« 膝には太極拳 | Main | 茂木さんの覚悟? »

January 15, 2011

アドラー派のプレイセラピー

 幼児から小学生の子どもでも言葉を使ったカウンセリングは有効ですが、遊びを通して子どもを癒していく遊戯療法(プレイセラピー)もとても大事なアプローチです。
 やはり子どもは言語化する力に制限があるし、子どもと仲良くなるためにも楽しい遊びを通してやるのが一番の近道です。

 私も児童相談所などで、たくさんのプレイセラピーを個人、グループでやってきました。

 また大人との普通のカウンセリングでさえも、深刻ぶって「内面の葛藤」という悩みを語れば治るというものではありません。クライエントのリソースを引き出すためにも「遊び心」「ユーモア」は不可欠です。

 ではアドラー心理学ではプレイセラピーをどう考えて実践しているのか、長年気になっていました。
 北米アドラー心理学会誌「The Journal of Individual Psychology,volume65,2009」に関連する論文があったので、記しておきます。

 著者はMary O.Morrison という方で、「Adlerian Play Therapy with Traumatized Boy」という題、トラウマを受けた少年とのアドレリアン・プレイセラピーという意味でしょう。虐待を受けた子どもの心理的ケアは私にとっても大きなテーマなので参考にしたいと思います。
 アブストラクトです。

Young children experience life altering traumatic events every day in our society.It is essential that mental health professionals have appropriate training and eperience working with young children.Play therapy is an empirically validated and developmentally appropriate intervention for young children.This case study provides an example of posttraumatic play in the four phases of Adrerian play therapy.Adrerian play therapy afforded this child the oppotunity to express fully and gain mastery over his experience.Through play and tharapeutic relationship Steven gained understanding of himself and his experience.This case demonstrates the importance of allowing children to use play and symbol to gain insight and understanding to establish social interest and a sense of belonging.

 トラウマを負った子どもは遊びの中で、自分が受けた心の傷を象徴的に再現したり、普通の遊びとは少々違う行動をすることは知られていて、ポストトラウマティック・プレイと呼ばれています。

 プレイセラピーでは安全な空間の中で子どもにそれを意識的、無意識的に再現してもらって、トラウマへのとらわれを解消させようとします。そうすると遊びの内容が自然に変化していくといわれています。

 著者は、アドラー心理学の立場から、プレイセラピーにはCrucial Cs(大切なC)というものがあるといいます。
(a)connect with others,(b)feel capable,(c)feel as though they count,(d)have courage
「人とつながること、自分にはできると感じること、自分が大切な存在だと感じること、勇気を持てるようになること」、といったところでしょうか。
 確かにこれらはプレイセラピーのエッセンスといえると思います。私もこれまで、いろいろな道具立てやシチュエーションをプレイセラピーで利用してきましたが、その根底にはここにある4つのCを頭に入れながらやってきたように思います。

 本論では、テア(Terr)という虐待やトラウマ治療を専門にする著名心理学者が確立したポストトラウマティック・プレイセラピーとアドラー心理学の考え方をドッキングさせた実践例を、トラウマを持った7歳の男の子の事例を通して伝えてくれています。

 改めて自分の実践を振り返ってみようと思いました。

 

|

« 膝には太極拳 | Main | 茂木さんの覚悟? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/50587167

Listed below are links to weblogs that reference アドラー派のプレイセラピー:

« 膝には太極拳 | Main | 茂木さんの覚悟? »