« 全体論としての気功 | Main | 「カール・ロジャーズ入門」 »

August 02, 2010

「エチカの鏡」にゆる体操が!

 昨日8/1に放送されたフジテレビ系列「エチカの鏡 免疫力を上げるマル秘テク教ます」で、ゆる体操が取り上げられていました。 ゆる体操は私も、高岡英夫先生が開発して登場以来10年ほど愛好している体操ですが、ここのところブームになっているようですね。

 スポーツや武術の専門種目のパフォーマンス向上だけでなく、女性や高齢者も気軽に取り組めて、効果も高いことがたくさんの実践や科学実験で証明されてきているためでしょう。

 番組では運動科学総合研究所のNIDOさん(高岡先生の奥さん)が登場、擬態語やダジャレ連発の思いっきりゆるんだパフォーマンスを展開してました。
 魚クネクネ体操で、「こんな魚いるかー!」と叫んでタモリさん始め登場人物みんなをガクッとさせるその「力量」はさすがです。

 タモリさんは
「俺、こういうの苦手なんだよな」
 と言いながらも、さすがなにげにゆるんだ足腰の動きでしたよ。

 そういえば一週間前のたけしの健康番組にもNIDOさんのゆる体操が登場して、同じ場面でたけしもガクッときて、
「ギャラ半分返すから、帰っていい?」
 と言ったり、Vゾーン体操で、
「コマネチじゃねえか!」
 と突っ込みを入れたり、ゆる体操はお笑い界の巨匠二人を脱力させてしまったようです。

 番組では他に免疫力を上げるには「体温を上げること」が最重要で、テクニックとして、ゆる体操の他、爪もみ療法などを取り上げていました。
「ゆったりゆっくり動く運動」が良いとのコメントがあって、太極拳も例に挙げられていました。当然です。
 番組で紹介されたテクニックはどれも私が日頃実践しているものばかりでした。

 しかし番組で説明された免疫力とは白血球の活動性を高めることのみだったので、できれば細胞の自然免疫についても取り上げてほしかった。

 それにしても、エチカの鏡はこの間、アドラー心理学を取り上げたり、目の付け所がなかなかのようです。http://taichi-psycho.cocolog-nifty.com/adler/2010/06/post-5a8d.html

 私は基本的にテレビ嫌いですが、エンターテイメントと教養性をうまく統合させた番組はいいですね。

|

« 全体論としての気功 | Main | 「カール・ロジャーズ入門」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「エチカの鏡」にゆる体操が!:

« 全体論としての気功 | Main | 「カール・ロジャーズ入門」 »