« 世界はアスペを求めている | Main | 「心の雨の日の過ごし方」 »

December 27, 2009

政権交代の後

 政権交代から4ヶ月経ち、私は鳩山民主党はなかなかよくやっていると評価しています。

 やはり歴戦の強者、小沢一郎と亀井静香はさすがに腹も据わっていて、すばらしい動きをしていると見ています。
 ほとんど正しいことを言っているのではないか。

 彼ら荒くれ者とさらに他党や野党、米中の間に立って、グダグダ戦略を取って時間稼ぎをしているのが鳩山首相でしょう。本人もパーソナリティーでもあるのでしょうけど、システム論的にはなかなか興味深い関係性です。

 私の領域でいえば、障害者自立支援法の見直しや子ども手当、児童扶養手当を父子家庭にも拡大することなど、期待できるものが出ています。

 小沢支持の副島隆彦氏も言っていますが、鳩山民主になってもけして経済の問題は解決しないし、生活は楽にはならない、そのためこれから「鳩山不況」とマスコミは叩きにかかるだろうけど、この方向しかないのだと思います。
  ブッシュ・小泉時代の負の遺産があまりにも大きいだけでなく、おそらく歴史レベルでの大きな変動の波に今から入るためかもしれません。

 例えば今、世界の覇権がアメリカから中国に移ろうとしている。

 アメリカの属国根性が染みついている日本は今そのために揺れているのでしょう。
 ご主人様が替わるかもしれないので、属国の臣下たち(日本の支配層)が争っているのではないか。
 普通の人は日本が独立国だと思っていますが、そんなことあるわけない。歴史上属国(by副島隆彦氏)であり辺境(by内田樹氏)でしかあり得ないのが私たち日本人なのです。だからといってけして悪いわけではないのがミソですが、この辺はまた考えます。

 鳩山首相も小沢一郎も、適当につき合いながらアメリカの弱まりを待っているように感じられます。

 それに対して最近のマスコミや検察の小沢・鳩山攻撃は、基本的にアメリカの代理を務めてきたのでまだ頭が切り替わらない人々が多く、また権力基盤を脅かされている勢力による反抗、抵抗と見るとよくわかるように思われます。

 欧米の歴史や中国や韓国などでは政権が変わると、前の権力者たちは粛正されたり、逮捕されたり、秘密が暴かれたり大変なことが起こるものです。
 日本はさすがにやさしいというか忘れっぽいというか、核密約説の嘘の暴露はあったけど、そこはやはり「友愛」の鳩山さん故でしょうか(笑)。

 私たちは、今、支配者が変わるということはどういうことかを、日本と世界の2つのレベルで体験しているのかもしれません。

 

 

|

« 世界はアスペを求めている | Main | 「心の雨の日の過ごし方」 »

Comments

なるほど~
鳩山首相、プリ-ザー傾向が強いと思うんですけど、それがシステムの上ではうまく機能していると・・・。マスコミは、不況を誰かのせいにしたい国民の気持ちをうまく代弁して支持を得ているのでしょうね。

Posted by: 蕪(かぶら) | December 27, 2009 08:26 AM

財源が足りないのだから、子ども手当に年収300万円の所得制限を設けるべき。
橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当がもらえる。
これから3人の子供を生むとすると、総額1千4百万円の他人のお金(税金)がもらえる。
在日ももらえるのが最大のみそ。
注)2.6万円x12ヶ月x15年x3人=1.4千万円
防衛費よりも多い毎年5.3兆円を使って高所得の家庭まで支給する必要は無い。
社会主義に偏向した民主党は何でも一律が公平だという偏見と誤解を持っている。
政権交代という目的を達成するために、いかに他人のお金をばら撒いて集票するかというのが、出発点であるから理念が無い。
少子化対策という明確な理念があり、効果も証明すれば反対者は減るだろうが、少子化対策にはならない。
実質は、こども手当ではなく、集票を目的とした大人手当である。

Posted by: 子ども手当に所得制限を設けよ | December 27, 2009 06:44 PM

 蕪さん

 そうですね。
 一人の性格に目を奪われると、価値評価に傾いてしまいますが、少し引いて眺めると、システムや目的論的にうまく機能していることが見えてくることがあります。
 政治は家庭や学校よりもっと複雑だろうけど、基本は同じでしょう。

 アドラー心理学や家族療法を学ぶとこういう時にも、ちょっと違った視点を持てますね。

Posted by: アド仙人 | December 27, 2009 11:44 PM

 子ども手当に所得制限を設けよ さん

 私も同じ考えです。金持ちには要らないですね。
 ただ300万以下の低所得層に留まらず、子育てに追われる中流階級層にもしっかり出すべきだと思います。400万~700万辺りでしょうかね。

 在日のみならず、無保険、無収入になりがちで虐待や棄児のリスクの高い外国人家庭にも出してあげていいでしょう。そういったことたちを公的に育てるコストの方が、本当はよっぽど高いからです。

 ばらまきは政治の常道、自民も民主も同じことで、どちらが自分の所属する階層の利益になるかということです。
 その意味では小泉以前の昔の自民は実は社会主義的で、今は民主の方向が私の利益になると思っています。
 
 しっかりと票をつかんでほしいですね。

Posted by: アド仙人 | December 28, 2009 12:00 AM

アド仙人さん

なるほど納得です。
個のパーソナリティーが集団でどう生きるか。
そうすると、(「個」のレベルでは)いいも悪いもないですね。

Posted by: 蕪(かぶら) | December 28, 2009 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政権交代の後:

« 世界はアスペを求めている | Main | 「心の雨の日の過ごし方」 »