« アドラー心理学学習会開催! | Main | 小沢不起訴の深層 »

February 04, 2010

取調室の中で

 小沢一郎不起訴で終った今回の騒動で、私が学んだのは、検察特捜部はけして正義の味方でも何でもなく、官僚の味方であり、その組織の誕生のいきさつからしてもアメリカ政府の代理人に過ぎず、長年それを擁護し続けてきた立花隆などはまったくの偽ジャーナリストに過ぎなかったことがわかったということでしょうか。若い頃は立花隆を尊敬していたけど、損した気分。
 ま、大人になったということで。

 文芸評論家・山崎行太郎氏の毒蛇山荘日記で知ったのですが、鈴木宗男氏のムネオ日記1月26日の記事に、検察の取り調べの実体を知る興味深い記事があります。

 自身「国策操作」で逮捕され外務相を追放された佐藤優氏と石川知裕代議士のやり取りがすごい。

月刊『創』3月号「ナショナリズムという病理・石川知裕衆議院議員の逮捕 取り調べの可視化を急げ」
 〈翌14日の取り調べについての話は、15日に聞いた。「熾烈だった」と石川氏は言っていた。午後1時半に銀座某所で検察側と待ち合わせ、そこから検察側が用意した車に乗せられ、検察庁で取り調べを受けた。取り調べでは、「僕を小沢先生から切り離そうとして、さまざまな揺さぶりをかけてきた」と石川氏は述べた。検察官は、「君は小沢先生に忠誠を誓っているが、小沢先生の方はどうかな。小沢側は君を切っているぞ。君は小沢事務所では冷や飯を食わされていたんだね。人生をやり直した方がいいよ。政治家をやめるんだ」とまで言ったそうだ。取り調べは午後2時前から10時頃まで行われたという。以下、取り調べに関する石川氏と筆者のやりとりの一部を再現する。石川「佐藤さん、頭が朦朧として、時間の感覚もなくなってしまいました。もう政治家をやめてもいいと口走ってしまいました」(泣きながらの発言)佐藤「国会議員に当選するのもたいへんなんだよ。あなたは、十勝(北海道11区)の有権者の代表として国会に送り出されたんだ。その責任があるよ。検察官が国会議員をやめさせることはできない。これは民主主義の根本原理だよ」
 石川「理屈ではわかっているんです。しかし、取調室のあの空間では、検事に引きずられてしまうんですよ」
 佐藤「わかるよ。僕自身、特捜に逮捕され、取り調べ受けた経験があるからよくわかる。検察官は悪い奴らじゃない」
 石川「そうなんです。怒鳴られた後、やさしい言葉をかけられると、この人はいい人だと思ってしまうんです」
 佐藤「取調室の中は、人間と人間の真剣勝負の場だ。検察官は彼らの立場から、石川さんの将来を真面目に考えている。特に担当の検察官は、検察庁の内部では、石川さんの罪の負担が軽くなるように、あなたを守るべく本気で頑張っている。しかし、それはあなたを釜ゆで、ノコギリ引きにはしないで、絞首刑で楽にさせてあげるということが大前提なんだよ。政治家としての石川知裕を『殺す』ことが検察官の仕事なんだ」
 石川「わかっています」
 佐藤「検察官に引きずられて、自分がやっていないことを認めたらダメだよ。その後、一生後悔することになる」
 石川「わかっています。わかっています。しかし、優さんはわかっているでしょう。あの取調室にいくとどういうふうになるか。××検事に引きずられちゃうんですよ。でも、僕は小沢先生を裏切ることはできません」(再び泣く)
 佐藤「どんな状況になっても自分がやっていないことを認めたらダメだよ。一生後悔することになる」
 特捜事件では、物証よりも供述が中心となる。どのような取り調べの結果、調書が作成されるかについてを録画、録音する可視化を急ぐべきだ。
 被疑者が娑婆にいるうちは、事実に基づいた反論が可能だ。しかし、特捜によって逮捕、勾留された被疑者は、通常、接見等禁止措置(接禁)が付される。接禁になると弁護人以外とは、家族を含め、面会はもとより文通もできない。新聞購読も認められない。取り調べ期間中、弁護士面会は、原則1日1回30分に制限される。これに対して、検察官の取り調べは10時間を超えることもある。ちなみに筆者の場合、検察官が思い通りの供述を取ることができないと思っていたせいか、取り調べは午後6時から7時の間に始まり2~4時間程度だった。土日も取り調べがあった。外界の情報、人間から遮断され、唯一の話し相手が検察官になると通常の人には、検察官が味方のように思えてくるのである。
 接禁を付された被疑者が、報道から隔離されている間に検察はリークで、被疑者があたかも「落ちた(全面自供した)」印象をつくりだそうとする。〉

 心理学的にも興味深いと思いませんか?

 孤独の中で恐怖を味合わせたかと思うと、上位者はいきなり情緒的に共感の姿勢を示す。それによって攻め立てられる人は、相手に簡単にラポールを抱いてしまう。

 洗脳というか、ストックホルム症候群に似たような現象ですかね。

 こんな奇妙な世界に起こった現象(自白)にどれだけの価値があるのか、やはり疑問に思わずにいられません。

|

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 小沢不起訴の深層 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 取調室の中で:

» 蒼海の 「追いつき追い越せ 1」 [ガラス瓶に手紙を入れて]
昨年末、政府の行った予算の仕分けが、新聞紙上を賑わしました。 [Read More]

Tracked on February 05, 2010 04:35 PM

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 小沢不起訴の深層 »