« イルカを見る | Main | 武道を学んで立派な大人に? »

September 03, 2007

「カウンセリング方法序説」

「カウンセリング方法序説」管野泰蔵著,日本評論社

 カウンセリングの達人の業界裏話・うち明け話的エッセイです。

 カウンセラー、その志願者にはおもしろくて、下手な専門書よりよっぽどためになりますよ。

「カウンセリングとはサービス業であり、『あたりまえ』のことをすること」を基本姿勢に、心理主義を脱すること、学問と現場は違うことを認識すべきことを訴えています。

 サービス業であるのだから、お客様に満足していただかなければならないわけですね。

 そのためには、お客がどのような人物であるのか、どのようなことを欲しているのか、どのような立場や事情を抱えているのか、どのような考えを抱き、どのような考え方をするのか等々について、それを理解すべく、カウンセラーは全知全霊を傾けなければならない。

 全くです。
 それには、相手のパースペクティブを自分の中に組み込む作業が不可欠で、それを著者は「ロールテイキング」と呼びます。

 この場合のロールとは、「ロールプレイ」に使われるものではなく、思惑、事情、立場、願望などを含む、より広い概念である。ロールテイキングとは相手のそれを取り組む(テイク)ということであるが、平たく言うといかに相手の立場、相手の側に立つか、相手の立場に立ってものを考えられるかということである。お客(クライエント)が少しでも満足するためには、カウンセラーのロールテイキングの質、程度がすべてを決定するといっていい。

 これはまさにアドラーの「相手の目で見、耳で聞き、言葉で考える」といった言葉とピッタリ重なります。
 いわゆる「受容と共感」そのものというわけではありません。

 もしクライエントが受容や共感を求めているならば、その立場に立っていこうということである。ときに「受容も共感もしてほしくない。私はアドバイスだけが欲しい」と述べるクライエントもいるし、「あなたの面接は受容でも共感的でもなかった。しかし、私にはそれが良かった」というクライエントもいる。

 本書は「陰陽師・安倍晴明のカウンセリング」が登場したり、たくさんの例を出してカウンセリングとは何かを考えさせてくれます。

 つまりは、カウンセリングと既成の学問を切り離しているからである。私の持論は、カウンセリングとは学問ではないが、あえて学を名乗れば「援助学」であって、とくに心理学と関係なくてもよいというものだ。
 自分が正しいと思う心理学やカウンセリングの理論を証明するためにクライエントがあるのではないということ、クライエントのニーズに応えるものとしてカウンセリングがあるということ、理系でいえば、真理を発見する「科学」ではなくて、人の望みを叶えるために何かを「発明」する工学的なものであることが、現場に生きるカウンセリングであるからだ。この科学と工学の違いもまた「わかる」と「できる」との違いに通じている。

 カウンセリングと心理学は関係ない、と言い切っちゃうなんて勇気あるぅ。著者は若い頃文化人類学を学んだだけあって、ものごとを相対化する思考が優れています。

 本書でカウンセリングを自由にしよう。

 

|

« イルカを見る | Main | 武道を学んで立派な大人に? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カウンセリング方法序説」:

» 心理カウンセラー養成 [お気楽生活情報広場]
1番欲しい答えは自分が1番良く知っている。 日本プロカウンセリング協会 [Read More]

Tracked on September 04, 2007 04:08 PM

« イルカを見る | Main | 武道を学んで立派な大人に? »