« 「売国者たちの末路」 | Main | 植草はガリレオだ! »

July 28, 2009

植草事件の背景

「売国者たちの末路」には、植草一秀氏がなぜ痴漢事件にはめられたといえるのか、副島隆彦氏の分析が前書きに端的に記されています。

 それは、植草氏が経済政策についてあまりにも優秀であったためです。

 植草氏は日本国で「郵政民営化」という名の、日本国民の資産の強奪(アメリカに貢いだ)を行った者たちの所業を、最も正確に緻密に分析し指摘してきた一流の経済学者である。そのために植草一秀は、竹中平蔵を守り護衛する、アメリカで訓練された公務員忍者部隊に狙われ、残酷なスキャンダル攻撃で痛めつけられた。例の痴漢冤罪の謀略である。
    (中略)
 当時(2004年4月)から植草事件の勃発の経緯を遠くから凝視していた私にはわかっていたことがある。それはあの当時、金融担当大臣になったばかりの竹中平蔵を、自民党の最高実力者7人が力を合わせて引きずり降ろそうとした。そしてその後任(後釜)に植草氏を、日本国民の総意をもって、折り紙つきの有資格者として金融担当大臣に任命しようとしたのである。その時の自民党の最高実力者とは、青木幹雄、亀井静香、野中広務らであった。

 ところがこのときの日本側の策は、アメリカに見抜かれて一挙に潰された。上記の実力政治家たちは自分の生き残り(政治生命)のために尻尾を巻いた。このあと、ひとり植草氏だけが戦場に取り残され、宿敵・竹中平蔵を防衛する特殊部隊(special forces スペシャル・フォーシーシーズ)に狙われて、業火に焼かれ生身を削がれるような謀略攻撃をかけらた。しかも2回も。私は植草氏への2回目の痴漢冤罪謀略の「被害者」は婦人警官だと今も信じている。彼らは己の罪の深さを知るべきだ。

 あの時期、人事を巡って日米、小泉側、反対勢力と熾烈な戦いがあったのですね。

 副島氏は、「植草氏ほど真剣に国民のことを思い、金融・経済政策の立て直しで政策立案能力を備える人はない」と植草氏を国政に復帰させるべきだと主張しています。
 それが実現すると本当にいいなと思います。

|

« 「売国者たちの末路」 | Main | 植草はガリレオだ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 植草事件の背景:

« 「売国者たちの末路」 | Main | 植草はガリレオだ! »