« 追い詰められた竹中? | Main | 「アドラーに学ぶ」 »

March 05, 2009

人が捕まるとき

 前記事をアップした直後に小沢一郎氏の第一秘書逮捕に、ここまでやるかと驚きました。

 政界はまさに、ハードパンチャー同士の、フルコンタクトのど突き合いの様相を呈してきたようです。

 小野寺光二さんは数ヶ月前から、小沢氏を葬り去ろうとする小泉・森派の動きに警告していたし、前記の山崎行太郎氏も指摘するように、「小泉純一郎、ないしは、小泉一派が『政治的危機』に陥ると、意外な事件が捏造され、逮捕者が出る…。そして肝心の『政治的危機』は隠蔽される」という動きそのままで鼻白むほど、実にわかりやすいです。

 こんなことをして検察は威信が保てると思っているのでしょうかね。

 昔、まだ子どもの頃は、巨悪・田中角栄を逮捕した正義の味方・検察と素朴に思い込んでいましたが、そんなことは全くの幻想だと大人になってから大分経ってわかるようになりました。

 町を守る交番のお巡りさんや、私にとっては非行や虐待問題で一緒に仕事をする警察官と同じイメージで、権力者の世界を見てはいけないことがよくわかりました。
 そういう個々には小さいけど大事な正義を守る仕事をする彼らは、きっと誇りを持って仕事をしてくれていると思います。

 でも地方でも、選挙が終わってみると、なぜか負けた候補者の運動員ばかりが選挙違反で逮捕されるのは不思議だなあと前から思っていました。

 一昔前の山梨の選挙はすごいんだから。
 金が鯉みたいに沢登りに昇っていくとか、朝起きたらトラクターが家の前に置いてあったとか、子どもの頃から「伝説」はたくさん聞いています。
 「お互い様」に決まっている。

 みんな権力には弱いよね。
 僕だってそう。
 今回の事件の本当の権力者は誰かな。わかりきっているよね。

 アドラー心理学や発達障害の本を紹介しようと思ったけど、人間や組織を学ぶには政治はまたとない教材だと思うので思わず感想をアップしてしまいました。

|

« 追い詰められた竹中? | Main | 「アドラーに学ぶ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人が捕まるとき:

» 小泉純一郎 ロシア [得トク探検隊]
小泉改革は誤りだったのか 日経 大機小機 最近の国会論戦では与野党を問わず、小泉純一郎氏の首相時代の構造改革が誤りで、郵政民営化も見直すべきだという意見が出てくる。しかし仮に小泉改革によって経済が停滞し、地方が疲弊しているのなら、単に過去の制度に戻しさえすれば多くの問題は解決 ...(続きを読む) 麻生太郎 自民党 小泉純一郎には除名だろ!(続きを読む) 人が捕まるとき 小野寺光二さんは数ヶ月前から、小沢氏を葬り去ろうとする小泉・森派の動きに警告していたし、前記の山崎行太郎氏も指摘するよう... [Read More]

Tracked on March 06, 2009 02:41 AM

« 追い詰められた竹中? | Main | 「アドラーに学ぶ」 »