« 東京でお勉強4・マインドフルネス認知療法 | Main | もうすぐ山梨で開講! »

October 13, 2007

東京でお勉強5・アドラー心理学登場

 このシリーズももう終わりにします。まだ心理臨床学会以来さらに、別のところで学んだことや紹介したいものもまだまだありますからね。

 今回私的に最も、啓発されたのは、事例発表でアドラー心理学の実践者の発表があったことでした。
 テーマは精神科デイケアでの勇気づけの実践ということで、発表者が患者さんに対して、勇気づけの原理・思想・技術に乗っ取った丁寧な関わりをされている様子が具体的に伝わってきて、とても印象的なものでした。

 子どもだけでなく、精神障害者にももちろん勇気づけは有効で、それは援助者と利用者の双方を明るく、元気な方向へ導いてくれるのだと確信することができました。

 日本最大の心理臨床家の団体であるこの学会で、アドラー心理学の発表を聞くことは初めてです。今まで見たことも聞いたこともなかったですね。
 この発表後、思わず発表者と司会者に近づいて、
「じ、実は、僕もアドラーやっているんです(仲良くしてくださあい)」
 と挨拶しましたが、向こうも喜んで下さって、多分本学会員でアドラーをやっている人は数人、4,5人程度ではないかと話し合いました。

 そんなもんだから、多勢に無勢、学歴も実績もなく仲間もいない私は表に出ることは全く考えたことがありませんでした。

 だから、今回事例を大勢の前に出された発表者の勇気には本当に感心しました。

 同時に私も、何か頑張らなきゃな(何をどう頑張るのかは不明ですが)と、思いを新たにいたしました。

 ありがとうございました。
 

|

« 東京でお勉強4・マインドフルネス認知療法 | Main | もうすぐ山梨で開講! »

Comments

私もその事例発表は発見していましたが、
曜日の関係で見る(?!)ことはできませんでした。

アドラーファンはレアなので、会場に行けたら、
感慨深かったかもしれません。

ちなみに、私は今回初めて心理臨床学会に出ましたが、
1日だけ登場し、1事例発表だけ聴きました。

「こ、これが、事例発表か。」と、そういう発表が聴けるまできた、
自分の道のりに長い月日を感じていたしだいです。

の割には、すぐ帰ってしまうところが矛盾しているのですが(^_^;)。

Posted by: ぐうたら三昧 | October 19, 2007 at 04:33 PM

 ぐうたら三昧さん

 ひとつだけとは気が早いですね。
 僕は一応職場の出張扱いなので、全日程そこにいなくてはなりませんでした。
 人が多くて疲れました。

>「こ、これが、事例発表か。」と、そういう発表が聴けるまできた、
自分の道のりに長い月日を感じていたしだいです。

 そういわずに、今度はぐうたら三昧さんが発表をして下さいよ。
 応援に行きます!(^^)!。

 

Posted by: アド仙人 | October 19, 2007 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/16743351

Listed below are links to weblogs that reference 東京でお勉強5・アドラー心理学登場:

« 東京でお勉強4・マインドフルネス認知療法 | Main | もうすぐ山梨で開講! »