« 「現代霊性論」 | Main | 胆力とは何か? »

October 04, 2010

ニュース雑感・やっぱり洗脳されていた私たち

 厚生労働省官僚の村木厚子さんの事件はマスコミは「無罪」と報道して、それまでの自分たちの姿勢は棚上げにして検察批判に邁進したわけだけど、それならこれは正確には「冤罪」とするべきだろう、「厚生官僚村木さん冤罪事件」とするのが最も事実に即した言葉ではないかと思うのですがね。

 そしたら例の大阪地検特捜部の改竄事件が起きて、「やっぱりね」と検察の真の姿がかいま見られて良かったと思ったら、これもトカゲの尻尾切りに過ぎないようで、検察官個人の問題にしようとする元検事とやらの評論家や立花隆ら検察御用評論家たちがテレビに跋扈しています。
 もちろん多くの賢明な国民はそんなことには騙されないくらいにはメディア・リテラシーが発達していると思いますが。

 その思いは、

 「正義の検察vs巨悪政治家」なんてまるっきりウソじゃん!

 もちろん政治家が清く正しいわけはありません。様々な利益集団の代表として清濁併せ呑まなくてはならないのが政治家というもので、副島隆彦氏が言うとおり「政治の本質は悪」であり、そういうことに携わることは、私は尊いことだと思います。そこは性善説に立たなくてはならない教育者や心理カウンセラー、臨床家と違うところです。その立場から政治を見ると見誤ります。だから私は政治家にはなれない(なる気もないけど)。

 そして検察だってただの自己中心的な官僚組織であり、下っ端は法律の字義通りの解釈と単純な正義感しか持てない愚かな人間の集まりであるに過ぎないかもしれません。

 とすれば、鈴木宗男氏や小沢一郎氏等これまで多くの検察の餌食にされてきた人たちが、「やっぱり冤罪だったんじゃないか」という思いが湧いても当然の今日この頃です。

 そういう目で見ると、先の尖閣諸島問題も報道自体が信用できない以上、何に依拠して判断して良いかまるでわからなくなります。日本が悪いのか、中国が悪いのか。
 どちらでもいいけど、アメリカ・ネオコンの傀儡といわれる前原外相になった途端のこの事態に、来年以降いよいよ世界恐慌に突入すると予想される状況に、日中の「戦争経済」で乗り切ろうとする隠れた意思を感じてしまいます。

「ロンドンハーツ」とかで芸人がドッキリで騙されるのを見るのは楽しいけど、自分が騙されていたことに気づくのは心地よいものではありません。自分の短慮に直面させられますし、それまでの価値観が変わらざるを得ない苦痛もあります。

 阿修羅掲示板にそんな思いを代弁してくれる優れた記事があったので、引用させていただきます。9月28日、「私は騙されていた。ムネオを返せ!」より

私は騙されていた。
検察は正義の味方だと思い込んでいた。
夢を見ていたようなものだ。
検事が証拠を改ざんしていた。
それを組織ぐるみで隠蔽していたとは!
そういえば公金を検察が横領していたという噂はどうなったんだ。
内部告発した検事に濡れ衣をきせて投獄したそうじゃないか。
検察は人の罪をけっして許してはならない。
当然、自らの犯罪もけっして許されない。
検事はまず盗んだ金を返せ。
それまで検察庁の業務を停止しろ!
私は騙されていた。
マスコミは公明正大だと思い込んでいた。
とんでもない、嘘の塊だった。
小沢一郎氏、鈴木宗男氏、その他多数!
彼らを中傷誹謗しまくった記事は、すべてでたらめ、嘘の塊だった!
私は、当初ネットを見ると、マスコミのことを、マスゴミと書いてあるのに強い違和感を持っていた。
こういう言葉遣いしか出来ない連中はろくなものではないと思っていた。
違っていた、彼らが正しかった。
痴漢の常習犯だと思っていた植草一秀氏が正しかった。
植草一秀氏に申し訳なかった。
マスゴミと呼ぶのが言葉の正しい使い方だった。

