« 近藤等則に会う | Main | 日本とシルクロード »

March 31, 2009

さよなら、児相

 月末に人事異動の辞令が下りました。

 県立の精神科単科の病院に赴任せよ、との内容でした。

 長年住み慣れた児童相談所を去ることになりました。

 もう大分長く勤めているし、一身上の都合も絡んで今年は異動はあるかなと思っていましたが、事前の情報とは違い、そこになるとは正直、意外な決定ではありました。

 思えば、いろんな職場を経験しましたが児童相談所が私の場合一番長く、通算では児童福祉司として3年、児童心理司(旧心理判定員)としては12年働いたことになります。

 日本の臨床現場としては、おそらく最もハードで、最もクライエントの問題の幅が広い場所で、自分は育てられ、鍛えられたと思います。

 やり残した仕事やケースはあり、クライエントの親子や仲間とお別れするのが何だか寂しい気分もあるのですが、前向きに捉えて新たな学びのステージに入りたいと思います。

 今度の職場では、デイケアの心理士になります。
 統合失調症の患者さんがメインですね。大人ばかりです。
 だから児相とは大分、雰囲気も動きも違いそうです。うまくできるかなあ。

 そこのデイケアで、私は認知療法を担当するようです。
 改めて勉強しなきゃ。

 児童相談所よ、ありがとう、さようなら。

|

« 近藤等則に会う | Main | 日本とシルクロード »

Comments

そうですか。
長らくお疲れ様でした。
大きな仕事をして来られたと思います。

大人の総合失調症患者がお相手となると、これまた一筋縄では行かないお仕事ですね。

今後もまた活躍される事、充実した業務をなされる事、そして武術の練習時間も有る程度取れる事を願います。

Posted by: 渡辺 | April 01, 2009 at 01:06 AM

おかしいですね~
児相で幕を閉じるとばかり思っていたのに・・・う~ん。

私も今日から中学生のママ(担当)になります(゚▽゚*)・・・。
絶対病んでくると思うので、近々カウンセリングを予約します。

新しいところでも頑張ってくださ~い!!
遊びに行きますね☆

Posted by: りょう | April 01, 2009 at 08:19 AM

 渡辺さん

 ありがとう。
 稽古と仕事を何とか両立できたのは皆さんのおかげですよ。
 今度はデスクワークよりも散歩やスポーツの時間があるので、多少は稽古に役立つかもしれません。
 本部にもっと行けるようにしたいと思います。


 りょうさん

 僕もはっきり言ってどうしてなのか頭をひねってますよ。

 措置後のセラピーを担当することができなくなりました。
 やっぱり子どもの方がダイナミックで面白いですよ。

 病んだらまず一緒に稽古しましょう。

Posted by: アド仙人 | April 01, 2009 at 11:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/44526321

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、児相:

» 恋愛の心理学 [恋愛の心理学]
恋愛の心理学を学んで、あなたもワンラク上の恋愛術を手に入れましょう。 [Read More]

Tracked on April 02, 2009 at 09:51 PM

« 近藤等則に会う | Main | 日本とシルクロード »