« 「マインドフルネス認知療法」 | Main | 瞑想を勧める »

March 09, 2008

中竹監督、コーチングを受ける

 ラグビー大学選手権優勝の早稲田大学中竹監督が、アドレリアンのコーチングを受けていたことは前に紹介をしましたが(早大ラグビー優勝の陰に)、その様子がWebで読めるようになりました。
 毎週連載しているようです。

日経ビジネスONLINE「常勝軍団、早大ラグビーの作り方 中竹監督に学ぶメンタルマネジメント術」

 その第1回はそのまま読めますが、それ以降は会員登録をしなくてはなりません。でも無料なので、私はしちゃいました。

 是非、読んで下さい。これが面白いの。
 内容は登録制だからUPしませんが、中竹監督と平本さんのやり取りの中から、名門・早稲田ラグビー部を指揮する監督の悩みや問題意識、それにコーチングで応じる平本さんの問題の捉え方、そして実際のコーチングの様子が浮かび上がってきます。

 型にはめることなく、徹底的に肯定的に、相手の中から解決を探っていく、心身が「流れるようにすべてがうまくいく意識状態」であるゾーンのその人なりのあり方を見つけて、再現していく様子は、創造性の極み、「まさにアートだ」と感じ入りました。

 心理療法、カウンセリングにも職人技、アートの部分はありますが、今はどちらかというとエビデンス、プログラム、マニュアルといった客観性、科学性に重きを置く傾向があります。

 はっきりいうと、障害や病理、逸脱からの回復、社会適応というのは、たとえその人の個性に応じてといっても、パターン的なところが作りやすくて(なぜなら、人間の不幸は結局同じようなものだから)、健常人以上のスーパー・パフォーマンスを作り上げるには創造性やアート的なところが濃くなるのかなあと思いました。

 以前、平本さんから、
「カウンセリング、心理療法は人が牢屋から出るお手伝い、コーチングは人が山の頂上に登るお手伝い」
 と聞いたのを思い出しました。
 言い得て妙です。

 しかし、カウンセリングにもコーチングと共通する要因は多いはずで、臨床家、教育関係者にも大いに参考になると思います。

|

« 「マインドフルネス認知療法」 | Main | 瞑想を勧める »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/40431363

Listed below are links to weblogs that reference 中竹監督、コーチングを受ける:

« 「マインドフルネス認知療法」 | Main | 瞑想を勧める »