« 武道教育はできるのか? | Main | 「アスペルガー症候群」 »

August 30, 2011

属国から植民地へ

 野田佳彦氏が昨日民主党選挙に勝ち、今日首相になりました。

 昨日仕事が終わってから、「どれどれ、どうなった?」と興味津々でネットのニュースを見たら、野田佳彦の名を見て、さらにNHKらの誤報騒動も知って、頭がクラクラとしてきましたよ。

 野田さん自身はきっこさんが上島竜平に似ていると揶揄してましたが、確かにキャラクター的によく見えるようなところもありそうで、演説もいまどきの議員の中ではうまいらしく、人物的に良いところがあるのかもしれません。
 別に私も含むところはありません。
 小泉純一郎には直感的に「天性の詐欺師だ」「ビョーキだ」と見抜きましたが、ちょっとこの人つかみどころがない。

 しかし所詮は権力闘争の勝者である彼を取り囲み、支える権力の構造を聞くと、暗澹となる気がするのも事実。
 私には野田さんの「もうノーサイドにしましょう」とのやさしい語りかけが、「お前ら負けたんだよ、神妙にしろ」という国民に対する官僚の高笑いに聞こえてきましたよ。

 前から野田さんが財務省の傀儡だというのはいわれていましたが、私たちにはなかなかイメージがつかめません。
 経済や制度のことは難しいけれど、それが具体的に誰の子分で、どういう流れで指示されているのかが知りたいところです。

 そしたら副島先生が教えてくれました。

 日本財務省は増税路線である。復興途中にある日本国の厳しい現状を知りながら、それでもなおアメリカ様に貢ぐ資金を作り出すために、日本国民に 復興税やら消費税の値上げやらの 増税を強制しようとする。 苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)そのものだ。
苛政(かせい、重税のこと)は虎よりも猛(たけ)し、のとおりだ。

 財務省が深く仕組んだな。今回の、たった一週間の日程で慌ただしく決めて実行した民主党代表選による首相の首の挿(す)げ替え劇だった。誰もこのシナリオの裏の仕掛けを語ろうとしない。 岡田幹事長が日程の決定には権限を持っている。野田佳彦は、この勝栄二郎・事務次官のことを「勝さん、勝さん」と呼び、自分の上司であるかのように仕え、そして育てられてきた。私は、この事実を10年前( 加藤紘一が失脚した「加藤の乱」の時)からずっと知っていた。

 日本の財務省のドンは15年前からずっと、武藤敏郎(むとうとしろう)と坂篤郎(さかあつお)の3人である。この3人が、アメリカの威光と意向を受けながら、ずっと日本管理の最高権力を握り、今に至る。 この大きな一点の事実を軽視して、ここを日本政治の中心と見ないで、他のことにすり替えたら、すべては嘘の話になる。

 国家のお金の全体の 動かし方のすべてを実質で握る者(たち)が、そのまま国家の最高権力者である。だから、今の日本の最高権力者はこの勝栄二郎(かつえいじろう)である。早ばやと3年目の事務次官居座りを自分で決めた。

 副島隆彦の学問道場

 権力闘争では、すべてはお金が決める。それが現実の民主主義(のようなもの)だろう。
 理念としての民主主義の意義や教育的価値は大切ですが、多少は田舎選挙の事情も知る者としては、政治は理念ではなく金こそ決定打であることも認めます。

 自民党政権時代は、新首相になる者からの ご祝儀は、賛成議員にひとり一億円と決まっていた。それは外国経由で派閥ごとに配られて、これには警察も裁判所も手を出さないことに不文律として決まっていた。 小沢一郎はこの日本国の悪習、悪弊を破壊した。今も根絶しようとしている。だから小沢は嫌われる。

 今の小沢派の政治家たちは、だから汚れていない。貧乏に耐えながら生きている。おそらく財務官僚の側に寝返った者たちは、今回、ひとり5千万円ずつを貰(もら)ったはずである。 金(かね)で票は買えるのだ。人間は本当に金(かね)で動く。そのことを勝栄二郎たち財務官僚はよくよく知っている。

 1億くれれば私だって転ぶかもな、ついでにハニートラップも仕掛けてくれれば・・。

 そして野田新首相の役割とは何か。私たち国民の期待とは当然違うところにあるでしょう。その歴史的位置づけには、副島先生の弟子、中田安彦氏が興味深い記事を書いています。

 これまで日本はアメリカの属国として、まがりなりにも国家としての名誉は与えられていましたが、先の震災と原発事故により統治能力を失った日本をさらに強力に管理する必要が出て、凋落するアメリカへの「貢ぐ君」的役割も強化するための代理統治人としての役割という認識です。

 野田新首相は米植民地・日本の初代総督になる

 アメリカの大統領選挙は私はバイデン副大統領が大統領に横滑りする可能性が高いと予測している。野田首相は、債務危機の際に議会対策をオバマから一任されたバイデンとの関係、財務長官のガイトナーとの連携を重視するだろう。

軍産複合体の支援があった米国務省系の前原誠司元外相は今回は野田を当選させるためのダシに使われたようだ。やはり北朝鮮とのつながりがホワイトハウスに嫌がられたのだろう。

今回の『日本再占領』は前回は異なり、覇権国アメリカも財政的危機に置かれた状況で行われている。故に財務大臣である野田が昇格して円高対策と称して米国債買い支えをまかせ、「ドルの下落を秩序だったものにする」ことで米国が輸出攻勢に出て米景気回復を目指す戦略である。強いドル政策では「より弱いドル」を避けるだけで「弱いドル」は容認している。

米国はTPPを推進しているが、アメリカの経済圏、権益を西太平洋から太平洋全域、インド洋まで拡げ、アメリカの地域外覇権を目指す戦略に他ならないという見方を私はしている。これはインド、オーストラリア、南アフリカ、オーストラリアと勢力圏を広げていった大英帝国の戦略に基づくもので、アングロ・アメリカンの覇権戦略の延長である。ブリティッシュ・コモンウェルスではなく、アメリカン・コモンウェルスの構築でアメリカは生き残りをはかろうとしているわけだ。TPPを結ぶと、日本は属国から格下げになり、植民地になるおそれもある。

野田新首相はその植民地の初代総督(プロコンスル)になるわけである。

 同記事には、今回も結局勝てなかった小沢一郎氏の問題と限界(マスコミの論調とは違った視点での)もあり、私も震災以降の小沢さんはちょっと物足りない、精彩を欠いていたと感じていたので、傾聴に値すると思いました。

|

« 武道教育はできるのか? | Main | 「アスペルガー症候群」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 属国から植民地へ:

« 武道教育はできるのか? | Main | 「アスペルガー症候群」 »