« 酔っぱらっちゃった人には武道を | Main | 追い詰められた竹中? »

February 24, 2009

「芸」に学ぶ心理面接法

 心理臨床家としての自分をどう規定するかを考えたとき、私は自分自身を「心理学者」だとは能力的にも学力的にも学歴的にも思ってはいませんが、心理芸者にはなりたいと思っています。
 もちろん造語です。

 時には諸国流浪をしながら、かわいそうな村娘を救う心理武芸者にもなりたいね。

 昔は私のような職種を「心理屋」という言い方をする人がいましたが、私としては、もう少しエンターテイナー性と職人技をさらに昇華させた「芸」を極めた存在になりたいというのが希望というか、方向性ですね。
 そんな私のような人間に大変参考になる本があります。

 心理面接を科学としての「技法」という側面だけではなく、「芸」として見直してみようというのが、
 前田重治著「『芸』に学ぶ心理面接法-初心者のための心覚え」誠信書房

 心理面接、カウンセリング、心理療法を古今東西の「芸論」を通して語るという興味深い内容です。

 芸論といえば「秘すれば花」の世阿弥が有名ですが、本書では世阿弥も出ていますがそれだけでなく古今東西の芸術家や評論家の言葉が引かれ、心理面接を「芸」のあり方として結びつけています。

 昔の歌舞伎役者や劇作家などなど知らない人も出ていますが、寺山修司や赤瀬川源平、谷崎潤一郎などよく知られた人の言葉もあります。

 少し引用します。

 総べて感覚と言うものは、何度も繰り返して感じるうちに鋭敏になるのであります。・・・・・文章に対する感覚を研くのには、昔の寺子屋式の教授法が最も適している所以が、お分かりになったでありましょう。講釈せずに、繰り返し繰り返し音読せしめる、或いは暗誦せしめると言う方法は・・・・実はこれが何より有効なのであります。
                        -谷崎潤一郎「文章読本」

 彼はそこに三味線の修業の例を引用している。ともかく理屈抜きに繰り返して習っているうちに、「感覚に導かれて文章道の奥義に悟入する」ことを強調している。
 面接でも、どうしたら相手の心の動きを鋭敏に感じ取れるようになるのか、ということは理屈ではない。ともかく臨床の場数をふむしかないわけで、私はしばしば初心者たちに、「経験七分に、読書三分」がいいと勧めてきた。講義を聴き、教科書を読むだけでは感覚は磨けない。
 これを裏からいうならば、ある程度は本を読んでいて知識がなくては、感覚は洗練されないということでもある。

 著者は精神分析家なので、クライエントの層も臨床スタイルも私とはおそらく大分違うと推測されますが、「芸」として見るとけっこう共通しているところがあると思いました。
 とても共感できるところがたくさんありました。

 それは個々の内容ではなく、「学びのスタイル」のことだからでしょう。

 心理面接の芸を極めたい人にはお勧めです。

 私もこんなブログをやっているのだから、昔日の武術家の秘伝書(武蔵の「五輪書」や柳生の「兵法家伝書」など)で心理面接を語ってみたいけど、古文が苦手なんだよなあ・・・・。

|

« 酔っぱらっちゃった人には武道を | Main | 追い詰められた竹中? »

Comments

「芸者」と言うと、京都の舞妓さんや高級女性コンパニオンを思い出してしまうのですが、性別に関係なく「芸を身につけた人・芸を使う人・芸を売る人」という意味に取れば、英語のartist にピッタリ一致しますね。

心理芸者=psycho artist 、心理武芸者=psycho military artist
(the master of militarry arts as a psychotherapist)と英語で理解すると内実がつかみやすいと思いました。

僕も「授業(講義)芸者」&「文章芸者(or文芸者)」として芸を磨いて生きて生きたいと思います。

日本語では、芸術家と芸人と職人を区別する傾向が強いですが、英語圏とドイツ語圏では、ハッキリした区別はないようです。

いい刺激になりました。
アド仙人さん(taichiさま)の日記に感謝してます。

Posted by: しんぷる | February 28, 2009 at 03:09 PM

 しんぷるさん

「the master of militarry arts as a psychotherapist」っていいですね。
名刺に使わせてもらおうかな。

 人間の到達目標としての「芸」は東西関係ないのですね。
 こちらこそ参考になりました。

 ありがとうございました。

Posted by: アド仙人 | March 01, 2009 at 12:25 AM

歌って戦うカウンセラーになりたいなあ。。。と思っています。
合気道や太極拳の話をまた聞きたいです☆

Posted by: ゆらゆら | May 31, 2009 at 11:48 PM

 ゆらゆらさま

 コメントありがとうございます。

「歌って戦うカウンセラー」に私もなりたいです。
 ゆらゆらさんもカウンセラーですか?

 お役に立てそうなら、是非今後もお立ち寄り下さい。

Posted by: アド仙人 | June 01, 2009 at 12:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/44147838

Listed below are links to weblogs that reference 「芸」に学ぶ心理面接法:

« 酔っぱらっちゃった人には武道を | Main | 追い詰められた竹中? »