« 鳩山首相の能力 | Main | 「ゆるめる身体学」 »

April 30, 2010

「太極拳 全」

 中国伝来で日本に完全に根づいたものは仏教とか漢字とか古来からたくさんありますが、20世紀以後では何といってもラーメンと太極拳でしょう(笑)。

 しかしラーメンはもはや日本食といっていいくらいですが、太極拳についてはまだその「真の姿」を知る人は必ずしも多くはないかもしれません。
 武術・護身術であり、健康法であり、体操であり、気功法であり、治療法でもあり、瞑想法でもある、といった太極拳の多様な姿が部外者からはもちろん、学んでいる当事者たち(時には教えている人たちにも)も全貌をとらえきれないほど幅広く奥深いものだからです。

 そんな太極拳を、本来の伝統武術からの視点で浮き彫りにしたのが、「太極拳-全」地曳秀峰著、東京書籍 です。

 我が師の著書であり、私が20年以上学び続けている正宗太極拳の全貌がうかがえます。一般に普及している簡化太極拳と違い、99も技がつながる長い型で演武すると20分以上もかかるのですが、その全てが分解写真で公開されています。しかも我が門派の総帥・王福来老師による演武による写真という超貴重なものです。
 私はいつも王老師の太極拳の演武を見ると、うっとりと見惚れてしまうのですが、その雰囲気が伝わってきます。

 写真だけでなく、日本に初めて太極拳を伝え、その武術的実力で当時の日本武道界を震撼させた王樹金老師の事績も写真と共に多く語られています。
 注目すべきは現在エコロジー的な活動と作家で活躍しているC・W・ニコル氏へのインタビュー記事。
 ニコル氏は若い頃空手修行で来日し、当時の空手の代表的指導者である中山正敏氏の下にいたのですが、そこに訪ねてきた王樹金老師のことが思い出されている貴重な証言です。

 同門でなくても、読み応えがあると思います。太極拳に関心のある方は是非手にとってご覧下さい。

|

« 鳩山首相の能力 | Main | 「ゆるめる身体学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「太極拳 全」:

« 鳩山首相の能力 | Main | 「ゆるめる身体学」 »