« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会第1回大会開催! | Main | 札幌にいます »

July 13, 2011

「どうすれば幸福になれるか」ワークショップ

 今週明けの11日には、山梨の仲間とアドラー心理学の洋書テキストの読書会を心理臨床オフィス・ルーエでしました。

 誰一人英語が流暢な人がいないという恐るべき状況下で、みんなあきらめずに英文と格闘していました。でも、アメリカのアドラー心理学や臨床心理学の世界の様子がうかがえて面白いです。

 なぜ、そんなに英語の勉強をしているかというと、もしかしたらこれから来日、来県するジョセフ・ペルグリーノ博士のためかもしれません。

 本物の中の本物のアドレリアン、私も大好きなジョセフ・ペルグリーノ博士がこの夏来日され、ワークショップが各地で開かれます。
 その中で、山梨開催についてお知らせします。

「どうすれば幸福になれるか」ワークショップ

2011年8月4日(木) 10:00~17:00

会場:かんぽの宿石和(笛吹市石和町松本348-1)

受講料:18,000円(税込、テキスト付)

申し込み:ヒューマン・ギルド E-Mail info@hgld.co.jp    電話03-3235-6741

 考えてみれば「人はいかに病気か?」と問うのが精神分析学で、「どうやったら治せるか?」が認知行動療法だとしたら、アドラー心理学はぬけぬけと、「人はどうやったら幸福になれるか?」と問う心理学だと思います。

 極端な話、病気であろうがなかろうが、治ろうが治るまいが、人は幸福になれるし、そこを目指そうという発想でしょうか。

 意外に難しいテーマで、自分でもいまだその境地には達していませんが、迷いながらも人生のゴールとその道筋を見つけられるかもしれません。

 山梨以外の方は、温泉街でやるので、ひとっ風呂浴びながら、ご参加くださいな。

|

« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会第1回大会開催! | Main | 札幌にいます »

Comments

ペルグリーノ博士のワークショップのご紹介ありがとうございました。

アドラー心理学を「人はどうやったら幸福になれるか?」と問う心理学だとの表現、的を射ているな、と思いました。

この講座、もっと多くの方々に参加してほしい講座です。

Posted by: 岩井俊憲 | July 14, 2011 at 05:57 AM

 岩井先生

 当日よろしくお願いします。

 少しでも多くの方に来ていただけるように、声を出していきたいと思います。

Posted by: 深沢 | July 14, 2011 at 05:37 PM

同じタイトルの岩井さん監訳のウルフの本も素敵ですが、ペルグリーノ博士の語る「幸せ」も興味深いです。
あいにく、行けませんが、是非講座の御裾分けをブログに書いてくださいね。

あっそうそう!お誕生日おめでとうございます!!

Posted by: 天目太郎 | July 20, 2011 at 10:22 PM

同じタイトルの岩井さん監訳のウルフの本も素敵ですが、ペルグリーノ博士の語る「幸せ」も興味深いです。
あいにく、行けませんが、是非講座の御裾分けをブログに書いてくださいね。

あっそうそう!お誕生日おめでとうございます!!

Posted by: 天目太郎 | July 20, 2011 at 10:23 PM

 天目太郎さん

 ありがとうございます(*゚ー゚*)。
 しかしよく言われることですが、40過ぎると自分の歳はどうでもよくなってしまいますね。

 不惑になれるよう、精進したいと思います。

 WSの内容については、ご報告したいと思います。

 

Posted by: アド仙人 | July 21, 2011 at 09:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/52197619

Listed below are links to weblogs that reference 「どうすれば幸福になれるか」ワークショップ:

« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会第1回大会開催! | Main | 札幌にいます »