« 胆力とは何か? | Main | アドレリアンの生き様 »

October 10, 2010

武術「奥義」の科学

 武術の高度な動きは、科学的にはどのように考えられるかについての良書が最近出ました。

 吉福康郎著「武術『奥義』の科学」講談社ブルーバック

 著者の吉福氏は中部大学工学部教授で、力学を人体に応用してスポーツや格闘技の動きを解析するバイオメカニクスの第一人者です。
 私は20年以上前、氏が空手や少林寺拳法、ボクシングの選手たちの突き、パンチの衝撃力の測定実験をやったのを読んで、ずっと注目してきた方でした。

 その頃まだ多くの武道・格闘技関係者がその存在に懐疑的だった中国武術の秘伝的突き技「発勁」を物理学的に証明した人だからです。
 いわゆる瞬間の衝撃力が大きい空手や拳法の突きと違って、発勁は瞬間的にはそれほどでないけれど、独特な力学の曲線を描くこと、確か力の持続時間が長くて浸透性が高いことがわかったという結果だったように記憶しています。

 その当時の実験では、日本の中国武術家の草分け・松田隆智氏が寸勁(2,3センチの距離から打つこと)をしたら、他の人ではびくともしなかった重い測定機がいとも簡単にドーンと動いてしまったそうです。

 その後氏は、古武術研究家・甲野善紀氏の動きに衝撃を受け、甲野氏の稽古会や太極拳や大東流合気柔術、居合いなどを「60の手習い」で積極的に学び続け、その成果が本書のようです。
 けして筋力やパワー主義ではなく、武術の質的動きの重要性に注目しており、姿勢は柔軟に、思考は厳密に科学的にアプローチしようとするところは好感が持てます。

 このような経緯を経て明らかになったのは、武術の技術習得の本質が、たんに筋力やスピードを高めるのではなく、「体の動きを質的に変える」点にあったことである。この質的な変化により、スポーツ的な動きよりもすばやく、かつ力強く技を掛けられることがわかった。もちろん、人間相手の技であるから、人体の構造を熟知し、その弱点を見事に突く力学的合理性も含んでいる。さらに、相手の動きを察知する視覚と触覚を巧に欺き、情報を攪乱していることもわかった。高齢の師範が屈強な相手を手玉にとって投げ倒す神秘の技が、けっして「やらせ」ではなく実在することもわかった。

 ではその「質的に変わった」技とはどのような動きなのか、本書ではバイトメカニクスを駆使しして解明を試みています。
 私は全くの物理学素人ですが、一読しての結果、技の仕組みがかなり正確に説明されているように思えます。
 突きやつかまれた腕をほどく技、剣の抜き方、合気上げ、歩法など、武術の基本の技が物理学を使って解き明かされています。

 ただ、関節間力とかトルクといった物理用語や人体の構造、筋肉や腱の仕組みなど、出てくる言葉は細かくて物理が好きでないと正直けっこうつらいのですが、でも明快に技が説明されていて、「なるほどこういうことか」ととても参考になりました。

 自分の技が利くときと利かないときがあるのはどうしてか、利かせるためにはどうすればいいか、物理的に考えるときに大いに役に立つと思います。
 というより物理学の知識や感覚がないと、けしてうまくはならないんじゃないかと思います。
 稽古の合間に参照して検証してみようと思います。

|

« 胆力とは何か? | Main | アドレリアンの生き様 »

Comments

はじめまして。
いつも楽しく拝読いたしてをります。

ご紹介の本は非常に興味深く、アマゾンのレビューを見たところ、ボロボロのが2つありました
恐らく、理系アレルギーのかなり強い人ではないかと思われます(苦笑)ので、今回の記事を載せたら、そういう人にも正しい印象が伝わるのではないか、と思いました。

失礼いたしました。

Posted by: 悟茶 | October 11, 2010 10:59 AM

 悟茶さん

 ありがとうございます。

 理系アレルギーや逆に科学に過剰な期待を持ってしまう人にはかえって合わないかもしれませんね。
 科学はわかるところは可能な限り丁寧に考えていくもので、限定的なものです。
 著者も例えば気について「ここではいわない」と本書で正直に述べています。

 アマゾンのレビューについては仕方ないですね。
 敢えて投稿しませんが、ここでご購入いただくとうれしいです(笑)。

Posted by: アド仙人 | October 12, 2010 12:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 武術「奥義」の科学:

« 胆力とは何か? | Main | アドレリアンの生き様 »