« ベーシック・コース終了 | Main | 「脳はなにかと言い訳する」2 »

November 05, 2007

「脳はなにかと言い訳する」

 ちょっと最近多忙なもので、フラフラ、更新も滞りがちになると思います。しばらく本の紹介を細々としていきます。

 それにしても昨日の小沢一郎の辞任は驚きました。いろんな論評はあると思いますが、どうせ操作されているマスコミの論調は無視するとして、注目すべきは今、デイビッド・ロックフェラーが来日中なんですってね。

ジャパンハンドラーズと国際金融情報

「世界皇帝」「日本の真のご主人様」が何でこのタイミングに東京にいるんだ。本のサイン会だけなわけないだろう。
 シンクロニシティーか?

 巷間言われるようにロックフェラー-キッシンジャー-讀賣ナベツネ-中曽根らのラインが何かしてるのかもね。

副島隆彦の学問道場

森田実の時代を斬る

文芸評論家山崎行太郎のブログ

 給油問題で不興を買ったアメリカを怒らせたので、強烈な圧力か脅しがあったのか、命までも狙われたのか?
「お前らジャップの金も油も命も俺たちのものだろ?とっとと出せ。さもないとタマ取るでえ(大阪弁)」というところなんでしょうか?

 そんなことを妄想する私も、連中の金と権力に狂った心も「脳」があったればこそ、全ては脳のおかげです。

「脳はなにかと言い訳する」池谷裕二,祥伝社

 本書はその脳の働きを楽しく理解し、うまく使いこなすためのコツがいっぱいです。

 ああ、もう疲れて眠いので続きは次回ね・・・。

|

« ベーシック・コース終了 | Main | 「脳はなにかと言い訳する」2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「脳はなにかと言い訳する」:

« ベーシック・コース終了 | Main | 「脳はなにかと言い訳する」2 »