« 訂正:第2回日本臨床・教育アドラー心理学研究会開催! | Main | 人間関係ステップアップ・セミナー »

January 27, 2012

なぜ太極拳は健康にいいのか?

 書店のベストセラーのコーナーで見つけて、ふと気になって読んでみました。

小林弘幸「なぜ『これ』は健康にいいのか?-副交感神経が人生の質を決める」サンマーク出版

 著者は医師で順天堂大学医学部教授、自律神経研究の第一人者とのことです。テレビの医学番組にもよく出演される先生のようですが、多くのアスリートにもコンディショニングの指導をしていて、なんとあの奇跡の若さと動きを保っている郷ひろみのアドバイスもしているそうです。それだけで関心が上がりそうですね。

 なんでも先生がやっている「便秘外来」は予約が3年待ちとか!

 本書では自律神経の活動性とバランスが健康に対して大変大きな役割を果たしていることが優しく説明されています。

 自律神経といえば、交感神経と副交感神経ですが、一般に交感神経は興奮系、副交感神経はリラックス系を司っていて、交互に働くみたいなイメージがあります。でも少し違うそうです。

 これまでは、自律神経の働きについて、このように説明されるのが一般的でした。
 これも間違いではないのですが、この言い方だと、私たちの体は交感神経と副交感神経が、きれいにスイッチングすることで動かされているような印象を受けます。

 でも実際はそうではありません。

 体がもっともよい状態で機能するのは、実は、交感神経も副交感神経も両方高いレベルで活動している状態のときだったのです。

 もちろん、両方高レベルといっても、アクティブな状態では「交感神経がやや優位」、リラックスした状態では「副交感神経がやや優位」、というような、バランスのシーソー状態が生じています。でも、それはあくまでも「やや優位」なのであって、どちらか一方に大きく偏っては絶対にいけないものだったのです。

 交感神経や優位な状態にしても、副交感神経が優位な状態にしても、自律神経活動の高さとバランスがもっとも理想的な状態にあるとき、それが、私たちの心身がもっとも健康で、心身のパワーを最大限に発揮できる状態だったのです。p5

 このバランスが崩れて極端になると、人は病気になりやすくなるそうです。

 交感神経が異常に高い活動レベルにあると、体のあちこちに不調が現れやすくなり、副交感神経活動レベルが極端に高いとうつ病の傾向があり、両方とも活動レベルが低いと疲れやすくやる気も起きないようです。

 つまり自律神経の活動レベルとバランスを適度に保ちコントロールすることが健康への王道ということになります。

 著者は「自律神経のバランスを意識的に整えることで、あなたのすべてが変わります。それもすべて良い方向に変わります」とまで言っています。新手の健康商法か思う向きがあるかもしれませんが、読んだ私はずいぶん誠実に科学的に書いてあるし、説得的に感じました。

 ではどうやってそれを達成できるのでしょうか?

 自律神経をコントロールするポイントは、ひと言でいうと、「ゆっくり」です。
「ゆっくり」を意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる。
 そうすると、下がり気味の副交感神経活動レベルが上がり、自律神経のバランスが整いはじめるのです。p7

 ゆっくりを意識し、動き、呼吸する…まさに太極拳そのものです!

 本書ではその例としてヨガを挙げていますが、太極拳や中国柔拳、気功法もまたそうであることは間違いがありません。
 私の老師がよく「医者に見放された人が最後に頼るのが太極拳」とおっしゃってますが、その理由が改めてわかりました。

 しかも私が思うに、瞑想のようにリラックス系の副交感神経だけを高めるだけでなく、太極拳は武術なので必要に応じて交感神経系も適当に高めることができるのではないかということです。両方の神経を高度に活性化させて、必要な時に「戦う」態勢をつくることで目の前の課題に集中することができるようになれるかもしれません。
 それにはただの体操のような健康太極拳だけではなく、武術的な側面を理解し、稽古することがやはり大切と思うわけです。

 本書には、郷ひろみやアスリートのエピソードや、筋トレやストレッチの間違ったやり方、腸内環境の整え方、血流を良くすることが鍵であること、自律神経コントロールの要である呼吸について等々、健康に関する重要な情報がたくさんわかりやすく解説してあって、一般の方はもちろん、例えばカウンセリング等での心理教育や健康指導をする時や、武術の稽古で心身への「効能」を説明する時にも参考にできるのではないかと思いました。

 

|

« 訂正:第2回日本臨床・教育アドラー心理学研究会開催! | Main | 人間関係ステップアップ・セミナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ太極拳は健康にいいのか?:

« 訂正:第2回日本臨床・教育アドラー心理学研究会開催! | Main | 人間関係ステップアップ・セミナー »