« 地震報道に思う | Main | これからに思う »

March 14, 2011

原発報道に思う

 今回の震災による福島原発事故の報道は、テレビに出てくる学者や司会者が「安全だ、安全だ、安心して、慌てないで」と言いながら、どんどん「戦線」が後退しています。

 現場は必死にやっているのはわかるけど、元々隠蔽体質の東電や保安院だけにいまさら言っていることに信用できませんね。

 改めて思うのは、広瀬隆氏ら原発反対派の人たちの運動、主張が完全に正しかったということ。
 私の友人には反原発に関わる人が何人もいたけど、私は宮仕えでもあるし、怠惰な「文化生活」も好きなので、電気は必要なんだからと思って、ひよってましたね。
 やはりこんなものは作るべきではなかった。

 と、東電が反省するはずもなく、今後スクラップになった原発に代わる「最先端で完璧に安全な」原発を作ろうとするに違いありません。

 そのための下準備が、今回の計画停電という説もありますね。
「原発ないと生活困るでしょ?」
 というわけです。どうでしょうね。

 しかし、そもそも原発は地震で壊れるに決まっている、実はそのようにしかできていないらしい。けして「想定外」ではなく「想定内」というのです。
 武田邦彦先生が専門の立場から明確に言っています。
 それを国や電力会社は、我々国民には「安全だ」と強弁し続け、「安全神話」で洗脳してきたと言えます。

 やはり許し難いな。

http://takedanet.com/2011/03/post_b3c2.html

福島の原発が危機に陥っています。

日本は地震国で、今度の地震が相当大きいと言っても震度6程度の地震は普通に起こることです。「普通に起こる地震で原子力発電所が破損する」と思っている国民はいるでしょうか?

政府やNHKなどのマスコミは「原子力発電所は安全に作られている」という幻想を国民に与えてきたのです

わたくしは4年程前、「日本の原子力発電所は地震によって倒れるようにて設計されている」と発言しましたが、ほとんど相手にされませんでした。でも、私は現実に原子力安全委員会で基準を確認し、それに対して発言を繰り返してきたのです。

でも、自主公開の原則を持つ原子力なのに、そんな議論はまったく伝わらず、まさか日本の原子力発電所が地震によって損害を受けることはあり得ないと、日本人は素直に信じていたのです。

さらに、原子力発電所を抱えている自治体の首長や知事も「原子力発電所は大丈夫だ」といい、通産省の保安院も絶対に大丈夫だと繰り返してきました

しかし、原子力発電所の地震基準を見ればわかるように地震が起きた時には「残余のリスク」という表現でもともと原子力発電所が壊れる可能性を強く意識しているのです。

 

.

|

« 地震報道に思う | Main | これからに思う »

Comments

原発は震度6では壊れないし、実際壊れなかったけれど、想定を超えるM9の地震で引き起こされた津波に予備発電機がやられたということでしょう。武田先生は原子力の専門家でもないし、事実誤認が多すぎます。おもしろい人であることは間違いないですが。

Posted by: Powerstation | March 15, 2011 08:04 PM

 なるほど、そういう意見もあるのですね。
 
 本体が取りあえず止まっても、津波も含めて総合的に壊れたと言ってもいいとは思います。

 貴方はその辺りにお詳しいのでしょうね。
 私には経歴的には十分専門といっていいと思いますが。狭い学問世界ではいろいろあるのでしょう。
 先生の引用元HPもとても参考になりました。特に保安院の批判はなるほどでしたね。

 武田先生の原発論には賛成でも正確さはわかりませんが、大麻に関する著書には、私の意見からも完全に賛成です。

 とここまで書いて山梨で震度6が起きました。
 こわいね~。

Posted by: アド仙人 | March 15, 2011 10:41 PM

私も総合的に壊れたといって良いと思います。

>>原子力保安院や先生方が冷静に対応しているからです。
>>冷静なのは「想定の範囲内」だからです。

と武田先生は書かれていますが、想定の範囲ではなかったろうと思います。
原発の難しいのは、絶対に安全だ、くらい言わないと、住民に受け入れてもらえないからです。そうすると万が一のことを考えたフェールセーフシステムを作りにくくなる。絶対に大丈夫だと言いながら,何でそんなフェールセーフの設計になっているのかと,問われると答えられなくなる。だから絶対大丈夫という想定で設計してしまう。今回のような大きな津波は絶対に来ないから、予備発電機まで壊れることはないという前提だったのです。

それから武田先生は風上に向かって逃げろと書かれてますが、これはもう笑うしかないですね。風上なんていくらでも変わるし、風下側にいれば原発に向かって走れとでも言うのでしょうか?ちょっとふざけた感じがします。


Posted by: Powerstation | March 16, 2011 08:29 PM

 なるほど。
 そういう現状はよく見聞しています。

 風向き云々は、当事者になればそれ以外に判断の材料はないということでしょう。
 季節や地域によってパターンはありますし、私もその場になったら一か八かそうするしかないでしょうね。

 それよりもう「想定」という発想自体が原発には成り立たないのかもしれません。
 今回の事件を教訓にさらに想定レベルを上げて立派な原発を作っても、世界はさらにそれ以上(想定外)の何らかの災厄を降らしてくる、そんな気がします。

 やはり原発は存在してはいけないものだと今回は思いました。

Posted by: アド仙人 | March 16, 2011 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原発報道に思う:

« 地震報道に思う | Main | これからに思う »