、見事逆転金メダルを取ったのです!

 最後の床運動で、具志堅さんは「ハルチ、ウムチ、ツヅチ」とつぶやいてスタートしました。見事な演技の後のフィニッシュ、具志堅さんは簡単な前方への回転技ではなく、敢えて難度の高い後方二回転宙返りを選択しました。

 それは「神への奉納」だったのです。その気持ちで全身全霊で跳び、見事に着地、両手を突き上げて喜ぶ具志堅さんの表情が、ほんとに素晴らしかった。

 心理学のイメージ・トレーニングを極め、その次元に留まらず、スピリチュアルのレベルにまで到達したといってよいかもしれません。

 ポジティブにイメージすることの大切さを改めて学ばせていただきました。

 私も仕事や稽古の前にこの呪文を唱えてみようかな。

|

« 別れの季節 | Main | 「知能指数」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハルチ、ウムチ、ツヅチ:

» ハルチ ウムチ ツヅチ [新丸ビル 内覧会 cm レストラン]
ハルチ ウムチ ツヅチ呪文唱えて金。報ステが具志堅幸司選手を紹介.(続きを読む) ハルチ、ウムチ、ツヅチ実はあれ、「ハルチ、ウムチ、ツヅチ」と唱えていたのだそうです。 この言葉は古事記にも出てくる言葉で、 力がわいてくる言葉なのだとか。 なぜ力がわくのかは私にはわかりませんが唱えることで、心と体が一体になり精神を集中させるのだと心理学の先生 ...(続きを読む) ハルチ、ウムチ、ツヅチ最後の床運動で、具志堅さんは「ハルチ、ウムチ、ツヅチ」とつぶやいてスタートしました。見事な演技の後のフ...... [Read More]

Tracked on June 27, 2007 03:19 PM

« 別れの季節 | Main | 「知能指数」 »