ちなみに、
読売新聞は、ゴミ売新聞、
朝日新聞は、浅卑新聞、
産経新聞は、惨刑新聞、
と表記するのが正しいそうだ。

先日、日経新聞(あいにく日経新聞の正しい表記法を知らない)を呼んでいたら、コラムにこんなことが書いてあった。
彼らの強い味方であり、貴重な情報源であった主任検事が逮捕されてしまったことが、彼らには、よほど残念だったのであろう。
しかし、公明正大な振りをしている彼らは、さすがにこれを正直に残念だとは書けないため、彼らはこう書いた
『この事件でほくそ笑んでいるのは、すねに傷もつあの人この人である』
日経をよく読んで、よく洗脳された読者は、『あの人この人』が、誰を指すのかすぐわかるのだろう。
私も、『あの人この人』とは、小沢一郎氏や、鈴木宗男氏を指すのだと思ったから、まだ洗脳が抜け切れていないのかもしれない。
私は騙されていた。
民主党のマニュフェストが実現されるものと思い込んでいた。
高速は無料になるし、子ども手当は全額支給されると信じて、民主党に投票した。
騙された。
票が欲しいための、明白な嘘だった。
『有言実行内閣』
と呼ぶのだそうな。
はじめについた嘘はすっかり忘れて、これからは嘘をつきませんと仰っている。
財源がない。これも嘘だ。
先日、激論クロスファイアーで、国民一人当たりのGDPが、
2000年の3位から、2008年の23位へと、
急速に落ちたのはなぜかと、各党の議員が集まって、不毛で、かつ難解な、さも賢そうな議論を戦わしていたが、
この間、そして今も、敗戦国日本の政府は、戦勝国アメリカの傀儡でしかないという視点がない。
アメリカにしてみれば、本店が苦しくなったから、調子がいい支店から利益を還流させただけのことである。
各党の議員たちは、こうしたアメリカと日本の関係を、本当に知らないのだろうか?
尖閣諸島での船長釈放に関しても、政府は堂々と見え透いた嘘を付いている。
地検が高検にお伺いをたて、高検が最高検にお伺いをたて、最高検が、そこで政治的判断をした?
主任検事逮捕で、倒産寸前の最高検にそんなことを検討している余裕は全くあるまい。
地検の判断に、政府の意向が反映されているのは、誰が見ても明らかなのに、
『検察当局の判断を尊重する』
と言い張る。嘘もつき続けると癖になるのだろうか。
でも、このことで、これまで『国策捜査はない』と言い張っていた嘘もばれた。
検察は、特に特捜は、アメリカ傀儡政権の意向を伺って行動する忠実な犬であることが明らかとなった。
私は騙されていた。
一番悔やまれるのは、騙されて、鈴木宗男氏を悪党だと思い込んでいたことである。
フォーク歌手の変なやつが、収賄政治家の味方をしていると思っていた。
有罪判決が出たあとにもかかわらず、愚かな北海道道民は、地元利益誘導型の政治家を選びやがったと思っていた。
私は間違っていた。松山千春が正しかった。北海道道民が正しかった。
身近に接し、鈴木氏をよく知っている松山千春は、北海道道民は、そして鈴木氏の家族は、
検察にも、裁判所にも、マスコミにも騙されなかった。
鈴木宗男氏に申し訳なかった。
松山千春氏に申し訳なかった。
北海道道民に申し訳なかった。
鈴木氏の家族に申し訳なかった。
しかし、もう私は、騙されない。
鈴木氏こそ、家族を愛し、北海道を愛し、日本を愛し、世界を愛す、真の政治家だった。
鈴木宗男氏は、収賄の有罪判決が出たあとに、北海道道民によって国会議員に選ばれている。
北海道道民は、判決が間違いであると決しているのだ。
それを、ペーパーテストが得意なだけの、非人間的集団に過ぎない司法官僚が否定していいのか。
厳しい大自然と共に生きる北海道道民の民意を否定していいのか。
鈴木氏の被選挙権を5年間奪うということは、鈴木氏に投票したいと願っている、鈴木氏を愛し、尊敬し、信頼する、北海道道民の選挙権を同時に奪うことになる。
日本は、国民に主権があるのではないのか。北海道道民に主権はないとでも言うのか!
鈴木氏の収監をけっして許さない。
ムネオを返せ!

 

|

« 「現代霊性論」 | Main | 胆力とは何か? »

Comments

高知の白バイとバスが衝突した(冤罪)事件とか見てると検察のみならず、警察、さらには裁判官まで、無茶苦茶な人がいるものだと思いますね。
こんなのをチェックする機関を別に設ける必要があります。

Posted by: あ | October 05, 2010 07:55 PM

 あ様

 コメントありがとうございます。
 その事件もありましたね。
 滅茶苦茶なことが多すぎますね。

 監視機関は私たち庶民がなるしかないかもしれません。

Posted by: アド仙人 | October 05, 2010 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュース雑感・やっぱり洗脳されていた私たち:

« 「現代霊性論」 | Main | 胆力とは何か? »