« 「若者殺しの時代」 | Main | 「よい子のお母さんは聴き上手」 »

May 06, 2007

薫風の庭

 連休はやりたいことがいくつもあったような気がするけど、あっという間に終わってしまいそう。

 実家の母は、ドン百姓出なので、植物を育てる達人です。帰ったら、庭一杯に花が咲いておりました。

Photo_41  昔から土を耕しては、野菜を植えたり花を咲かせていました。

 親父も盆栽好きで、松やら何やらを植えた鉢がいっぱいありました。
 亡くなってから、手入れが間に合わず、あるは主人の後を追ったか、軒並み枯れてしまいましたが。
「売れば良かったねえ」
 と罰当たりな我ら子どもたちは話してました。 

Photo_44  そんな両親の資質を無視して、なぜか私は植物に全く無縁の育ちをしてまして、花の区別もようできません。ヒマワリとチューリップくらいはわかる程度か。よく母に
「おまえ、何年ここに住んでいるだ?」
 とあきれられます。

 小さい頃よく、庭や畑の手伝いを命じられても、ちょっと土をいじったらすぐに飽きて虫を探したり 「宿題がたまっているから」
 と言い訳を作っては、さぼってとんずらしてましPhoto_45 たね。

 年を取れば、園芸に関心が出てくると言われたことがありますが、今のところその兆しなし。ひたすら体を動かしています。

 妹(この人も植物に縁のない生活をしています)と、将来両親がいなくなったらこの庭をどうするか話が出たときにも、

「おまえ、やれ」「いや、兄貴やれ」と今から押しつけ合う始末。親不孝な兄妹だ。

 しかし、この庭の中で気功をやると、生命力というか明るい力を感じますね、この時期の自然はやっぱりいいものです。

 

|

« 「若者殺しの時代」 | Main | 「よい子のお母さんは聴き上手」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薫風の庭:

« 「若者殺しの時代」 | Main | 「よい子のお母さんは聴き上手」 »