« 「ナラティブ、あるいはコラボレイティヴな臨床実践をめざすセラピストのために」 | Main | 残念、ヴァンフォーレ »

December 04, 2011

いよいよ師走

 月日の経つのは早いものでもう12月ですね。

 先週初め11月28日は、市町村の児童福祉・相談担当者の実務者研修に講師として登壇しました。
 私の前後には養護施設の施設長さんや尊敬する常葉大学の秋山邦久先生の専門的な講義があるので、私は市町村の相談員・担当者さんたちがよりよく、そして楽しく自分の特徴を理解し、仕事に役立てていただけることを目標にしました。

 ベースはアドラー心理学の「家族布置」と「ライフスタイル」そして「最優先目標」、簡単なワーク中心でしたが、けっこう楽しんでいただけたようで、主催者によると好評だったそうです。

 この内容で講義するのは2回目だけど、自分の得意講座にしていけそうな手応えを感じました。

 昨日12月3日、4日は山梨のアドラー心理学学習会の忘年会&研修会、北杜市白州にある温泉・研修施設「べるが」で行いました。11人が参加してくれました。
 甲斐駒近くの森の中、敷地内にある自然食のレストランでのディナーと朝食、日本でもトップクラスの「超高濃度天然温泉」という温泉が素晴らしかった。効能書きにはいっぱい書いてあったけど、「ヨウ素イオン10倍とかストロンチウムイオンが30倍」とかあって、いまどき勇気があるなと面白かった。ホルミシス効果がバシバシあるんでしょうな。おかげで今日は快調。

 忘年会は夜遅くまで盛り上がりました。

111203_213201

 ご婦人方が話し込んでます。

 こちら側に男たちがいるんですけど入ってません。

 私は甲州ブドウのワインをぐいぐい飲んでました。軽くて辛口で、ベジタリアンのディナーにもよく合います。

111204_080602

 朝食は玄米と黒米のご飯。

 野菜の旨味が味わえました。

 とってもヘルシーでした。

111204_092301 

 2日目の研修は教育センターの佐藤丈先生が、今度するプレゼンテーションの予行演習兼ディスカッション。

 学校教育の根本をアドラー心理学から問う内容で、今後これだけで一つの研修テーマ、学会発表になり得るのではないかという内容でした。

 いろいろ考えさせられました。

 今後が楽しみです。

 

|

« 「ナラティブ、あるいはコラボレイティヴな臨床実践をめざすセラピストのために」 | Main | 残念、ヴァンフォーレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/53406897

Listed below are links to weblogs that reference いよいよ師走:

« 「ナラティブ、あるいはコラボレイティヴな臨床実践をめざすセラピストのために」 | Main | 残念、ヴァンフォーレ »