« アドラー心理学学習会開催! | Main | 6月クーデター »

June 14, 2010

アドラー心理学が「エチカの鏡」に!

 昨日新聞を見ていたら、フジテレビ午後9時からの「エチカの鏡」に「相性診断SP 遺伝子&心理学&生まれた順番で相性が判明」とかあったから、アドラー心理学でも誕生順位を重視するので観てみたら、何とアドラー心理学そのものを取り上げていてビックリ!

「アドラー博士シリーズ」の星一郎さんが解説で登場でこれまたビックリ!
 星先生、お元気そうで何より。
 元々都立梅ヶ丘病院や精神保健センターの心理士をやってらして、アドラー心理学を中心に臨床活動をしていた方だったと思います。今は独立しているようです。

 だから私にとっては大先輩ですね。

 番組は相性診断の前提となる性格診断で、アドラー心理学を使うという驚きの企画。見た人いるかな?

 番組では、アドラー心理学を少し深く学ぶと知る「最優先目標」という考え方を使って、参加タレントを分類してましたね。
 最優先目標とは、その人にとって、最終的に採用する最も重要な目標のこと。
 人は行動をするとき何らかの目標を設定してそれに向かって動いていくという「目的論」がアドラー心理学の大前提なのですが、普通人はいろいろな目的を持ってさまざまな場で使い分けているものです。
 でも、最終的なその人の「本性」は概ね一つに絞られると考えるのです。
 それが最優先目標ですね。

 最優先目標は大きく4つに分けられると考えていて、番組では、安楽、優越、依存、支配としていました。

 優越型はタモリやスザンヌ、支配型はケンコバ、安楽型は茂木健一郎、依存型は森山中の黒沢や渡辺真理奈など。

 概ね納得のグルーピングです。

 ちなみに私はおそらく自分の世界中心の優越型か安楽型。だからタモリは昔から大好きなんだ。同じように茂木さんにも自分と近いものを感じてたな。

 元々この最優先目標は番組みたいな占いチックな感じではなく、対人関係向上のためのスキルとして、カウンセリングで相互に対話しながら決めていくのが良いとは思います。
 テレビだからどうしても面白おかしく取り上げてしまうところが、私などはちょっとどうかなとなってしまうところですが、マイナーなアドラー心理学が世間で知られて良かったです。

 と思ったら今日のこのブログのアクセスが9時以降急上昇しているのでまたまたビックリ!
 テレビの影響力はやはりすごいな。

 そして番組後半の生まれ順の性格・相性診断は、なぜか宗教学者の島田裕巳先生が解説。
 しかし、その内容はアドラー心理学で学ぶことそのもの!

 島田先生はアドラー心理学に言及していなかったものの、全く違和感ない内容に、番組の3分の2をアドラー心理学的考え方が占めていたという稀有な時間でした。

 星先生、お疲れさまでした。

|

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 6月クーデター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アドラー心理学が「エチカの鏡」に!:

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 6月クーデター »