« アドラー心理学が「エチカの鏡」に! | Main | 葛飾区で講演 »

June 18, 2010

6月クーデター

「転向」なんて戦中の特高警察、戦後の思想家や学生運動とか、もっと上の時代でよく使われてた言葉で私の世代以降はほとんど死語だったと思うけど、初めてそれをナマで見た気がする。

「これが転向した者の顔か」
 と首相になった管直人をこのところずっと観察していたのですが、こう思うに至りました。
 若い頃の、市川房江さんのもとで市民運動をしていた頃と思われる颯爽とした顔写真をなぜかどこかで見て覚えていた私は、今のむくんだ顔に作り笑いをしながら暗い目の光を放つ新首相に、「権力者の悪相」を感じました。

 そして新内閣の布陣とその後の政策の発言を見ると、「どこが市民派だ、小泉構造改革のコピーかパロディーか」とでも言いたくなる状況。これが同じ政党か?いつまた政権交代したんだ?

 消費税増税、あたかも郵政改革改正法案や公務員制度改革、労働者派遣法改正つぶしの動き、普天間問題ではアメリカ追従の姿勢。
 疑惑の支持率アップをバックに、次々と打ち出す方針は、歴史上よくある「革命の後の反動の時代の到来」を私は心配します。

 ちなみに、消費税増税の正当化に常に使われる財源問題については、副島隆彦氏によれば、そもそも管直人は鳩山前首相から、「増税が必要ないほどある財務省の特別会計いわゆる埋蔵金206兆円から20兆円を引き出すこと」を使命とされていたそうですが、まさにミイラ取りがミイラになって、財務官僚の側に「転んだ」ということのようです。財務官僚だって必死ですから。何をしたのか知らないけど。

 小沢一郎と亀井静香の「失脚」後のこの事態に、誰が日本を守っていたか、改めてわかりました。

 ブログ界でも、これまでは反小沢的発言をしていた人たちが、やはり今の管内閣の危険性を見抜き、小沢復帰あるいは新たな政界破壊の期待を表明しています。例えば、

 天木直人のブログ 小沢一郎は民主党を割って究極の政界再編を目指せ

 しかしその民主党の鳩山首相が、政権発足時から対米外交に失敗し、普天間基地の迷走の果てに沖縄を切り捨てて対米従属に回帰した。

 その後を継いだ菅直人は、すべての責任を鳩山・小沢政権に押しつけ、鳩山首相の愚は繰り返さないぞとばかり外務官僚と一緒になって猛烈な勢いで対米従属に傾斜しつつある。

 岡田外相や北沢防衛相を留任させ、沖縄の合意がなくとも日米合意は進める、と平然と言い放つようになった。

 8日の閣議で、在沖縄米海兵隊は「抑止力の重要な一つとして機能している」とする政府答弁書を決定した。

 そればかりではない。官僚は大馬鹿であると言っていた菅直人は、首相になったとたん、官僚こそプロフェッショナルだと持ち上げる。

 郵政改革見直しを先送りし、消費税増税と法人税減税を公然と唱え出した。

 これでは対米従属、新自由主義の小泉政権と変わらない。

 いや市民派の仮面を被っただけ、性悪だ。

 その菅直人民主党政権が、「悪役」の小沢外しにまんまと成功して支持率をあげた。

     ・・・・(中略)・・・

 なんとかならないものだろうか。策はないのか。

 ある。それは米国と外務官僚の合作による対米従属から日本を解放し、消費税増税に象徴される米国流新自由主義から決別する、その事を対立軸にした究極の政界再編を行なうことである。

 それができる男はただ一人、小沢一郎だ。

 「悪役」小沢一郎が動き出せばメディアも世論も批判するに違いない。もう終わりだ、潔く引き下がれ、の大合唱だ。

 政局にうんざりした国民もまた、そんな小沢の動きを歓迎はしない。

 しかし「悪役」小沢が復活を許される唯一の道がある。

 それは、小沢一郎が民主党を割って新党をつくり、福島社民党や亀井・田中康夫国民新党らと統一戦線を組んで、菅直人新自由主義民主党との対立軸を鮮明に打ち出し、国民の前で対決することだ。鈴木宗男の新党大地はもちろんはせ参じる。

 キーワードは沖縄県民の側に立つということである。

 キーワードは日米同盟にかわるアジア集団安全保障による自主防衛である。

 世に倦む日々 「小泉劇場の模倣・再現する管直人」

 96年9月、菅直人は「排除の論理」の政変で、さきがけの老幹部を新党から締め出す冷酷な仕打ちを断行する。若い菅直人を厚生大臣に抜擢した武村正義は、裏切られ、丸裸にされて惨めに政界引退へと追い込まれた。菅直人は、今度は小沢一郎を第二の武村正義にして、リンチを加えて屠る気だ。民主党が悲願の政権交代を果たした原動力は、4年前からの小沢一郎の「国民の生活が第一」の政策転換と、小沢一郎が導入した(支持団体整備とドブ板の)選挙戦略の奏功だったが、言わばその大恩を忘れ、恩に仇で報いるのが政治の常道とでも言うかの如く、小沢一郎から一切の権力を剥ぎ取って地に堕とそうとしている。小沢一郎は9月の代表選で起死回生の勝利を目指し、3か月の雌伏と養兵に入ろうとするが、菅直人はそれを許さず、小沢派に対する追撃を仕掛け、徹底的な掃討戦で小沢派を壊滅に追い込もうとするに違いない。この政治は、5年前の小泉純一郎の「小泉劇場」の模倣と再現である。あのときの「抵抗勢力」が小沢一郎であり、正義が悪を滅ぼす勧善懲悪の政治ショーだ。 

 やはり6月上旬に、小沢一郎らが年月をかけてやっと完成させた民主党を乗っ取るクーデターが起こったのでしょう。

 これを良しとする人は、もはや当分自民党の芽はないので、続けて民主党を支持するでしょうけど、こいつら怪しい連中だと疑う私のような人は行き場を失っている状況ですね。

 私は取り分け障害者自立支援法の行方が心配だ。

 そうそう、実は心理職の国家資格の実現の噂が最近のある研修会であったけど、これでまた流れたかな。これも小泉内閣の時と同じだ。

|

« アドラー心理学が「エチカの鏡」に! | Main | 葛飾区で講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6月クーデター:

« アドラー心理学が「エチカの鏡」に! | Main | 葛飾区で講演 »