« 緊急:講演会中止のお知らせ | Main | 原発報道に思う »

March 13, 2011

地震報道に思う

 一昨日来の東北・北関東の地震・津波の甚大な被害に、ただただ圧倒され、言葉もない思いです。

 それでも東京にいる家族、知人、友人はメールやブログ等を見る限り、みんな無事な様子で安心しました。

 ただ、福島第2原発のすぐ側の楢葉町に大学時代の友人がいて、安否不明で大変心配しています。昔遊びに行ったことがありますが、彼の家は海岸にすぐ近いところにあるので、津波をもろに受けたと思われます。
 しかも役場職員でもあり、今原発のせいで避難地域になっているので、(生きていても)大変な思いをしているはずです。

 私のいる山梨は幸い被害は少なく、地域によって停電があったくらいですが、けっこう揺れて驚いた人が多かったみたいです。

 私はというと、前々記事で紹介した講演会が都内の交通網が麻痺したために前記事の通り中止になったので、その対応に追われていました。
 午後3時半頃、講師の先生より、
「とても(山梨に)行けないので延期してほしい」
 と連絡があったので中止と判断し、関係機関に手分けして電話して伝え、私1人が会場に向かい、講演会があるかもと楽しみに思って来てくれた方々に理由を話して謝罪して帰っていただきました。

 山梨の精神医療の流れを変えようという意欲的な企画だっただけに、中止は残念でした。

 事態がいくらか落ち着いたら、能登の地震の時に私も災害派遣の心の医療チームの一員で行ったことがあったので、もしかしたら現地に入ることになるかもしれません。

 帰宅してからは昨日からずっと地震報道を見ています。多くの方がそうだと思います。

 ただ、幸いなことに安心できる環境で状況を眺められる立場にいる身としては、ただ驚いてテレビに釘付けではいけないという思いが湧いてきました。
 ひたすらテレビを観てばかりでは思考停止して、ある種の感情に支配されるようになって身動きできないようになってしまいます。

 これは武道的には「居着いている」と呼ばれます。
 ひとつのことに目が集中していると、スコトーマ(盲点)だらけになって、簡単にやられてしまうのです。

 この悲惨な状況が現在と未来に向けてどのような意味があるのか、あるいは誰がどのような意味を作り出そうとしているのか?
 今回、テレビ報道とツイッターなどを逐一見比べていると余計そう思うようになりました。

 少し引いて全体を見ようとすると明らかなのが、今回の災害で最もメリットがあったのは絶体絶命に追い詰められつつあった管直人と沖縄問題で責められるアメリカ政府であったのは紛れもない事実、これで全部が吹っ飛んだ。

 なんという見事なタイミング!

 管さんよ、うつ状態からそう状態に移ったんじゃないか?

 心配なのは、この大災害を機にさらに人々を監視しコントロールしようとする統制社会が訪れること。まだ先のことのような気がしてたけど、意外に早いかも。警戒しておこう。

 ちょうどテレビで、「デマメールなどに注意を!」と呼びかけだしている。確かに明らかにおかしいという情報がここにも入ってきている。デマ情報には気をつけなくてはならない。

 しかしそれ以上に「官製デマ」が最も悪質で巧妙で怖い。
 どちらも見分けるのは難しい。

 この悪夢のような状況を誰が何の目的で、どのように利用しようとしているのか、見極められなくても注意しておく必要があるでしょう。

 東北も地獄だけど、日本全体を地獄にしないためにも。

 

|

« 緊急:講演会中止のお知らせ | Main | 原発報道に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/51104468

Listed below are links to weblogs that reference 地震報道に思う:

« 緊急:講演会中止のお知らせ | Main | 原発報道に思う »