« 千葉佐那は甲府に眠る | Main | 山梨でSMILE開催! »

March 15, 2010

幕末土佐と甲斐の縁

 前回記事の評判が周囲から上々だったので、さらに気をよくして「龍馬伝」便乗企画でいきます。

 土佐(高知)と甲斐(山梨)は遠く隔たっていますが、歴史の裏では意外と関係があるという話です。

 以前、武田勝頼は生きていた!という記事で、武田家最後の棟梁・武田勝頼は実は土佐まで落ち延びて、名を変え、立派に生きていたという土佐に伝承された説とその地域の運動を紹介しました。

 実は本当に武田家関係者は戦国末期に何人も移り住んでいたようです。

 その末裔の一人は板垣退助

 元々彼は「乾(いぬい)退助」と名乗っていたのですが、戊辰戦争で官軍が中部を抜けて甲州街道から江戸に攻め上がる部隊の総大将でした(東海道は西郷隆盛)。
 いよいよ官軍が信州から甲斐に入るときに、突然乾は「板垣」に名を改めます。

 彼は、
「我が家の先祖は、武田家重臣・板垣駿河守信方である、今後は祖先の姓に戻して板垣と名乗る」
 と言いだしたのです。
 板垣信方は武田信玄の養育係で、家老を勤めた超重臣。
 一昨年の「風林火山」では、千葉真一が、中井貴一主役の昔の大河「武田信玄」では菅原文太が演じていましたね。

 乾退助は、甲斐に入るに当たって、幕府直轄地で抵抗が予想された甲斐の人々を懐柔するため、あるいは故あって土佐に落ち延びて姓を変えざるを得なかった祖先の思いを慰めるためや武田の武威にあやかるために、板垣退助となったのかもしれません。

 そしてもう一人は「龍馬伝」でおなじみ、岩崎弥太郎。香川照之の演技はすごいですね。

 ドラマでは岩崎家は滅茶苦茶貧乏に描かれていますが、元々は武田の遺臣であると称していて、家紋は武田菱だそうです。
 そして弥太郎が作った財閥・三菱のマークは、四つの菱の武田菱から来ているのです。何でも、武田の四つ菱は恐れ多いので、一つ減らして三菱にしたとか。

 実際今も山梨に岩崎姓は多くありますし、この話は甲府在住のミステリー作家で、武田家の日本史への影響に詳しい岩崎正吾氏から教えてもらったものです。

 岩崎弥太郎の商売上手は、えげつない甲州商人を輩出した甲斐人のど根性ともつながっていたのかも、と想像してしまいます。

 ちなみに副島隆彦氏によると、三菱はロックフェラー系、近江商人の三井はロスチャイルド系だそうです。この話とは関係ないけど。

 歴史のちょっとしたエピソードって面白いですね。

|

« 千葉佐那は甲府に眠る | Main | 山梨でSMILE開催! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幕末土佐と甲斐の縁:

« 千葉佐那は甲府に眠る | Main | 山梨でSMILE開催! »