« 第1回アドラー心理学学習会無事開催 | Main | ニュース雑感・また発達障害か? »

December 02, 2008

ニュース雑感・麻生さんって

 最近のニュースの感想をしばらくテキトーに書きます。

 麻生総理の「アホぶり」に国民の皆さん、知識人の方々はあきれ顔のようです。

 漢字がろくに読めない、口を開けば「失言」ばかり、場にそぐわないスピーチなど就任以来次々に露呈する失態はどうしたことでしょう。

 お坊ちゃんだから?海外生活が長いから?おたくだから?

 いえいえ子どもの特別支援教育、心理臨床をやっている人なら、ピンとくるものがあるでしょうね。誰も言わないけど。

 読みの困難さがあること、いわゆる場を読めないことなどからある種の学習障害(LD)など発達障害の傾向を感じざるを得ません。

 というのを書こうと思ってたら養老孟司先生が同じことを話してくれていたらしい。

「未曽有(みぞう)」を「みぞゆう」、「踏襲(とうしゅう)」を「ふしゅう」など麻生太郎首相が漢字の誤読を連発しているが、ベストセラー『バカの壁』で知られる解剖学者で東大名誉教授の養老孟司氏=写真=は「読字(どくじ)障害ではないか」との見解を示した。

 読字障害とは、知的能力に異常がないのに、書かれた文字を読むことが困難な症状で、原因は分かっていない。欧米では人口の10%、日本でも5%が何らかの読字障害を抱えていると言われている。

 ただ、「読字障害の人は、特異な能力を発揮することが多い」と養老氏は指摘する。発明家のエジソンや理論物理学者のアインシュタイン、芸術家ではロダンやピカソ、推理作家のアガサ・クリスティや俳優のトム・クルーズなど天才的な能力を発揮した人も読字障害だったといわれている。

 政治家ではチャーチル元英首相やブッシュ米大統領らの名前が取りざたされている。

 麻生首相は学習院大政経学部卒で、スタンフォード大大学院やロンドン大政治経済学院への留学経験もあり英語も堪能。麻生セメント社長として企業経営の経験もあり、日本青年会議所会頭も務めた。クレー射撃の選手としてモントリオール五輪にも出場経験がある。知的能力や運動能力ともに、人より劣っていては不可能な経歴ばかりだ。

 そんな麻生首相が誤読を連発したことで、首相としての資質を疑問視する声も高まっているが、逆に養老氏はプラスの側面に目を向ける。

 「読字障害は病気ではない」としたうえで、「官僚が漢字を読み間違えることは絶対になく、政治家が同じ能力で競っても勝てないだろう。官僚と戦うためには別の能力を持つ人が必要だ。麻生首相やブッシュ氏は時代に求められたとみることもできる」とエールを送った。

 景気対策や年金問題など政権が抱える課題は山積している。麻生首相にはいまこそ天才的な能力を発揮してほしいところだ。

 【読字障害】学習障害の一つで、知的能力や会話には支障がないが、文字を読むことが難しいという症状。その一方で、物事を視覚的にとらえたり、空間を把握する能力が高く、芸術や工学などで優れた能力を発揮するといわれている。

http://www.zakzak.co.jp/gei/200811/g2008112601_all.html

 そういうことです。
 もちろん、これは発達障害界にとって悪いことと早計してはいけません。
 仮にも総理だし。一応は社会適応の極限ともいえるのですから。
 確かに総理という仕事には向いてないかもしれないけど。

 麻生さんも世間からのアホ呼ばわりを払拭するために、ここはきちんと一流の先生に診察、検査、診断してもらった上で確定診断がついたら、カミングアウトしてほしいな。

 そうすれば、アホではなくて「ハンディキャップ」であり「個性」なんだから仕方ないと言い訳が立ち、攻撃を防げます。

 そして発達障害の子ども、成人までの臨床、教育、就労に財政出動とからめて巨額の投資をするのです。
 社会保障費2200億円削減なんて、それこそアホの仕業。
 財源不足なんて嘘っぱちなのだから。

 人口の5~10%はいるといわれる発達障害、自称他称を含めればもっといるかもしれません(私もその1人)。
 味方につければ、支持率もアップするかも。

 

|

« 第1回アドラー心理学学習会無事開催 | Main | ニュース雑感・また発達障害か? »

Comments

通りすがりですが、はじめまして。

最新の麻生失言(ナチス云々)は、お聞きでしょうか。

私は、心理臨床等といった方面とは全く無縁で、詳しくもなく、同じく政治関係にも、麻生氏のことにも疎かったのですが、
今回、氏の失言の数々について、少し検索してみて、その傾向性から、ああ、これだな、と、じきに察しがつきました。

国政に携わる政治家として、改憲にあたっての姿勢を説くに、「ナチスの手口」を参考にせよと唆すかのような発言ですが、ブラックジョーク云々といった擁護や、撤回したのだからという弁解は通りません。
私は、あれは本音だなと察しております。

障碍のマイナス面よりもプラス面の評価を、という提言は、私自身、身体機能に障碍を抱えており、その影響からくると自己推察している内面的な不都合もありますから、基本的には結構な考え方であると思っています。

ですが、障碍の都合で、できないことはできないのです。麻生さんが、文字を正しく読めないのを責めるのが酷なように。

本人なりに、できることで、がんばればいいのですが、
個性の特異さだけで勝負できるのは、芸術とか芸能の分野でしょう。

ここ数年、観察していると、ネットのなかでは、こうした発達障害、または精神障害といったことを、何か一種の有利な武器であるかのように、様々のかたちでの宣伝工作する人々が台頭してきていると感じ、なんとも不自然な空気になってきたなと感じていたのですが、
大きな原因の一つは、ネットおたくと呼ばれる層を筆頭に、圧倒的人気を誇るという麻生氏だったのか、ということを、やっと気づきました。

障碍そのものが罪とはもちろん思いませんが、
麻生さんのような国家の重責を担う立場の人は、第一に、その思想性、見識、判断力の高さのほうを重視せねばならないと思います。

氏の、外国要員たちとの会談における、いかにも気さくな振る舞いというのにも、独特なものを感じましたが、あれは、気さくというよりも、なれなれしいと呼ぶべき類のものだと思います。これも、障碍に由来していることが察せられます。

もう一つは、独特のウヌボレの強さです。
チヤホヤされて育った大金持ちですから、よけいにそうなるのでしょうが、
麻生氏は今後も、自省も反省も、ほぼ全く、しないでしょうし、少なくとも、表に出すことはないでしょう。

Posted by: 雪 | August 05, 2013 04:37 AM

 雪さん

 コメントありがとうございます。
 5年も前の記事ですが、当然ながらご本人はあまり変わっていないようですね。

 仰る通り、基本的な障害の上に、どのような環境に育ったか、経験の内容などにその人の個性が現れるのでしょう。

Posted by: アド仙人 | August 05, 2013 09:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュース雑感・麻生さんって:

« 第1回アドラー心理学学習会無事開催 | Main | ニュース雑感・また発達障害か? »