« 「気功革命」 | Main | Excelで課題解決 »

October 27, 2008

気功とは

 先週末は年に一度の我が門派の演武大会。
 台湾から来た老師たちの太極拳、形意拳、八卦掌、剣、刀、槍の動きをうっとりしながらも、食い入るように見つめる時間を過ごしました。

 いや、すごい。腕や肩はこの上なく柔らかく動き、足は地に吸い付くように落ち、体幹からエネルギーがほとばしるように出ている。
 ただきれいなだけではなく(そんな太極拳は巷にいくらでもある)、この拳で打たれたらただではすまない迫力があります。
 まさに眼福。

 どのくらい練習したら、ああなれるのだろう。

 そんな奥深い中国武術の基礎にある気功法は今や数ある健康法・養生法・鍛錬法の中でも、有力なものの一つとして、確固たる地位を占めましたが、実際気功法をどのようなものと表せばいいのでしょうか。

 前記の盛鶴延老師の言葉から引いてみます。「気功革命」コスモス・ライブラリー

 気功にはたくさんの流派があって、基本的な考え方もたくさんあります。でも、本当の基本的な原理はひとつです。それは「戻る原理」です。元のいい状態に戻す原理です。子供には元気が満ち溢れています。十六歳、二十歳くらいの人もまだ元気です。でも、歳を取るにしたがって徐々に活力が衰えてきます。持って生まれた元の気を使ってしまったのです。

 気功法は衰えてしまった体と心の活力を元のいい状態に戻す方法です。その具体的な方法は、体の内側の気の流れを活発にして、外からのエネルギーの元である気を取り入れます。そうして体の中の気の密度を高くしていくと、だんだんと元のいい状態に戻っていくのです。

 そのための具体的な方法が気功法の各功法です。

 気功法は自分の心と体をいい方向に導いていくための具体的な方法です。気功法は現実の効果、現実の変化を実感しながら進むので、いつのまにか違う方向に逸脱したり、忘れてしまうということもありません。気功法は最近考えられた方法ではありません。それは中国の歴史始まって以来、数千年の長きに渡って効果を確かめられながらずっと続いてきた方法なのです。

 

|

« 「気功革命」 | Main | Excelで課題解決 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気功とは:

« 「気功革命」 | Main | Excelで課題解決 »