« アドラー心理学と中国武術を北陸に伝える | Main | 研修中 »

May 29, 2010

韓国沖に何が起こったか?

 普天間問題の落着させ方を見ると、私は「属国の悲哀」を感じざるを得ません。

 属国である事実を感じたくない人、見たくない人、まったくそんなこと知らない脳天気な人は、「米軍出てけ!」と沖縄と共に米軍追放運動もできず、かといって「沖縄の人がかわいそうだから、自分たちのところに米軍を呼ぼうじゃないか」なんてことはもちろん言えず(私だって言えない)、思い通りにならない事態に右往左往し悩める首相を責める「報道」という名のフィクションに同調するしかないのです。

 この騒ぎの最中、3月26日に起きたとされる韓国哨戒鑑の沈没について、それが一般に報道されている北朝鮮犯行説に対する驚くべき重大な疑義が出されています。

 いつも注目しているジャーナリスト田中宇(さかい)さん、そして副島隆彦さんが珍しく「共闘」しています。「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」 1606番の記事より

 どうも、現場にいた米原潜(べいげんせん)が 事故、事件に関与している。 北朝鮮の海軍の艦船からの魚雷の発射ではない。 韓国の哨戒艦(しょうかいかん、実質は、対潜水艦用の デストロイヤー=駆逐艦=くちくかん=、敵の潜水艦を駆逐する )のほぼ真下から米原潜が浮上した。 そして米原潜が、哨戒艦を真っ二つにして、自分の艦橋(かんきょう)部分を破損して、潜望鏡が数本折れたようだ。そして、おそらく数人の米兵が死んでいるようだ。

 米兵の死傷者のヘリコプターによる救出、運搬が終了したあとで、韓国艦の救援が行われ、生存者が58人で、46人の死体の遺体が搬送された。

もし、米原潜が破損して現場に沈没していたら、乗員は500人ぐらいだろうから、米国内で必然的に大騒ぎになる。乗組員の家族が黙っていない。だから、この米原潜は、衝突後、自力で現場から脱出しただろう。

 そして、この2ヶ月間、ボロが出ないように、しかし慌てた様子で、米国と韓国(李明博= イ・ミョンバク=政権)は、北朝鮮を非難して国連安保理(こくれん・あんぽり)に北朝鮮への非難と制裁を求める動きに出た。

 事件から丁度2か月たった、この数日で、「北朝鮮が魚雷を撃って韓国の哨戒艦(1200トンぐらい、104人の乗組員がいた)を沈めた」という非難の表明をしている。

 北朝鮮は、一貫して、事件、あるいは事故への関与を否定している。中国はずっと慎重な態度である。日本政府は、いつもの通り、アメリカ政府から命令されて、無理やり、「韓国と歩調を合わせて、北朝鮮非難を行え」と押さえつけられている。鳩山首相は、きっと、この2か月、この問題でも不愉快極まりなかっただろう。心中(しんちゅう)をお察し申し上げる。

(中略)

私は、今度の韓国の哨戒艦の沈没は、米原潜との衝突によるものだろうと、推断する。それは偶発的なものであって、アメリカ政府が、本格的に北朝鮮との戦争を企画した、そして、中国とも本気で険悪になろうとしてのことだとは、思わない。  

 したがって、このような形で、韓国人の艦船乗組員が46人(プラス水中処分隊員1人)が死ぬ事故(韓国内は、怒りが今も充満していることだろう) になったことを、アメリカの計画通り、北朝鮮への挑発的な、軍事行動とは、言えないと、現時点では思う。

 それにしても今のアメリカがやることは、お粗末だ。だから、全体としては、世界覇権国アメリカの世界管理能力の衰弱、衰退だ、と大きくは観察される。

 こんなにお粗末では、とても朝鮮戦争(1950年6月)勃発時の アメリカによる プエブロ号事件 や、ベトナム戦争の米軍の軍事進攻の口実、きっかけを作ったトンキン湾事件 のような、インチキは、もう 世界中の人々が許さない。

 「田中宇の国際ニュース解説」の5月7日「韓国軍艦「天安」沈没の深層」 では詳細な分析と考察がなされています。

 たまたま起きたこの事故を「朝鮮有事のリスクの高さの証明」として利用し、普天間問題において米軍の存在価値をアピールした勢力に対して、私は怒りを感じます。

|

« アドラー心理学と中国武術を北陸に伝える | Main | 研修中 »

Comments

こういう時こそ・・・目的論で世の中を見てみると
少しは本当のことが見やすいかもしれませんね。
「不適切な行動の目的」

Posted by: | June 06, 2010 01:04 AM

 蕪さん

 本当に真実はわからないものだと思います。
 私たちはテレビ画面やディスプレイからしか情報がないからでしょうね。

 常に誰かの認知バイアスが入っている。なぜかマスコミ情報はそこが感じにくくなるようにできているみたいです。

 常に疑い続ける態度が必要だと思います。

Posted by: アド仙人 | June 06, 2010 02:24 AM

「藪の中」ですね・・・

Posted by: | June 06, 2010 08:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国沖に何が起こったか?:

« アドラー心理学と中国武術を北陸に伝える | Main | 研修中 »