« 教育心理学会自主シンポジウム | Main | 「精神分裂病者への接近」 »

August 10, 2009

心理臨床学会自主シンポジウム

 秋の予定第2弾。
 前記の教育心理学会の翌日、凝りもせず、恐れ多くも、今度は天下の日本心理臨床学会に出ます。

日本心理臨床学会自主シンポジウム

日時:9月22日(火・祝日) 15:00~17:00

場所:東京国際フォーラム

テーマ:心理臨床におけるアドラー心理学の活用-アドラー自主シンポジウム②-

企画・司会者  鈴木義也(東洋学園大学)

話題提供者   八巻秀(駒澤大学/やまき心理臨床オフィス

                    青沼眞弓((医)デイケアクリニックほっとステーション)

指定討論者   深沢孝之(山梨県立北病院)

 昨年に続いての第2弾となります。

 鈴木先生、八巻先生、青沼先生共、アドラー心理学が好きな本当に優秀な臨床家ばかりで、学問的な話は彼らに任せればよいので気持ちは楽ですが、何せ日本一でかい学会なので少々緊張します。

 指定討論者なんてほんとは偉い人がなるもので、研究者でも学者でもない私では本当は不適任ですが、申込み上ということでそれにこだわらず、みんなで自由に臨床の世界にアドラー心理学の考え方、良さをお伝えできたらと思います。

 こちらは会員でないと参加できませんが、会員の方でもし関心を持たれましたら、お越し下さい。

 それにしてもアメリカの心理臨床界では、アドラー派は5%はいるらしいです。
 その伝でいくと同学会は19,000人の会員がいるそうで、950人もいていいはずですが、私の知る限り、アドラー心理学を多少でも取り入れている人は10人もいません。

「絶滅危惧種」アドラー派の存在を知らしめたいと思います。        

|

« 教育心理学会自主シンポジウム | Main | 「精神分裂病者への接近」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 心理臨床学会自主シンポジウム:

« 教育心理学会自主シンポジウム | Main | 「精神分裂病者への接近」 »