« 記憶は作られる | Main | 食品偽装はなぜ起こるか? »

October 25, 2007

認知行動療法を学ぶ

 ちょうど1年ほど前、ヒューマン・ギルドで認知療法を学びました。認知療法を学ぶ
 そこで講師だった坂本玲子先生(精神科医、山梨のアドラー仲間、山梨県立大学准教授、日本認知療法学会理事)に紹介されて、日本認知療法学会に入れていただいたのでした。

 それで今週半ばには、東京にて開かれた学会のワークショップに初見参いたしました。

「カウンセリングに生かす認知行動療法」講師は、斯界ではかなり著名で、ある事情で是非お会いしたかったI先生。
 このときを狙っていたのだ。

 1日かけて、認知行動療法の基本原理を徹底して教えて下さいました。
 ちゃきちゃきっと繰り出される言葉(先生江戸っ子?)は常に明快で、学ぶほどに頭がクリアーになる名講義は、認知行動療法への関心と「僕にもできるかも。あのケースにも、この人にもやってみよう」という気持ちが高まるのでした。

 この療法によくあるイメージの「認知の歪みを修正する」のではなく、「認知の幅を広げる、やわらげる」という言葉が特に印象的でしたね。

 そして休憩中に、ご挨拶。
 この粗顔を披露するのはちょっと勇気が要ったのですが。
 おずおずと近づき、「先生、あのお、わたくし、山梨の児童相談所にいて、武術をやってる者ですが」と言っただけで、「ああ」と合点がいかれ、驚かれた様子で、思わず笑みがこぼれていました。

 わかっていただけて、ホッとした。

 少し話をさせていただくとなんと、先生の知人が私の愚妹(東京の精神科クリニックでケースワーカーをやっていて、生意気にもアドラー心理学も学んでいる)の友人とわかりました。調子に乗って「ご縁がありますね」などと思わず不躾なことを言ってしまいました(^_^;)。

 これである意味、現代心理療法のメインストリームに足を踏み入れたわけだし、真面目に勉強するぞ。

 またひとつ、達人に近づいた・・・・。

|

« 記憶は作られる | Main | 食品偽装はなぜ起こるか? »

Comments

先生お元気ですか!!
ケータイから失礼します。orz

私もついにアドラー行ってきましたよーー!!!!
先生に気を送って頂いたせいか、
初めてのお勉強会にも関わらず、とてもリラックスして、
興味深く受講させて頂きました(o´▽`)♪

前半の講座で、まず発見したのは、
アド仙人先生のお師匠さまの声が、微妙に
『森本レオ』に似ているということです(`・ω・´)b自分でも言ってた☆
そして、私の直感が確かならば、間もなく先生ご自身も、
(すごく難しそうな内容の)セミナーを開かれるのではないでしょうか(*‘‐^)-☆

アドラー心理学って
やっぱりスゴイですね♪
後半も楽しみ(≧▽≦)丿☆

Posted by: 未来 | October 29, 2007 at 05:26 PM

 未来さん

 前半、お疲れさまでした!
 楽しめたようで何よりです。

 森本レオかあ、僕はあんまりそう感じたことなかったけど、柔らかい感じが通じるのかもね。

 後半も楽しんで下さいね。

>そして、私の直感が確かならば、間もなく先生ご自身も、
(すごく難しそうな内容の)セミナーを開かれるのではないでしょうか(*‘‐^)-☆

 未来さんの直感は確かです・・・。お恥ずかしい限り。
 まだ何も準備していないので、困っている次第です。

 先生に頼まれて引き受けたはいいけど、ああ、どうしよう・・・

Posted by: アド仙人 | October 29, 2007 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/16873834

Listed below are links to weblogs that reference 認知行動療法を学ぶ:

« 記憶は作られる | Main | 食品偽装はなぜ起こるか? »