« 宮田敬一先生死去 | Main | 思春期・青年期の精神病早期発見・治療 »

March 01, 2011

老子を体感する

 廖赤陽著「気功で読み解く老子」(春秋社)で、最初に老子の著書(?)「老子」第21章の印象的な一節を引きます。

道の物たる、

ただ怳(こう)ただ忽(こつ)、

忽たり怳たり、

そのなかに象あり、

怳たり忽たり、

そのなかに物あり、

窈(よう)たり冥(めい)たり、

そのなかに精あり、

その精甚だ真にして、

そのなか信あり、

 なにやら意味深のような、わかったようなわからないような感じがしますが、やはり言葉が古くてわかりにくい!著者はこんな風に現代語訳します

道そのものは、

ただ恍惚のなかにしか見えない、

ただ恍惚のなかにしか感じない。

ぼんやりうっとりして、

そうしたうちに何か見えるようである。

うっとりしてぼんやりして、

そのうちに何か感じるようである。

このような奥深い幽玄のなかから、

精気が湧き出てくるのがわかる。

この精気の流れは甚だしく真実であり、

そのなかから、生命の情報が伝わってくる。

 うん、これは何かわかってくるものがあります。

 タオ(道)を見、感じて理解するには「恍惚」の中に入るしかない。

 そして恍惚の中に浸っていると、次第にエネルギーがわき出してくるような感覚がしてくる。

 そのエネルギーとは生命そのものである。

 まさにこれは気功体験そのものです。

 著者はご自身の実践する気功の体験を描写します。

 知らず知らず、恍惚の奥深い暗闇のどこからか、生命のエネルギーが湧きだして、両手の間に何か風が吹くような感じがする。温かくなったり、しびれたり、何か電流のようなものが走るように感じる。吸い寄せられたり、押し広げたり、何か磁石のような引力や圧力を感じる・・・・恍惚あるのみ。時は恍惚の中に静かに流れてゆく。五分、十分、十五分・・・・あなたは目覚めてもいなければ、眠ってもいない・・・・

 気功だけでなく、坐禅や瞑想、ヨーガなど、類似する心身の実践法の経験者なら、誰でもこれに似たような体験、すなわち、恍惚の中から浮かび上がった生命エネルギーの胎動と魂の喜びを経験したことがあるだろう。

 本書を読み、気功をし、また本書を読むと老子と共にいるような思いになります。
 心身の実践なしに東洋思想を理解することは不可能なのでしょう。

 最近「老子とビジネス」など様々な分野で応用されているのを見かけますが、先ずは気功をして心身を「老子モード」にすることが肝要と思われます。

 良書です。

|

« 宮田敬一先生死去 | Main | 思春期・青年期の精神病早期発見・治療 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老子を体感する:

« 宮田敬一先生死去 | Main | 思春期・青年期の精神病早期発見・治療 »