« アドラー心理学学習会開催! | Main | 「この世とあの世の風通し」 »

August 14, 2010

ミネソタのアドレリアン

 アメリカのミネソタ州にあるアドラー心理学の大学院 Adler Guraduate School に留学しているMAKOTOさんのブログ、MAKOTOのブログ・アドレリアンをご紹介します。

 留学生活や本場アメリカのアドラー派心理学者たちの様子や学会の状況などレポートされていて、とても興味深いのですが、特に力を入れておられるのが、今回連載50回目を迎えた、アドラー心理学の用語を逐一取り上げて、MAKOTOさんらしいシンプルな解説を加えているシリーズ。

 50回目は、FICTIONAL GOAL(虚構的目的論)

 アドラー心理学の最重要概念・目的論についてです。

 勉強になりますよ。

 アドラー心理学を修めて帰国してからのMAKOTOさんの活躍が楽しみです。

ついに50個目、FICTIONAL FINALISM (虚構目的論)です。


「アドラーが、フィクション(想像)とゴール(目標)の概念を統合させ、それは、虚構上の目標、虚構上の究極目標、人生の道標となる想像、と様々な言い方があるのだが、アドラーは、原因論的な見解は、所詮は主観的なものだと考え、それはある限定された意識上においての決定要因であり、無意識的なプロセスを考慮に入れたことを主張した」

----- Ansbacher & Ansbacher


「我々は動的運動の理解に努め、その個人を方向づける人生目標を明らかにすることが、セラピーやカウンセリングにおいて効果的であることを知るであろう。その個人はどこへ向かっていくのか・・・?そこには原因も含まれている」

----- ibid


虚構目的論は、アドラー心理学の運動理論を説明するときに用いられる

数多くの用語の内の1つである。


それは、個人の人生において

客観的存在を持った1つの主観的な目標に向かっているかのように(AS IF)

個人は生きているという考えである。


だが、実際にはその目標は

個人の想像によるフィクションの上に存在するのであって

それは無意識に創り上げられ

合意的見解によるものではない。


にもかかわらず

すべての個人の運動は

人生を方向づける力を持ったその目標に

コンスタントに従う事になる。


目的論において、我々の行動というものは

未来の人生目標に向かうその個人の前進的な努力であり

苦労でもあると解釈することができるだろう。

|

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 「この世とあの世の風通し」 »

Comments

アド仙人さま、

私のブログを紹介していただいてありがとうございます。
英語からの翻訳なので、表現方法や語彙に見苦しい場面が多々あると思いますが、お許しください^^

気軽に始めたのですが、どうやらあと100個程アドラー心理学用語があることに気付きました。なんとも奥深いものだと感じました。

今後ともよろしくお願いいたしたします。

Posted by: MAKOTO | August 14, 2010 01:14 AM

 MAKOTOさん

 勝手に紹介しちゃいました、すみません。

 いつもステキな留学生活を送っているな、と興味深く、うらやましく感じながら訪問させていただいています。
 
 そうか「アドラー語」が100語もあるんですね。
 改めて奥深さがわかりました。

 連載、楽しみにしています。


行動さん

 是非、MAKOTOさんのブログも参照なさって下さい。

 地球上のいろんな場で学んでいる仲間がいるっていいですね。
 
 私も視野が広がる思いがします。

Posted by: アド仙人 | August 14, 2010 10:51 AM

taichiさんとMAKOTOさんへ

講座やセミナーからだけでなく、『お二人のブログ』からも
「アドラー心理学のエッセンス」を学べることを、幸運に思っております。

10年来の友人である梅さんに連れられて、ヒューマンギルドを訪ねることができ、
ヒューマンギルドのご縁でtaichiさん・MAKOTOさんから学べることに、感謝しています。

これからも、よろしくお願いいたします。

Posted by: 行動(mixiHG) | August 17, 2010 05:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミネソタのアドレリアン:

« アドラー心理学学習会開催! | Main | 「この世とあの世の風通し」 »