« 研修終了 | Main | 「勇気づけの心理学」 »

September 21, 2011

もう一つのアドラー心理学の講座

 ここ数年の学会活動をきっかけにお付き合い、情報交換をさせていただいている立教大学の浅井健史先生らが主催するアドラー心理学の講座を勝手に紹介しちゃいます。

 浅井先生は、ごま書房の「アドラー博士シリーズ」などでアドラー心理学による子育法を普及、啓発活動をされてこられた星一郎先生のところで学ばれ、地道に研究活動を続けてきた方です。
 特に勇気づけの研究を長年しておられ、今年の心理臨床学会でも発表されていました。

 こうやって自分のいる場で着実に実践、研究を積み重ねていかれるのは素晴らしいことだと思います。

 私もそのような場、ネットワークを築いていったり、参加していきたいと思っています。

(転載貼付開始)

 アドラー心理学基礎講座

アドラー心理学は、オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラー(18701937)が創始した、人間理解と援助のための心理学です。その理論は、教育・福祉・医療現場など、広くヒューマンサービスの現場で活かすことが可能です。また、個人の主体性を重んじていること、原因にこだわらず未来について考えていく解決志向であること、人と人とのつながりを大切にしていることなどの特徴から、育児や日常生活の対人関係にも幅広く役立つものと考えられます。

本講座は、アドラー心理学の人間観や理論的特徴(基本的前提・勇気づけ・ライフスタイル等)、セラピー概論など、アドラー心理学の理論部分について理解することを目的とした講義内容となっております。

関心をお持ちの皆様に、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開講期間◇       2011109日(日)、1016日(日) 共に10001700

                  *参加申し込みをされた方には詳しいタイムテーブルを  追ってご連絡いたします

場所◇       IP心理教育研究所 ≫渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー1346

JR新宿駅南口またはJR代々木駅より徒歩5     分

参加費◇     15,000円(テキスト・資料代等を含む) ※講座初日に現金にてお支払いください。

参加資格◇       大学3年生以上で、心理臨床及びその周辺領域に関心のある方。

または教育・福祉・医療等の実践に携わっている方。

原則両日参加可能な方

申し込み方法◇       ①氏名 ②所属(学年もしくは臨床経験年数) ③希望講座 ④連絡先(E-mail及び日中連絡が取れる電話番号) ⑤申込経路(どこで講座を知ったか) ⑥今後どのようにアドラー心理学を活かしたいか をご記入の上、

E-mailadler.ip1346@gmail.comにてお申し込みください。

申し込み期限◇       102日(日)  ※先着順、定員(12名)になり次第、締め切らせて頂きます。

                また、申し込み人数が3名未満の時には、開催中止となる場合がございますので、ご了承ください。

講義内容

10/9

オリエンテーション,アドラー心理学概論

アドラー心理学の基礎理論(1

アドラー心理学の基礎理論(2

10/16

アドラー心理学の勇気づけの理論

アドラー心理学におけるセラピー概論 <基礎講座修了式>

講師

浅井 健史 ・・・ 臨床心理士

立教大学/目白大学/明治大学 非常勤講師/国際交流基金日本語国際センター カウンセラー 等

林 敦子 ・・・臨床心理士

尚美学園大学カウンセリングルーム カウンセラー/東京都スクールカウンセラー

※本講座には、上記講師のほか、各領域で活躍中の心理専門職が主任講師およびサブ講師として参加します。

お問い合わせ・ご連絡等は下記へお願い致します

IP心理教育研究所 アドラー心理学講座係

 E-mailadler.ip1346@gmail.com 】

(転載貼付終了)

|

« 研修終了 | Main | 「勇気づけの心理学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/52794864

Listed below are links to weblogs that reference もう一つのアドラー心理学の講座:

« 研修終了 | Main | 「勇気づけの心理学」 »