« 用意不用力 | Main | SMILE開催! »

November 21, 2009

発達障害と睡眠障害

 今月始め、日本女子大学で行われた二日間に渡る臨床発達心理士の研修会に参加しました。

 同会はいつも充実した研修を用意してくれるのですが、初日は発達障害のアセスメントのための新しい検査DN-CASと、関西を中心に今でも根強い人気のあるK式発達検査の勉強でした。最近は精神科デイケアにいるので子どもの発達検査は縁遠くなってしまいましたが、いつまた実施する立場に戻るかわからないので、改めて学びました。

 二日目が特に面白かった。
「睡眠と発達障害-学童期支援の最前線・眠育の重要性」というテーマで、伝染病ではないのにもはや「蔓延する」といってもよい状況の子どもの二大問題、不登校や発達障害の原因、背景にこれまでほとんど語られることのなかった睡眠があるという衝撃的、かつ興味深い内容でした。

 講師は兵庫県立総合リハビリテーションセンター、子どもの睡眠と発達医療センターの三池輝久先生、小児科医であります。
 先生は長い間睡眠と子どもの発達の関連を研究され、上記の結論に至ったそうです。

 睡眠が重要なのは誰もが納得するでしょうけど、確かに子どもの発達には胎児期、乳児期からの生活リズムに深く関連するのは間違いないと思います。
 先生によると、この40数年で日本人の生活はどんどん夜型になったにも関わらず、朝の起床時間は変わらないので、睡眠時間は減っていき、1日50分以上短くなったそうです。
 その結果子どもの脳の発達に重要な影響が出ているといいます。

 睡眠不足の結果脳機能のバランスが悪くなると、発達障害に至ったり、アルツハイマーを加速させたり、細胞のミトコンドリアを壊しエネルギーが作られなくなると考えられるそうです。
 子どもには学校生活に影響があるのはもちろん、糖代謝異常、肥満、持久力低下、不安、うつ状態、行動異常、多動、学習障害を引き起こします。

 ずばり先生は、発達障害は最近の子どもたちの睡眠・覚醒のリズムと深い関係があり、不登校もけして「心の問題ではない」と断言します(不登校の場合は睡眠不足より過眠という睡眠障害)。むしろ今までの不登校へのアプローチはは、専ら心の問題にし過ぎたために何年経っても一向に問題の改善が見られないと、これまでの不登校の心理臨床に批判的です(ということはこれまでの教育臨床、あるいは臨床心理士的な臨床心理学に批判的ということでしょう)。

 このようなリズミカルな睡眠が乳幼児期に障害されるとその後の脳の発達に様々な影響が現れることが心配されます。ADHD(注意欠陥多動性障害)、言葉の遅れ、自閉症関連疾患を含むコミュニケーションの問題など、いわゆる発達障害と呼ばれる状況を引き起こしやすいと考えられます。発達障害と呼ばれる状態は「脳機能のバランスが著しく均衡を欠く状態」と言えるでしょう。

 睡眠状態と発達障害の関連を見てきますと、発達障害の素質を持った子供たちに睡眠不足を中心とした睡眠障害が起こると脳機能の不均衡が著明となり発達障害的状態が引き起こされやすくなる、ということが見えてきます。

 そうすると発達障害の素質を持った子供たちでも睡眠を中心とした生活リズムを乳幼児期からしっかりと形成し保持していくことで発達障害発症予防が可能かもしれないという仮説が浮かび上がります。(当日資料より)

 アドラー心理学の全体論的立場からいっても、子どもの発達・行動上の問題が心の問題に還元されるわけがありません。必ず、それは身体の問題でもある。覚醒時のあれこれだけでなく、睡眠も大きい要因であるのは間違いないでしょう。

 発達臨床上の最重要な視点を教わりました。

 しかし、私を含め、今の生活環境で睡眠リズムを直すのはなかなか難しそうだ・・・。

 

|

« 用意不用力 | Main | SMILE開催! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/46815764

Listed below are links to weblogs that reference 発達障害と睡眠障害:

» わたしは、わたし自身の心の状態を、事実として受け入れられません。というか、受け入れるのをあえて拒んでいるようです。 [うつ病ブログ(メンタルヘルスの広場)]
わたしは、うつ病とパニック障害です。 わたしは、わたし自身の心の状態を、事実とし [Read More]

Tracked on November 21, 2009 at 02:27 PM

» ADHD 症状 [ADHD 症状]
ADHDの症状についての情報です。 [Read More]

Tracked on November 29, 2009 at 08:10 PM

» 発達障害児 支援 [発達障害の子育て教育体験記]
お子さんが発達障害と診断されどうしていいかわからない・・・そんな悩みを抱えているお母さんへ [Read More]

Tracked on December 13, 2009 at 02:20 AM

» 発達障害児の心と行動 [発達障害の子育て教育体験記]
お子さんが発達障害と診断されどうしていいかわからない・・・そんな悩みを抱えているお母さんへ [Read More]

Tracked on December 13, 2009 at 03:46 AM

» 発達障害児の心と行動 [発達障害の子育て教育体験記]
お子さんが発達障害と診断されお悩みのお母さんへ [Read More]

Tracked on December 17, 2009 at 01:11 AM

« 用意不用力 | Main | SMILE開催! »