« 「子どもの教育」 | Main | 研修2つ »

December 17, 2007

「風林火山」終わる

 大河ドラマ「風林火山」終わっちゃいました。

 甲州人で山梨の名を冠するブログを主宰し、歴史マニア、特に武田・真田ファンとしては最高の一年でしたね。

 陰がありながら泥臭くも真っ直ぐな山本勘助を演じきった内野聖陽さんがよかった。さすがでした。

 市川信玄の歌舞伎臭くて、くどい演技も面白かった。
 佐々木真田幸隆もかっこよかった(できれば川中島の戦いの時、信玄の側で護衛をしていたと思われる(あるいは百足衆か)少年時代の真田昌幸も出してほしかった)。
 緒方宇佐見も渋かったねえ。

 今回はアイドルやジャニタレなんか変に起用せずに、昨今の大河のような不自然なホームドラマ風にしないで、本格志向でしたね。
 きれい事じゃない、戦国時代の価値観や残酷さ、その中で生き抜く人間の力を描こうとしているように思えました。

脚本家大森寿美男さんのメッセージ

 内野さん始め、仲代達哉や千葉眞一などの本格俳優や女優たち、歌舞伎の市川亀次郎や大衆演劇の松井誠(北条氏康)などが集まり、まさにプロフェッショナルの集団という趣でした。

 Gacktの上杉謙信は正直どうなるのかなと思ってたら、浮世離れした妖しい雰囲気に、かえって人間臭い勘助や信玄と対照的で光りましたね。
 乗馬も上手いじゃん。
 彼だって「プロ」だもんね。
 キャスティングをした人はすごいセンスだ。

 千住明作曲の音楽も良かった。

 視聴率的には必ずしも稼げるやり方ではなかったかもしれませんが、こういうものが最近なくて見たかったのです。
「強い力」を感じる作品でした。
 僕にとっては今までの大河ではベストですね。贔屓の引き倒しもありますが。

 そもそも原作の井上靖の「風林火山」はあっという間に読み切れるほどの中編小説なので、大河ドラマにそのままなるわけはない。
「武蔵」の時もそうだけど、原作無視の制作サイドの自由さが面白味を増したのだと思います。

 大体僕は井上靖はあまり好きじゃないから、忠実でなくて良かったと思っています。

 内野さん始めスタッフのみなさん、1年間お疲れさま、ありがとうございました。

 受信料払っててよかった(笑)。

 

|

« 「子どもの教育」 | Main | 研修2つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「風林火山」終わる:

« 「子どもの教育」 | Main | 研修2つ »