« 免疫力をつけるには | Main | 国家資格はいずこ? »

September 07, 2009

免疫力をつけるには・2

 免疫力をつけるにはどうすればいいか。
 前記「秘伝」誌の「腸能力を磨け!」には、そのキーになるのは細胞内のミトコンドリアで、その機能を上げることが最重要と説いていています。
 そのためには「栄養素と酸素」を考えなければならず、栄養素には食事が、酸素には呼吸が当然関連します。
 本誌では、先ず「口呼吸」の弊害が指摘されています。
 つまり口から息を出し入れする呼吸は身体にとってとても問題らしいのです。

 免疫学者、西原克成氏はその理由を詳しく説明してくれています。一部を引きます。

 口は本来食べ物を体内に取り入れるための入り口で、鼻のように空気を取り込むのに適した構造にはなっていません。鼻から吸入された空気は、繊毛(鼻毛)と粘膜の作用で雑菌やホコリ、ゴミなどが除去され、副鼻腔で冷えた外気が温められてから気管に取り入れられますが、口にはこうした天然のフィルターがないからです。

 口呼吸では乾いた冷えた外気が直接喉に当たり、ウィルスも易々入ってしまいます。
 この結果、「体の組織・器官の細胞が黴菌に汚染され、ミトコンドリアの働きも低下します」

 口呼吸が問題であるなら、当然口からハッハッと息をする「スポーツは体にとても悪い」というのが著者や西原氏の主張です。とても興味深いですね。
 西原氏は、

「マラソンや水泳、サッカーなど全身を酷使させる運動を想起して下さい。こうした運動は大量の酸素が必要になるため、鼻呼吸だけでは対応できず口呼吸が習慣化してしまいます。こんな口呼吸病をうながす行為を幼い頃から奨励しているのが、いまの学校体育です。中高年世代にメタボ対策などといってジョギングなどをすすめることもあるようですが、私からすれば自殺行為というほかありません。生きるということは「息る」ということです。呼吸の重要性について考えていないスポーツは、健康づくりとは何の関係もないものなのです」

 と辛辣なことをいっています。
 そして著者の長沼敬憲氏は、

 もし運動を取り入れるなら、口呼吸ではなく、鼻呼吸を主体とした太極拳のような伝統武術、ゆったりペースのストレッチなどが適していることになる。西原氏もこうした理論に基づき、独自の横隔膜呼吸法をすすめている。

 と、太極拳などの武術の優秀性を評価してくれています。

 やはりそうだったんですね。

 ちなみに本誌で写真入りで紹介されている横隔膜呼吸法という体操を見ると、普段私たちが稽古の前にしている準備体操(抜筋骨と呼んでいます)とほとんど同じか似ている動きばかりです。

 やっぱり免疫力を上げるには、武術や気功がいいですねえ。

|

« 免疫力をつけるには | Main | 国家資格はいずこ? »

Comments

紹介ありがとうございます! 忙しくて自分のブログも更新できないほどでしたが、紹介していただけて嬉しく思います。

呼吸はミトコンドリアに直接酸素を届けられる手段で、しかもお金がかからない(笑)。
「呼吸も食事である」という視点に立つと、「カスミを食べて生きる」仙人の世界もあながち嘘でないことが見えてきます。

栄養学も酸素や水、日光などを栄養素として加えたほうが、本当の意味で健康指導ができます。
おかげさまで「秘伝」の連載も好評(のよう)なので、今回のような情報を紹介していけそうです。

副交感神経を優位にさせる太極拳は、インフルエンザ対策にもなりますよ! ただし働きすぎ、睡眠不足は要注意ですが。。

よろしかったらまた感想をお願いします。


Posted by: takanorix | September 08, 2009 09:46 AM

takanorixさん

 ありがとうございます。
 ご活躍されていて、本当にうれしいです。

 連載記事は「秘伝」の中で実際の武術そのものではなくても、とても大切な情報を提供していることを読者は気づいているのだと思います。

 次号も楽しみにしています。 

Posted by: アド仙人 | September 08, 2009 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 免疫力をつけるには・2:

« 免疫力をつけるには | Main | 国家資格はいずこ? »